企業別記事索引

  ◆ 伊藤忠商事

23/10/25
◇神戸製鋼〜三井物産、オマーンのDRI製造事業を具体化へ
23/8/30
◇ネシア・サルーラオペレーションズ、地熱発電所拡張の検討続く
23/7/26
◇伊藤忠商事、北米の再生可能エネルギーファンドを設立
23/7/19
◇JFEスチールと伊藤忠、UAE2社とDRI計画の協力で覚書
  −伊藤忠〜JFEスチール〜エミレーツ・スチール、FSを推進中−
23/6/28
◇伊藤忠商等、サウジの次世代海水淡水化で年内の事業契約目指す
23/6/7
◇伊藤忠とエミレーツ・スチール、ADDEDとUAEのDRIで覚書
  −伊藤忠〜JFEスチール〜エミレーツ・スチール、FSを推進中−
23/5/26
◇総合商社7社プラント関連部門の通期決算、6社増益・全社黒字
  −IPPなど投資ビジネス軸に堅調〜EPC機能も存続−
   ■伊藤忠商事/北米電力好調で35%増〜欧・中東でごみ発電を展開
   ■住友商事/国内の電力燃料価格高騰で37%減〜海外IPPは堅調
   ■双日/インフラヘルスケア本部13%増益〜印で鉄道EPC受注
   ■豊田通商/ユーラスエナジーを完全買収〜アフリカで海淡EPC
   ■丸紅/電力が黒字化〜インフラプロジェクトはFPSOが貢献
   ■三井物産/海外IPPが減益〜FPSO・ガス配給が増益
   ■三菱商事/フィリピン鉄道向けEPC大型受注
23/5/12
◇ネシア・サルーラオペレーションズ、地熱発電所の拡張検討中
23/4/12
◇JBIC〜邦銀など、ブラジルのペレットフィード建設に融資
23/2/17
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は4月締切へ
23/2/17
◇伊藤忠〜HZIなど出資のドバイごみ発電、DEWAと売電契約
23/2/1
◇米NextDecade、リオグランデLNG計画を1Q中にFID
  −フェーズ1計画に着手、プラントのEPCへ米ベクテル−
23/1/20
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は2月締切へ
23/1/11
◇ネシア・サルーラオペレーションズ、地熱発電所の拡張を検討
22/12/23
◇伊藤忠〜ヴェオリア、サウジの次世代海水淡水化で共同開発契約
22/12/21
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は来年実施へ
22/11/22
◇伊藤忠〜UAEアルミ大手EGA、協業に向けたMOU締結
22/10/21
◇ヨルダン・ザルカ製油所増設商談で3グループが競合
  −伊テクニモント〜中シノペックエンジがリード−
22/10/19
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は12月7日締切へ
22/9/9
◇バーレーン・ごみ発電事業、入札へのPQ締め切り
  −住商や中国港湾工程など15社がPQ提出−
22/8/24
◇バーレーン政府、ごみ発電事業入札PQ締切を8月31日に延期
22/7/22
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は今年第4四半期に締切
22/7/6
◇バーレーン政府、ごみ発電事業入札へのPQは8月3日締め切りへ
22/6/24
◇UAE・アブダビのごみ発電、事業権入札は今年夏頃か
22/6/22
◇伊藤忠〜ヴェオリア、サウジで先進的な海水淡水化の実現目指す
  −日量50万m3〜再生可能エネ100%で無排水−
22/5/27
◇総合商社7社の2021年度決算、プラント部門は5社が増益
  −IPPなどが堅調に推移〜再生可能へのシフト進む−
   ■伊藤忠商事/北米IPP好調〜ドバイの廃棄物事業が契約発効
   ■住友商事/海外IPP・IWPP堅調で黒字化〜中国の水事業拡張
   ■双日/トルコ病院・海外IPPが安定〜ミャンマー通信で損失
   ■豊田通商/インドネシア国際港運営に着手〜アフリカの海淡狙う
   ■丸紅/台湾発電所EPC等で再び赤字に転落〜新規投資活発
   ■三井物産/タイ火力IPPとメキシコFPSOが操業開始
   ■三菱商事/海外発電資産で売却益〜鉄道EPCで大型2件受注
22/4/22
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、5月にも事業権入札RFPへ
22/4/6
◇オマーンLNG、コンサルタント入札を延期
  −4月5日から4月19日へ−
22/3/23
◇オマーンLNG、EPCMサービスの入札へ
  −6グループが応札−
22/2/10
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、近く事業権入札へ
21/12/8
◇UAE・アブダビのごみ発電、HZIや伊藤忠、丸紅、双日などPQ
21/12/8
◇伊藤忠商事、プラント部門にグリーンイノベーション営業室を新設
21/11/10
◇ADNOCのIWP計画、日本・サウジ・欧州など11社がPQ通過
21/9/21
◇シーメンスエナジー、ドバイWTE向け電力システムサプライヤーに
21/9/3
◇伊藤忠商事、CO2固定化技術の豪社へ出資〜鉄鋼や発電に展開
21/8/27
◇伊藤忠、豪州のグリーン水素製造・サプライチェーン構築でFS
21/8/27
◇伊藤忠商事等、都市ごみから水素燃料を製造する米国企業へ出資
21/8/25
◇伊藤忠商事、タイで分散型電源事業の合弁会社を設立
21/4/23
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、約80社が入札に関心表明
  −日本や現地企業などが関心表明を提出−
21/4/2
◇伊藤忠〜HZI〜BESIXなど、UAEの大型ごみ発電事業着手へ
  −JBIC〜三井住友銀〜みずほ銀などが9億ドル強融資−
21/3/19
◇HZI〜伊藤忠〜BESIXなど、UAEのごみ発電計画を近く受注へ
21/3/12
◇JBIC、伊藤忠・米国原料炭鉱山開発に5,600万ドル融資
21/2/12
◇横河電機、オマーンLNG社とDCSのアップグレーディングを受注
  −安全で信頼性の高い生産を確保−
21/1/27
◇UAE・ワルサンごみ発電計画、事業化に向けて資金調達へ
  −JBICなどが融資を検討−
21/1/20
◇UAE・ワルサンごみ発電計画、3月までにファイナンスクローズ
  −2020年度内の受注を目指して交渉中−
20/12/23
◇日立造船イノバ〜伊藤忠など、UAEの大型ごみ発電計画を受注へ
  −2024年の稼働開始予定−
20/11/27
◇ケニア・オルカリアY地熱発電IPP、PQショートリスト発表
  −伊藤忠、住商、米オーマット、伊エネルの4グループ−
20/11/27
◇伊藤忠、スエズなどと共同でサウジの工業系廃棄物処理会社に出資
20/9/23
◇ケニア電力公社、オルカリアY地熱発電IPPで事業者を選定へ
20/9/2
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札締切
  −三井物産〜エンジー、住友商事、丸紅などが応札へ−
20/8/21
◇総合商社のプラント事業、IPPなど長期案件中心に収益確保
  −EPCは低調〜成約額が最盛期の1割未満−
   ■通期連結決算は堅調に推移〜三菱商事が黒字化
   ■ミャンマー市場が活況〜大型インフラ事業に商社が共同出資
   ■電力分野/火力から再生可能へのシフト転換に各社が尽力
   ■鉄道EPC案件が大型化とともに増加〜住商は完全子会社と連携
20/8/5
◇斗山シュコダ、ネシアのパル3石炭火力発電所向け蒸気タービン供給
20/6/10
◇オマーン・ドクム石化コンビナート建設プロ、PQ延期
  −新型コロナウイルスも影響−
20/5/8
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −事業権入札は8月27日を予定−
20/3/27
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再度延期
  −事業権入札締切は4月30日を予定−
20/3/4
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再延期
  −事業権入札締め切りを今年4月2日に変更−
20/1/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札で評価中
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
20/1/31
◇中東のIWP・IWPPの海淡プロジェクト、活況続く
  −事業権入札も相次ぐ/日本企業の商機も期待−
   ■世界の海淡の約4割が中東/RO膜プラントが主流へ
   ■サウジ〜ヤンブー4・ジュバイル3のIWPが相次ぎ事業権入札へ
   ■オマーン・UAE〜オマーンのアルグブラ3・IWPが入札中
   ■カタール・バーレーン・クウェート〜IWPPが具体化へ
   ■日本企業の商機拡大に期待
20/1/29
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −入札締め切りを今年3月12日に変更−
20/1/17
◇伊藤忠・三井物産出資の豪・鉄鋼山開発、鉱石処理設備の建設進む
19/10/25
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札を実施
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
19/10/16
◇伊サイペム、アゼルバイジャン沖のACG油田開発でE&C受注
19/10/10
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPP入札は来年実施
  −来年2月の締切予定−
19/10/4
◇IFC〜EBRD〜オーストリア開発銀、セルビアのEfWへ融資
  −伊藤忠〜スエズ〜マルガリータのプロジェクト向け−
19/9/27
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権締切は10月16日へ再延期
19/9/25
◇ネシアPLNの島嶼・石炭火力発電所建設、2グループが受注
  −IKPT〜伊藤忠〜住重など/斗山重工〜WIKAなど−
19/9/4
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権入札は10月実施へ
19/8/30
◇CNIM〜エネルゴプロジェクト、セルビアのEfW建設を受注
  −スエズ〜伊藤忠〜マルグリットのEfWプロジェクト向け−
19/8/2
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPを再検討へ
19/7/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札は10月に延期
  −日本企業などのPQ通過企業が応札へ−
19/7/19
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札でカンファレンス開催
  −9月締切で入札実施/日本勢などPQパス企業が応札へ−
19/7/19
◇総合商社各社、アフリカビジネスの潜在に期待も債務に不安
  −資源開発から消費市場へと転換〜8月にTICAD7開催−
   ■火力・地熱発電で実績/無電化地域の分散電源事業が各地で始動
   ■モザンビークで複合的な資源・インフラ開発事業が進展
   ■第三国企業と各社連携/豊通はフランス商社と大陸全域に展開
   ■課題も指摘/債務・物価高・基礎教育など
   ■官民の参加でアフリカビジネス協議会を設立
19/7/17
◇カタールのファシリティE・IWPP、入札公示は7月以降
19/7/5
◇総合商社7社、2018年度海外プラント成約は46%減の5,195億円
  −2社が成約ゼロ〜決算は総じて堅調−
   ■丸紅/69%増の1,687億円〜台湾で火力発電・バングラで鉄道
   ■三菱商事/44%減の1,233億円〜電力の実績は非公表
   ■住友商事/総計955億円〜トルクメ・比・ミャンマーで大型案件
   ■豊田通商/計820億円〜アンゴラなどアフリカで案件獲得
   ■双日/約500億円を成約〜オマーンのIWPPが貢献
   ■伊藤忠商事/EPCの成約ゼロ〜投資ビジネスの比重高まる
   ■三井物産/2年連続で成約なし〜各地で海洋案件に大型投資
19/5/31
◇総合商社7社のプラント部門、2019年3月期決算は堅調に推移
  −2020年3月期はほぼ全社が増益へ〜脱石炭の表明相次ぐ−
   ■伊藤忠商事/既存の投資事業を中心に堅調
   ■住友商事/海外大型工事の進捗で増収・増益
   ■双日〜印鉄道工事やトルコ病院が収益に貢献
   ■豊田通商/米国火力発電事業で減益〜2020年3月期は増益へ
   ■丸紅/シンガポールの発電事業で減損
   ■三井物産/海外の新規電力案件が続々と収益を拡大へ
   ■三菱商事/千代田化工の工事損益で363億円の赤字
19/5/24
◇アブダビEWEC、F3IPPプロ事業権入札を9月15日締切で実施
  −日本勢など13社がPQパス−
19/5/24
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの事業権入札へ
  −7月頃まで公示、11月頃まで入札実施/日本の商社など応札有力−
19/4/5
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの検討続く
19/2/27
◇セルビア電力、ニコラ・テスラA石炭火力発電所の排煙脱硫装置着工
  −MHPSが主要機器を供給−
19/2/22
◇タイのレムチャバン港整備、3月29日に再度の事業権入札を締切
19/2/15
◇伊藤忠、脱石炭方針表明〜石炭火力と一般炭炭鉱の新規事業から撤退
19/2/7
◇タイのレムチャバン港整備、BOT方式の事業権入札を再度実施へ
18/12/20
◇伊藤忠、フィリピンでパイナップル残渣によるバイオガス発電
18/11/7
◇総合商社7社の中間決算、プラント関連部門は堅調に推移
   ■伊藤忠商事/機械カンパニーが通期10%増益へ〜プラントは堅調
   ■住友商事/インフラ事業は通期の利益49%増〜海外IPP貢献
   ■双日/プラント3本部が収益改善〜海外太陽光発電事業を売却
   ■豊田通商/機エネプラ本部は通期の利益25%減少を予想
   ■丸紅/電力・プラントGは純利益49%増の590億円予想
   ■三井物産/機械・インフラ部門は通期の利益750億円〜16%減
   ■三菱商事/地環インフラ事業Gは千代田の損失で180億円の赤字
18/10/26
◇カタールのファシリティE・IWPP、事業権選定へ入札公示待ちか
18/9/28
◇伊藤忠商事、100%子会社の全株式を英Verus Petroleumに売却
18/9/5
◇伊藤忠子会社の米ネエス、NTEの米ガス火力発電所向けO&M受注
18/8/22
◇ルーマニアの首都地下鉄建設計画、9月に工事入札のPQを公示
  −土木工事に竹中土木、車両システムに日立グループが関心−
18/7/6
◇総合商社7社、2017年度海外プラント成約は23%減の9,588億円
  −決算は好調〜「EPCから事業投資へ」の流れが顕著に−
   ■伊藤忠商事〜電力2案件で690億円
   ■住友商事〜バングラの大型成約等で5,688億円
   ■双日〜目立った成約なし/受注済み鉄道案件の収益化に期待
   ■豊田通商〜成約額10億円にとどまる
   ■丸紅〜横ばいの1,000億円/インドネシアで発電所受注
   ■三井物産〜成約はゼロ/新規IPP2案件が稼働開始へ
   ■三菱商事〜約44%減の2,200億円/鉄道2案件が貢献
18/6/8
◇タイの3空港間高速鉄道、事業権入札の仕様を公表〜11月締切
18/5/23
◇伊藤忠〜九電〜INPEX、スマトラ島の地熱IPPが全面稼働
18/5/18
◇伊藤忠商事、タイの高速鉄道計画に応札を検討〜日中共同事業へ
18/5/9
◇トルコ・シノップ原発新設計画、FSは今後数カ月後にも完了か
18/4/27
◇伊藤忠、トルコの原発新設で調査完了〜政府とのパイプ役果たす
18/4/20
◇トルコの原発新設、日本とロシアの両事業が明暗を分ける
18/4/6
◇カタール発電造水会社、海水淡水化設備の増設を優先か
18/2/28
◇東芝エネ、米国NC州の500MW複合火力向けに蒸気タービン受注か
18/1/31
◇三井造船、フィリピンのICTSIから港湾荷役用クレーン16基受注
18/1/31
◇KBR合弁、アゼルバイジャンの海底油田開発向けにFEED受注
18/1/17
◇三井造船、ベトナムで港湾向け荷役クレーン30基受注〜90億円
17/11/2
◇総合商社7社、2016年度海外プラント成約実績は1兆2,413億円
  −前年度比4.4%増/5社が前年度実績比で増加−
   ■受注案件数〜機種・分野は電力/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備軸に対象拡大
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が影響
   ■ビジネストレンド対応の組織体制/グループ会社との連携推進
17/10/25
◇伊藤忠/九電/INPEX等、インドネシアの地熱発電2号機を運開
17/10/5
◇伊藤忠/スエズ、セルビアの廃棄物処理・発電事業受注〜PPP契約
  −総事業収益約16億ユーロ/廃棄物焼却処理施設などの建設・運営−
17/9/13
◇伊藤忠商事、2016年度の海外プラント事業業績〜成約総額603億円
 −インドネシアで発電所建設・バングラで送電線敷設を受注−

  ■新規投資動向〜米国でガス火力・ドイツで洋上風力に参画
  ■案件進捗状況〜インドネシアの石炭火力・地熱などで進展
  ■2016年度の「機械」カンパニー業績/今後のプラント事業方針
  ■2017年度のプラント事業の組織体制〜ほぼ前年度を踏襲
17/9/13
◇伊藤忠/MHPS他、セルビアで石炭火力発電所向け脱硫装置受注
 −SO2を97%削減/大気汚染対策を支援〜JICA円借案件−
17/9/8
◇WEC、サウジの大型海水淡水化新設事業のPQ手続きを開始へ
17/8/30
◇日立製/日立シス/伊藤忠、インドでマイクログリッド実証を開始
17/8/25
◇伊藤忠/関電/シーメンス、米国で1,000MWガス複合火力を新設・運営
  −伊藤忠子会社が事業運営、O&Mを担当〜2020年運開予定−
17/8/9
◇伊藤忠/現代エンジ他、インドネシアの200MW石炭火力発電所を着工
  −IHI・富士電機の機器採用〜日本企業のインフラ輸出案件−
17/8/4
◇伊藤忠、インドネシア企業と病院運営の合弁設立〜他国へも展開
17/6/23
◇JBIC/BTMU、インドネシアの200MW石炭火力発電建設に融資
  −IHI製・富士電機製機器購入向け/伊藤忠等がEPC−
17/6/14
◇伊藤忠、インドのLPガス受入基地事業に出資〜供給網を強化
17/3/29
◇伊藤忠/九電/INPEX他、インドネシアで地熱IPP1号機運開
  −世界最大級の地熱発電所〜1号機106MW/東芝製機器など使用−
17/3/22
◇東芝、越の高速道路に高度道路交通システムを納入〜開所式開催
  −日立製/伊藤忠商と共同で40億円〜円借款案件が後続−
17/2/15
◇伊藤忠/現代エンジ他、インドネシアで石炭火力発電所建設を受注
17/2/8
◇IHI/伊藤忠等、トルコで長大吊橋の新設・運営事業に応札
  −全4グループ中で2番札〜韓国勢が1番札−
   ■韓SK建設、イスタンブールで海底トンネルを完工〜12億ドル強
17/1/20
◇総合商社7社、2015年度海外プラント成約実績は1兆1,896億円
  −2社が前年度実績比で増加/全体は前年度比9.4%減−
   ■受注案件数〜機種・分野は交通・輸送/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備などに広領域化
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が散見
   ■組織・機能を適時整備/グループ会社との連携推進
17/1/5
◇JOGMEC/INK、露探鉱・油ガス生産でスタディーの覚書
16/12/22
◇伊藤忠/CITIC、ドイツの288MW洋上風力発電所運営に参画
  −初の欧州再エネ協業案件〜将来の中国洋上風力展開も視野−
16/12/22
◇JASSOC/INK、露東シベリアで一部油田の開発・生産移行
16/11/9
◇関西電力、米国の768MWガス複合火力発電所の運営事業に出資参画
16/10/26
◇東京ガス、タイの350MWガス複合火力発電所運営事業に出資参画
16/10/19
◇伊藤忠/関電/東ガス、米国のガス複合火力発電所運営に出資参画
16/10/19
◇伊藤忠、中国で病院経営の合弁を検討〜CITICと事業化調査
16/10/6
◇IHI、トルコの長大橋新設で事業化調査を実施〜経産省が委託
16/9/20
◇商船三井/伊藤忠、越ラックフェン港ターミナルを建設・運営へ
  −2018年に操業めざす〜円借で国際大水深港を造成中−
16/9/20
◇PLN、インドネシアのムアラタワル発電所複合化で技術札を評価
  −日系4社含む10グループが応札〜ST・HTSG追設/650MW−
16/8/24
◇伊藤忠商事、2015年度海外プラント成約実績は171億円〜電力中心
  −アジアの発電所とCISの鉄道車両向け部品供給の受注など−
   ■IPP〜インドネシアと米国で3プロジェクトを推進中
   ■交通関連〜鉄道EPC・PPPに注力/トルコの橋梁案件に期待
   ■水・環境・インフラ分野〜事業投資中心にEPCも狙う
   ■電力と他プラント・インフラの2機能体制〜機能別集約
16/8/24
◇鹿島等5社、アルジェの道路工事で和解〜当初の受注額5,400億円
16/7/27
◇伊藤忠、米国の新規風力・太陽光IPPに事業参画〜発電容量217MW
16/7/14
◇ADBと三井住友銀行、スリランカの港湾計画で共同助言契約
  −35年間の建設・運営で事業権入札を準備〜5億ドル規模−
16/7/6
◇IHI、トルコのイズミット湾横断橋を完工〜世界第4位の吊橋
  −ダーダネルス海峡大橋建設の受注もめざす−
16/7/6
◇伊藤忠、米国の発電所O&M・資産管理サービス会社を買収
  −M&Aで米国の発電所関連サービス事業強化を積極化−
16/6/10
◇電源開発/伊藤忠など、インドネシアの2GW石炭IPPの融資契約締結
  −3社出資BPIのセントラルジャワ計画に総額約34億ドル融資−
16/4/20
◇JERAと伊藤忠、ジョーダン・コーブLNG計画で予備的合意
  −ベレセンとLNG液化加工契約に向けた協議・検討へ−
16/3/30
◇SODECO/エクソンなど、露サハリン1のオドプト拡張へ
  −JBICやJOGMECなどがSODECOを支援−
16/3/25
◇伊藤忠商事、北米のグループ会社を通じて海外電力事業を強化
  −日系投資家向けに発電資産の技術評価サービスを展開−
16/3/4
◇伊藤忠ら4社、オマーン電力・水公社とバルカ海水淡水化の契約合意
  −同国最大規模の日量28.1m3淡水化プラントの建設・運営へ−
16/1/15
◇伊藤忠、豪州の下水再生処理施設を買収〜再生処理水の供給事業に参入
15/12/22
◇総合商社7社、2014年度海外プラント成約実績は1兆3,138億円
  −4社が前年度実績比で増加/全体は前年度比26.2%減−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■電力・輸送・エネルギー・化学などの大型受注
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■事業別の組織・機能整備/グループ会社との連携戦略推進
15/12/16
◇JOGMEC/伊藤忠/INPEX、ロシアで原油のテスト生産開始
15/11/25
◇2014年度 円借案件の受注状況本体工事〜44%減の4,941億円
  −印などで大型案件に乏しく〜対象国は23カ国へ拡大−
   ■地域別/東南アジアと南アジアが減少〜中東が大幅増
   ■国別/ベトナムが3年ぶり首位〜案件数は印がトップ
   ■分野別/運輸が9年連続トップも63%減少〜水関連が増える
   ■案件別/越の地下鉄が349億円で首位〜1,000億円超の案件なし
   ■企業別/日本企業は清水建設がトップ〜前田建・東亜建が続く
   ■企業の本拠地別/日本企業の成約額は22%に減少〜印が2位
   ■現地通貨の調達比率が上昇〜JICAの年次報告書
15/11/11
◇豪州のビクトリア州政府、鉄道車両調達で入札〜13億豪ドル投資
  −伊藤忠商事らが関心〜入札締切は2016年第2四半期−
15/9/16
◇伊藤忠商事ら、豪州の炭鉱で本格生産開始〜年産700万トン規模
15/8/26
◇オマーン電力・水供給公社、新規造水計画で事業権入札を締切る
  −伊藤忠・日揮・双日・丸紅・日本工営など全7Gが応札−
15/8/7
◇総合商社〜コーディネート力を武器にメタノールへ攻勢
  −中国需要は2020年に7,000万トンへ/各社が投資活発化−
   ■原料調達〜製造〜販売までのバリューチェーン構築
   ■東南アジア・中東・北中米で事業参画/新規投資も積極推進
   ■拡大するメタノール需要〜年率約5%で伸長拡大する中国市場
   ■化学品およびエネルギー需要も着実に増加
   ■伊藤忠商事〜大堀氏に聞く/ブルネイで設備増設を視野
15/7/24
◇伊藤忠商事、2014年度海外プラント成約実績は260億円〜電力が中心
  −電力IPPや鉄道PPPなど事業投資に注力−
   ■電力IPP〜インドネシアで開発中/洋上風力にも関心
   ■鉄道〜車両とPPPの両輪戦略/豪PPPで事業拡大
   ■EfW〜英国の実績をベースにアジアなどへの展開も検討
   ■水〜上下水道と海水淡水化の両事業展開
   ■電力と他プラント・インフラの組織体制
15/6/17
◇INPEX、スマトラ島の330MW地熱発電に18%出資〜海外で初
15/6/3
◇伊藤忠参加の南ア白金族金属開発プロジェクト、近くFSに着手
  −粗鉱年産1,200万トンの大型計画〜世界最大級の鉱山−
15/5/27
◇丸紅・伊藤忠・双日・日揮等、オマーンの造水事業でPQ通過
15/5/22
◇伊藤忠、米国で蓄電池を利用の節電事業に参入〜現地企業に出資
15/5/8
◇三菱重工、ベトナム南部の高速道路建設でETC関連設備を受注
15/4/28
◇スリランカの電力系統整備計画、計4部門で入札を予定〜円借
  −日本の商社やメーカー各社が応札を準備−
15/3/27
◇ベトナム南部で南北高速道路の一部区間が開通〜日本の円借款案件
15/3/20
◇三井造船、トルコのエーゲアン製油所向けに往復動圧縮機18台を受注
  −伊藤忠・TR・サイペム・GS建設の企業連合から受注−
15/3/20
◇豪州・キャンベラのLRT建設、事業権入札でEOIの評価完了
  −PPP案件〜日本企業参加の2陣営に入札参加資格−
15/2/13
◇豪ACT政府、キャンベラの都市鉄道建設プロジェクトで延伸計画
  −日本企業が関心寄せるPPP案件〜3.2kmの延伸を検討−
15/1/23
◇エクソン/SODECOなど、露サハリン1で新鉱区の生産を開始
14/12/24
◇エリア・国別注目プロジェクト総点検H〜大洋州
  −豪州のLNGは市場の様子見〜鉄道の官民連携が進む−
   ■豪州:イクシス以降もLNG計画が続出〜最終投資判断を待つ
   ■世界初の浮体式液化天然ガス施設を建設中〜各地に展開も
   ■豪州の鉄道:丸紅と伊藤忠が大型のPPP案件を獲得
   ■干魃で水資源供給が課題〜電力案件は乏しく
   ■パプアニューギニア:資源国として存在感〜日本向けLNG出荷
   ■その他の島嶼国:太陽光発電など基礎インフラ整備に引合い
14/12/24
◇豪州・キャンベラのLRT建設、事業権入札に4陣営が関心表明
  −日本から商社等3社が参加〜入札要請に向け選考中−
14/11/28
◇伊藤忠ら出資の伯NAMISA、鉄鉱石資産を拡大〜隣接鉱山統合
14/10/9
◇総合商社7社、2013年度海外プラント成約実績は1兆8,205億円
  −前年度比51.2%増/4社が前年度実績より大幅増加−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■機器販売・EPCのグループ会社シフト/事業別の組織・機能整備
14/10/9
◇住商・伊藤忠等、オマーンの海水淡水化新設で事業権商談に応札
  −日量20万m3〜全6グループを評価中−
14/10/1
◇ササクラ、サウジで海水淡水化リハビリを受注〜総額38億円
14/9/17
◇伊藤忠、ブラジルで穀物集荷輸出事業〜物流インフラへの投資検討
14/8/8
◇伊藤忠商事の海外プラント成約実績、2013年度総額は約3,770億円
  −トルコで製油所の大型案件〜香港で鉄道車両を獲得−
   ■事業投資はIPP・交通・水等で優良案件の選別を徹底
   ■IPP権益:インドネシア等に複数の開発中案件
   ■鉄道分野:豪州で車両供給の大型PPP案件に参画
   ■EfW分野:英国で4件に関与〜後続案件にも期待
   ■水分野:先進国の水道事業に商機〜海水淡水化はEPC含め対応
14/7/30
◇JBIC/民間銀行、トルコの製油所とトルクメのガス化学向け融資
  −NEXIが民間銀行の融資分に保険を付保−
   ■トルコ〜STAR製油所の建設向け約4.85億ドルの協調融資
   ■トルクメ〜ガス化学プラント向け約7.3億ドルを融資
14/7/23
◇東芝、スマトラ島で180MW地熱発電設備を受注〜伊藤忠/九電出資
14/7/23
◇RO膜メーカー各社〜サウジアラビアで生産工場の新増設相次ぐ
  −現地向け供給体制整備と新規市場の開拓・強化が狙い−
   ■メーカー側とサウジ側の思惑〜中近東とRO膜をつなぐ糸
   ■東洋紡/伊藤忠/ACWA〜2010年進出/合弁工場の設備増設を完了
   ■東レ〜AHCとの合弁会社を設立/新工場を建設
   ■ダウ〜サウジに新工場を建設/2015年に完成予定
14/7/11
◇東洋紡/伊藤忠/ACWA、サウジ・RO膜生産工場の設備を増設
14/7/11
◇伊藤忠、カナダで銅・金探鉱権益を取得〜大規模鉱床の発見目指す
14/7/4
◇オマーンの海水淡水化新設、8月5日に事業権入札の締切を予定
  −日量20万m3〜住商・伊藤忠などPQ通過−
14/6/11
◇日本・トルコ原子力協定、6月29日に発効へ〜4月に国会承認
  −三菱重工/伊藤忠等はシノップ原発4基新設のFS準備−
14/6/6
◇住商/富士電機、スマトラ島の地熱発電所新設を落札〜110MW
  −インドネシア各地で地熱発電所商談が進展−
14/5/30
14/4/2
◇伊藤忠/九電、インドネシアの地熱IPPで融資契約〜320MW新設
  −JBIC/ADB/民間6行と11億ドル超〜PPA30年間−
14/3/20
◇スリランカの送電網整備、日本勢2グループ応札〜円借95億円
  −三菱商/JPSと伊藤忠/きんでん〜低損失技術を活用−
14/3/20
◇東芝ら、ベトナム南部の高速道路建設で高度道路交通システム受注
  −南北高速道路で初のITS導入〜波及効果に期待−
14/3/5
14/2/5
14/1/30
◇伊藤忠ら、豪州・クイーンズランド州の電車調達で事業権を獲得
  −車両450両の供給とメンテ30年〜受注額は4,000億円−
14/1/30
14/1/29
◇伊藤忠〜近畿車両〜川崎重工、香港で鉄道車両の製造・改造を受注
  −東西走廊を走行する車両の供給〜約148億円で成約−
14/1/17
14/1/8
◇インドネシアのジャカルタMRT建設、車両・システムでPQ完了
  −STEP円借款供与案件〜総延長15.2kmの都市鉄道建設−
14/1/8

前年のページへ
翌年のページへ

※掲載記事の無断転載を禁止します。
著作権は(株)重化学工業通信社に帰属します。
Copyright (C) The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved