企業別記事索引

  ◆ 三菱商事

23/10/13
◇三菱商事、比・南北通勤鉄道の特急車両供給案件で受注内定
  −約230億円〜車両をスペインCAFから調達−
23/10/4
◇メティートなど参画のUAE・大型水処理・供給事業、実施へ
23/9/27
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、提案内容を検討中
23/9/6
◇MRTJ、ジャカルタ南北線2期で鉄道システム供給を再入札へ
  −日本・インドネシア企業限定〜11月30日締切予定−
23/9/6
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は今秋以降へ
23/9/1
◇東ガス〜大ガス〜東邦ガス〜三菱商等、米国で合成メタン製造検討
  −キャメロンLNG基地で再エネ利用〜2030年に13万トン−
23/8/30
◇JICA、モンゴル新国際空港周辺の新都市開発計画を支援
23/8/10
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化への判断は今秋以降か
23/8/4
◇三菱商〜日本製鉄〜エクソン、海外CCSで共同調査契約締結へ
23/8/2
◇三菱重工、ウズベク・タリマルジャン火力発電増設向けLTSA締結
  −GTCC発電設備増設の起工式開催−
23/7/19
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は今夏以降へ
23/7/5
◇ドバイ道路交通庁、メトロ延伸の工事入札開始に向け準備中
23/6/30
◇三菱商事〜CAF、カイロ地下鉄2号線で車両改修の受注へ注力
23/6/30
◇三菱商事、欧州のグリーン水素拡大に向けオランダに新会社設立
23/6/28
◇ダッカ都市交通会社、都市鉄道1号線の車両供給で入札前審査中
  −三菱商事〜川崎車両、住友商事〜近畿車両−
23/6/28
◇三菱商事、比・南北通勤鉄道の特急車両供給案件を10月受注へ
22/6/16
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化への判断は今年半ば以降へ
23/6/7
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、決着へ商談続く
23/6/2
◇DMTCL、ダッカ鉄道1号線の信号・通信等設備でPQを実施
  −住商〜三菱重工、三菱商〜独シーメンス、丸紅等−
23/5/26
◇メティート〜TAQA〜ADNOCなど、UAE・大型海水処理事業
23/5/26
◇総合商社7社プラント関連部門の通期決算、6社増益・全社黒字
  −IPPなど投資ビジネス軸に堅調〜EPC機能も存続−
   ■伊藤忠商事/北米電力好調で35%増〜欧・中東でごみ発電を展開
   ■住友商事/国内の電力燃料価格高騰で37%減〜海外IPPは堅調
   ■双日/インフラヘルスケア本部13%増益〜印で鉄道EPC受注
   ■豊田通商/ユーラスエナジーを完全買収〜アフリカで海淡EPC
   ■丸紅/電力が黒字化〜インフラプロジェクトはFPSOが貢献
   ■三井物産/海外IPPが減益〜FPSO・ガス配給が増益
   ■三菱商事/フィリピン鉄道向けEPC大型受注
23/5/24
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化への判断は今春以降へ
23/5/17
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着へ評価中か
23/5/17
◇サウジ水連携公社、ジーザーン下水処理設備の事業権入札を公示
23/4/26
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化に向けて慎重に検討
23/4/26
◇エジプトNAT、カイロ地下鉄4号線延伸を実施へ〜円借款検討
23/4/21
◇ウジミナス、イパチンカ製鉄所の第3高炉改修工事は準備中
23/4/21
◇ワバッグ〜メティート、チェンナイの海水淡水化を受注〜713億円
23/4/7
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は今春以降へ
23/3/15
◇アルストム〜コーラス、三菱商からフィリピン鉄道システム受注
23/3/8
◇キャメロンLNG第3トレーン建設プロジェクトで入札実施
  −3月2日、日揮グローバル〜現地Zachry、米ベクテルが応札−
23/3/8
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、契約に向けて協議続く
  −3号機増設決着後、GTCC4号機増設の判断へ−
23/3/8
◇三菱商事、フィリピン南北通勤鉄道延伸の鉄道システム一式受注
  −約2,600億円/サブコンに仏コーラス、アルストムを起用−
23/3/3
◇三菱商事参画のラオス・風力発電、ADBなどから6.9億ドル調達
23/2/24
◇KenGen、ケニア・オルカリアU地熱発電所を拡張へ
23/2/24
◇日本・バングラ両政府、首都近郊の空港運営を共同PPPに選定
23/2/17
◇三菱商事、フィリピン南北通勤鉄道の電気・機械品・軌道を受注へ
  −受注額800億円規模か−
23/2/17
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は4月締切へ
23/2/10
◇三菱重工、タリマルジャン火力発電向けガスタービンなど受注
  −三菱電機が発電機を供給−
23/2/10
◇三菱商事〜ロッテケミカル〜独RWE、燃料アンモニア供給で提携
  −2030年までに米テキサス州で最大1,000万t/yを製造−
23/2/8
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化判断は3号機決着後か
23/1/27
◇日本製鉄〜三菱商事〜エクソン、海外向けCCSの検討で覚書
23/1/25
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、契約に向けて協議中
  −三菱重工〜三菱商事が受注有力−
23/1/20
◇UAE・タジズコジェネ計画、1月に入札締め切りへ
23/1/20
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は2月締切へ
23/1/18
◇三菱重工〜JERA〜三菱商事、タイのアンモニア混焼に協力
23/1/11
◇バングラでダッカメトロ6号線が開業〜初の都市高速鉄道
23/1/5
◇サウジSWPC、マッカ貯水タンク新設・運営で事業権入札公示
22/12/23
◇三菱商事傘下の蘭エネコ〜英シェル、蘭洋上風力発電事業権獲得
22/12/21
◇三菱商事〜スペイン・インテクサ、タリマルジャンガス火力発電増設受注
22/12/21
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は来年実施へ
22/12/16
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は来年へ
  −GTCC4号機増設の具体化への判断も来年以降へ−
22/12/7
◇三菱重工〜三菱商事〜SEPCOV〜WIKA、ネシア・地熱受注
  −プルタミナジオサーマルからルムットバライ2増設のEPC−
22/11/30
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、早期の商談決着に期待
22/11/22
◇ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、具体化判断は来年以降へ
22/11/18
◇三菱重工〜三菱商事など、台電・林口発電所のアンモニア混焼へ
22/10/28
◇三菱商事〜グレンコア、豪ボーキサイト鉱山開発のFS続く
22/10/28
◇シンガポール・セムコープ、日本政府・企業と戦略的協力
  −低炭素水素イニシアティブで、JBIC・IHIなどと−
22/10/19
◇三菱商、セネガルのアンモニア・尿素肥料・メタノール事業でFS
22/10/19
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は12月7日締切へ
22/10/14
◇ネシア・タングーLNG・CCUS、FEED商談は日本勢が見送りか
  −日本勢にとっては、CO2回収と配管設備が主要設備−
22/10/14
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談は現時点でも決着せず
22/10/14
◇三菱商事、バングラデシュ国際空港の運営への参画を検討
22/9/15
◇メティート、カタールの下水処理PPP事業を受注〜約2,000億円
22/9/2
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、今年夏以降に具体化への動きか
22/8/26
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談は現時点で未決着
22/7/27
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は7月以降へ
22/7/22
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は今年第4四半期に締切
22/7/6
◇サウジの貯水池計画、事業権入札PQに丸紅等15社が通過
22/6/29
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化への本格検討は今年夏以降か
22/6/24
◇UAE・アブダビのごみ発電、事業権入札は今年夏頃か
22/6/22
◇千代田、シンガポールに脱水素プラントを建設へ
  −2023年中に建設開始−
22/6/22
◇フィリピン南北通勤鉄道の特急車両、三菱商事〜CAFが有力
22/6/17
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は6月以降へ
22/6/17
◇サウジ・マッカ貯水池の事業権入札、丸紅など17社がPQ通過
22/6/8
◇三菱重工、ネシアの火力発電所向けアンモニア導入などFS開始
  −三菱商事、日本工営、東電設計と石炭・ガス火力発電所向け−
22/6/8
◇三菱商事、カイロ地下鉄の電力・通信等を日本メーカーから調達
  −鉄道システム全体で900億円−
22/5/27
◇総合商社7社の2021年度決算、プラント部門は5社が増益
  −IPPなどが堅調に推移〜再生可能へのシフト進む−
   ■伊藤忠商事/北米IPP好調〜ドバイの廃棄物事業が契約発効
   ■住友商事/海外IPP・IWPP堅調で黒字化〜中国の水事業拡張
   ■双日/トルコ病院・海外IPPが安定〜ミャンマー通信で損失
   ■豊田通商/インドネシア国際港運営に着手〜アフリカの海淡狙う
   ■丸紅/台湾発電所EPC等で再び赤字に転落〜新規投資活発
   ■三井物産/タイ火力IPPとメキシコFPSOが操業開始
   ■三菱商事/海外発電資産で売却益〜鉄道EPCで大型2件受注
22/5/25
◇日本信号、エジプト・カイロ地下鉄4号線の信号とPSDを受注
22/5/13
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化に向けた本格検討へ
22/5/13
◇三菱商事傘下の蘭エネコ〜英シェル、蘭沖の洋上風力発電応札
22/4/22
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、5月にも事業権入札RFPへ
22/4/13
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談決着は4月以降へ
  −EPCは三菱重工〜三菱商事の受注が有力−
22/4/8
◇米センプラインフラ、キャメロンLNG増設プロFEEDを発注
  −米ベクテル、JGCアメリカ〜ザクリーがデュアルFEED−
22/4/6
◇オマーンLNG、コンサルタント入札を延期
  −4月5日から4月19日へ−
22/3/23
◇オマーンLNG、EPCMサービスの入札へ
  −6グループが応札−
22/3/23
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化へ今春以降に検討本格化へ
22/3/4
◇仏コーラス等3社、マニラ地下鉄の鉄道システムをサブコン受注
  −三菱商事から総額10億ユーロ−
22/2/25
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、商談中
22/2/18
◇三菱重工エンジ、シンガポール新交通システムの増強工事を受注
  −新型車両34両と車両基地システム更新〜378億円−
   ■佐藤工業、車両基地の造成工事を受注〜135億円
22/2/18
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、本格検討は今年春以降へ
22/2/16
◇三菱商事、マニラ地下鉄の鉄道システム一式を受注〜1,400億円
  −軌道・信号・通信・電力・改札・PSDで日本企業採用へ−
   ■第2回目の円借款貸付契約を締結〜2,533億円
22/2/10
◇メティート、カタールの下水処理場で事業権の優先交渉権を獲得
22/1/26
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、具体化に向けた検討本格化へ
22/1/19
◇メティート、ウズベクの下水処理PPP案件を獲得〜10万m3/日
22/1/12
◇TTCL、タイ・EGCOからコジェネプラント建設を受注
22/1/12
◇三菱商事、マニラ地下鉄の電気・機械・軌道工事で受注内定
  −400億円規模−
22/1/12
◇サウジ水連携公社、貯水池の事業権入札でRFQ〜丸紅等関心
  −送水パイプライン等の複数案件で入札を準備−
22/1/6
◇ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所の建設プロジェクト、着工
  −サムスンC&T〜斗山重工がEPCを実施−
21/12/24
◇三菱商事参画のラオス・風力発電、コントラクターは2022年契約へ
21/12/22
◇三菱商事、新社長に中西勝也氏〜海外重電ビジネスで豊富な経験
21/12/17
◇ウズベク・ナヴォイ4号機増設、来年春以降にも具体化検討開始
21/12/17
◇ベトナム・クアンチャック第1火力発電所、着工〜2025年完工
21/12/3
◇東ガス、アジア・中東・北米・豪州で再エネ由来のメタン事業検討
  −マレーシアは住商・ペトロナスと/中東・北米・豪州は三菱商と−
21/11/26
◇ウズベク・ナヴォイGTCC増設、三菱重工〜三菱商事の受注有力
  −GTCC3号機の商談本格化へ−
21/12/3
◇三菱重工など受注のシンガポール・GTCC発電所増強工事、完了
21/12/3
◇CAF、カイロ地下鉄1号線車両改修を受注〜三菱商事が協力
21/12/3
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、PQ締切が12月5日に延長
21/11/24
◇サウジ・マッカ貯水池の事業権入札、丸紅など34社が関心を表明
21/11/17
◇千代田〜三菱商事、SPERA水素事業化調査で補助金の交付決定
21/11/17
◇ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所プロジェクト、12月着工へ
21/11/17
◇EWEC〜Tadweer、UAE・アブダビのごみ発電はPQへ
21/11/10
◇ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、来年にも具体化を検討へ
   ■タシュケントコジェネ建設〜チャルックエナジーが建設工事受注
21/11/10
◇三菱商事〜近畿車輌、カイロ地下鉄4号線の車両を受注〜400億円
  −23編成×8両〜累計1,600両納入の得意市場−
21/10/29
◇ネシア・タングーCCUS設備は入札告示待ち
  −日揮グローバルなどが関心−
21/10/22
◇フィリピン南北通勤鉄道の特急車両調達、3グループが応札
  −三菱商事〜CAF、丸紅〜シュタッドラー、双日〜川重−
21/10/20
◇三菱商事参画のラオス・風力発電事業、具体化に向けて検討続く
21/10/15
◇ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、具体化に向けた調査続く
21/10/8
◇千代田、シンガポールでSPERA事業調査
  −現地セムコープ・三菱商事と共同実施、覚書を締結−
21/10/8
◇神戸製鋼所、三井物産の西豪州ガス田開発向けに熱交換器を受注
21/10/8
◇メティート等、チュニジアの海水淡水化施設を受注〜2億ユーロ
21/10/1
◇ネシア・タングーLNGプロ向けCCUSは来年半ばからFEED
  −8月にSKK Migasが事業承認−
21/9/24
◇三菱重工エンジ〜三菱商事等、ドバイ鉄道でO&Mと運行を開始
21/9/21
◇LNGカナダ、増設プロジェクトの検討を開始
  −現在、日揮グローバル〜米フルアが第1・2系列を建設中−
21/9/10
◇ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、本格検討は今年秋以降へ
21/8/25
◇三菱商事〜EPI〜BCPG、ラオスの陸上風力発電所検討開始
21/8/20
◇サウジ水連携公社、ダンマン西下水処理場の排水管敷設でRFQ
21/8/20
◇フィリピン運輸省、南北通勤鉄道の特急車両で入札締切を延期
21/7/21
◇サウジのジーザーン下水処理場整備、事業権入札のPQを公示
21/7/16
◇三菱商事〜近畿車輌、カイロ地下鉄4号線の車両で交渉を開始へ
21/7/7
◇ベトコンバンク、ベトナム・クアンチャック第1火力発電所向け融資
21/7/7
◇三菱商事など日系4社、モンゴルで新国際空港の運営を開始
21/6/30
◇サウジ水連携公社、ダンマン市の下水処理場向け送水管を敷設へ
21/6/25
◇三菱商事〜現代建設〜CC1、クアンチャック第1火力発電所受注
21/6/25
◇サウジ南部の下水処理整備、事業権入札に38社が関心〜丸紅等
21/6/18
◇三菱商事〜EPI〜BCPG、ラオスに600MW陸上風力発電所建設
21/6/16
◇三菱商事〜現代建設〜CC1、クアンチャック第1火力発電所落札
  −落札額は約1,400億円/EVNの石炭火力発電所建設のEPC−
21/6/16
◇フィリピン南北通勤鉄道フェーズ2、7月に特急車両の入札締切
21/6/9
◇メティート、ヨルダンで下水処理場改修を受注〜56億円
21/5/26
◇三菱商事、マニラ地下鉄の電気・機械・軌道工事で受注が有力視
21/5/14
◇東電設計、ウズベク・火力発電所のO&M向けコンサル業務を受注
21/5/12
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、今夏まで順次入札へ
21/4/23
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、約80社が入札に関心表明
  −日本や現地企業などが関心表明を提出−
21/4/21
◇ウズベク・ナヴォイGTCC4号機増設、今夏以降にも検討本格化へ
21/4/16
◇サウジのマディーナ3下水処理場、事業権にメティート等が応札
21/4/14
◇マレーシア開銀など、プラウインダガス火力発電計画向けに融資
21/4/7
◇印ベンガルールメトロ、都市鉄道で約80km整備〜4,181億円
21/3/26
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、本体工事入札は今春以降か
21/3/26
◇米GE、マレーシアのプラウインダガス火力発電向け発電設備受注
21/3/24
◇ウズベキスタン・ナヴォイTPP、火力発電所GTCC増設を推進
  −3号機のEPCは5月入札締切/4号機は具体化へ検討−
21/3/24
◇三菱商事、豪州ボーキサイト鉱山の権益30%取得で合意
21/3/24
◇三菱重工エンジ〜三菱商事等、ドバイ鉄道でO&M〜年160億円
21/3/5
◇三菱マテリアル・インドネシア法人、銅精錬プラントを増強
  −現地IKTP、千代田などが関心−
21/3/5
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、本体工事が入札へ
  −GTCC発電設備・変電設備・送電線/5月締め切り−
21/3/5
◇JBICなど、英ホーンシー1海底送電事業に約11億ポンド融資
21/3/5
◇川重、ダッカ都市鉄道6号線の車両を初出荷〜後続案件にも意欲
21/3/3
◇ベトナム・ロンソンGtPプロジェクト、事業化に向けて検討中
  −EVNGENCO3〜TTC〜三菱商事〜GEなどが計画−
   ■JERAもエクソン主導の大型GtP計画へ参画検討続く
21/3/3
◇メティート、サウジ・ジュバイル2海水淡水化計画のEP受注
21/3/3
◇豪キャンベラ鉄道延伸、環境認可を取得〜三菱商事が既設に出資
21/2/24
◇ミャンマー・イワマ発電設備建設、国内情勢混乱から見通し不透明
21/2/24
◇パナマのモノレール整備、契約発効で工事着手〜25億ドル超
  −日立製作所〜三菱商事がサブコン受注−
21/2/12
◇横河電機、オマーンLNG社とDCSのアップグレーディングを受注
  −安全で信頼性の高い生産を確保−
21/2/9
◇千代田〜テクニップエナジーズ、カタールからLNGプラント受注
  −年産800万トン×4系列、プロジェクト総額290億ドル−
21/2/3
◇ベトナムの大型GtPプロジェクト、事業化へ続々動き出す
  −国内外IPPの動きが活発化−
   ■ハイフォン、ビントゥアン、バクリアウ、バリタブンタウで動き
21/2/3
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、本体工事入札は未定続く
21/1/20
◇重工エンジ、トリニダードでプラント完工
  −メタノール/ジメチルエーテルプラントの商業運転開始−
21/1/20
◇米ジェイコブズ、マレーシアのガス火力発電向けエンジ受注
21/1/13
◇三菱商事〜近畿車両、カイロ地下鉄4号線の車両供給に応札中
21/1/6
◇JBIC〜KEXIMなど、ブンアン2石炭火力に17億ドル強融資
20/12/23
◇ウズベク・ナヴォイGTCC3号機増設、工事入札は来年初以降へ
20/12/16
◇ミャンマー・イワマGTCC発電設備建設、入札のEOI提出締切
  −EPCとエンジの入札では日中韓印などの企業が関心表明−
20/12/11
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、本体工事入札は来年初頭以降か
20/12/9
◇三菱商事、ミャンマー国鉄から車両納入2案件を受注〜計690億円
20/11/27
◇三菱商事等、カイロ地下鉄4号線の鉄道システム受注〜総計900億円
20/11/27
◇三菱商事、フィリピン・マニラ地下鉄の電気・軌道工事に応札
20/11/6
◇日立〜三菱商事、パナマ向けモノレールを正式受注〜920億円
20/10/28
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、ナヴォイなどが有力
20/10/23
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場、11月に価格開札を予定
20/10/21
◇世界のエンジニアリング企業を業績悪化に導いた米国市場
  −求められる新たな契約形態−
   ■最初にコンストラクションから撤退したKBR
   ■フルアもプロセス系ではランプサム契約から撤退
   ■求められる新たなプロジェクト契約
20/10/16
◇韓国電力公社、ブンアン2石炭火力発電参画へ〜三菱商事と連携
20/10/16
◇パナマのモノレール新設、メトロ公社と元請けの契約交渉大詰め
  −日立・三菱商がサブコンで鉄道システム供給予定−
20/10/14
◇ウズベキスタン政府、シルダリヤガス火力発電IPP計画
  −日本や韓国、韓国、中東、欧州など45社がEOI通過−
20/10/7
◇サウジ・SWPC、複数のIWPプロジェクトで事業権入札へ
  −ジュバイル3Bとラス・ムハイサンが11月に提出締切−
   ■IWPプロジェクトが相次ぐサウジアラビア
   ■今年後半以降にも複数のIWPプロジェクトが前進へ
20/10/2
◇国内外IPP、ベトナムで大型ガス火力プロジェクトが相次ぐ
  −外国IPPによるガス火力発電所建設の多くがGtP−
   ■外国IPPによる大型GtPプロジェクトは5件以上
   ■PVパワーも相次ぎ大型ガス火力発電プラント建設へ
   ■ポイントは巨額投資・電源方針・投資承認スピードなど
20/10/2
◇マニラ地下鉄の電気・軌道工事、入札締切を11月13日に再々延期
20/9/25
◇三菱商事、ミャンマー幹線鉄道の車両で交渉〜部品は三菱電機
20/9/23
◇三菱商事、ジャカルタ郊外でスマートシティを開発〜100ha超
20/9/11
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、入札の技術評価終了
20/9/4
◇マニラ地下鉄の電気・軌道工事、入札締切を9月30日に再延期
20/9/2
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札締切
  −三井物産〜エンジー、住友商事、丸紅などが応札へ−
20/8/26
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、コンサル入札は8月末提案締切へ
20/8/21
◇総合商社のプラント事業、IPPなど長期案件中心に収益確保
  −EPCは低調〜成約額が最盛期の1割未満−
   ■通期連結決算は堅調に推移〜三菱商事が黒字化
   ■ミャンマー市場が活況〜大型インフラ事業に商社が共同出資
   ■電力分野/火力から再生可能へのシフト転換に各社が尽力
   ■鉄道EPC案件が大型化とともに増加〜住商は完全子会社と連携
20/8/5
◇SGRE、オランダ沖の洋上風力発電所向け洋上発電設備供給へ
  −三菱商事傘下の蘭エネコ〜シェルによるプロジェクト向け−
20/7/22
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、再入札で書類審査
20/7/17
◇ナヴォイGTCC3号機増設、コンサルのショートリスト作成中か
20/7/15
◇ウズベク・火力発電所向けO&M計画、コンサル入札は8月締め切り
20/7/8
◇三菱商事、ミャンマー・ヤンゴン環状線の鉄道車両で契約交渉中
20/7/1
◇双日、ミャンマー・全国基幹送変電整備U向け変電設備建設を受注
20/6/26
◇サウジ政府傘下のSWPC、下水処理の事業権入札2件を公示
20/6/17
◇メティート等、サウジの下水事業で融資組成完了〜2.45億ドル
20/6/3
◇ウズベク・火力発電所向けO&M、コンサルタント選定開始へ
20/5/22
◇加カスケードガス火力発電所建設、2023年商業運転へ準備進む
20/5/15
◇丸紅・メティート等、サウジの下水処理事業2案件でPQ通過
20/5/8
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −事業権入札は8月27日を予定−
20/5/8
◇現代エンジ、台湾・大潭火力発電所7号機増強向け現地工事を受注
20/5/8
◇アクワパワーなど、サウジのジュバイル3A・IWP事業権を獲得
20/4/24
◇MHPS〜三菱商事、台湾・大潭火力発電所7号機増強工事を受注
  −台湾電力からコンバインドサイクル化向け蒸気タービンなど−
20/4/10
◇キネティコーなど3社、カナダ・アルバータ州にガス火力発電所建設
20/4/1
◇カイロ地下鉄4号線整備、土木工事の再入札も商談遅延か
20/4/1
◇チュニジアの海水淡水化施設新設、再入札の可能性も〜2G応札
20/4/1
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、再入札が遅延か
20/4/1
◇アクワパワーなど、サウジのジュバイル3A・IWP優先交渉権獲得
20/3/27
◇ポスコE&C〜三菱商事など、マレーシアのガス火力発電所建設受注
  −プラウインダガス火力発電所建設のEPCC業務−
20/3/27
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再度延期
  −事業権入札締切は4月30日を予定−
20/3/13
◇ケニアの港湾都市モンバサで経済特区開発が具体化へ
  −港湾・道路・電力の整備に日本タイドの円借款決定−
   ■斜張橋新設は詳細設計を発注〜総事業費約1,800億円
20/3/13
◇米国の発電プロジェクトが活況〜ガス火力発電・再エネがけん引
  −ガス火力発電拡大続く/風力発電も拡大へ−
   ■天然ガスが発電燃料の最大シェア/風力発電も拡大
   ■旺盛なガス火力発電所新増設/多くの日本企業も関与
   ■洋上風力発電が将来ブレークの兆し
   ■大統領選後のエネルギー政策動向も注目
20/3/11
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、再入札を実施へ
20/3/6
◇カイロ地下鉄4号線整備、土木工事の2工区で再入札を締切
20/3/4
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再延期
  −事業権入札締め切りを今年4月2日に変更−
20/2/28
◇ウズベク・ナヴォイ発電所3号機増設、コンサルタント選定開始へ
  −2月にEОI公示/来年1月頃に本体工事第1弾の入札公示へ−
   ■既設火力発電所のО&M計画も動き出す
20/2/28
◇サウジのジュバイル3A・IWP、事業権者の選定続く
20/2/26
◇サウジのジュバイル3B・IWP、事業権入札締切は5月17日
  −日本企業などが応札検討か−
20/2/14
◇ファシリティD・IWPPの海淡増設、来年4月完工へ推進中
20/2/14
◇三菱商事〜三菱重工出資のメティートなど、バングラに太陽光発電計画
20/2/14
◇韓・現代建設等、パナマのモノレール工事を受注〜28億ドル
  −日立・三菱商が鉄道システムを供給へ−
20/2/5
◇ウズベク・ナヴォイ発電所3号機増設、今年内から選定本格化へ
20/2/5
◇三菱商事〜フジタ〜サムスンC&T、ダッカの空港拡張工事受注
  −総額2,000億円規模〜ターミナルビル新設等−
20/2/5
◇カイロ地下鉄4号線整備、今月中に土木工事の再入札を締切へ
20/1/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札で評価中
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
20/1/31
◇MHPS、ネシアのGTCC発電設備向け保守契約受注へ提案中
20/1/31
◇フィリピン南北通勤鉄道の中央区間、鉄道システムの入札を準備
20/1/31
◇中東のIWP・IWPPの海淡プロジェクト、活況続く
  −事業権入札も相次ぐ/日本企業の商機も期待−
   ■世界の海淡の約4割が中東/RO膜プラントが主流へ
   ■サウジ〜ヤンブー4・ジュバイル3のIWPが相次ぎ事業権入札へ
   ■オマーン・UAE〜オマーンのアルグブラ3・IWPが入札中
   ■カタール・バーレーン・クウェート〜IWPPが具体化へ
   ■日本企業の商機拡大に期待
20/1/29
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −入札締め切りを今年3月12日に変更−
20/1/17
◇ウズベク・ナヴォイ発電所3号機増設プロ、着工へ準備本格化
  −コンサルタント・本体工事コントラクター選定へ準備開始−
20/1/15
◇JX金属ら日系4社出資のチリ銅鉱山、増強に向け建設工事進む
20/1/15
◇台湾・総統選で蔡英文氏が再選〜エネルギー政策は維持の見通し
  −ガス火力発電・LNG基地・洋上風力発電などに注目−
   ■台湾電力のガス火力発電設備建設に注目
   ■ガス火力発電と連動するLNGターミナル建設も相次ぐ
   ■大型洋上風力発電相次ぐ/日本企業が多くのプロジェクトに参画
   ■原発は2021年以降も焦点/台湾のエネルギー政策は今後も注目
19/12/20
◇日本政府、ウズベク・ナヴォイ発電所増設向け約1,283億円の円借款
  −MHPSが受注有力/3号機増設向け−
19/12/20
◇住友電工、バングラデシュ・架空送電線新設向け8,100km電線を受注
19/12/20
◇チュニジアの海水淡水化、本体工事で日系含む2グループ参加
19/12/6
◇MOEE、ミャンマー・ティラワGtPの実現へ検討中
19/12/4
◇ウズベキスタン国営電力公社、ナヴォイ発電所3・4号機建設へ
  −GTCC設備建設/3号機は年末以降にコントラクター選定か−
19/11/27
◇三菱商〜中部電、蘭エネルギー会社のエネコを最大5,000億円で買収へ
19/11/27
◇韓・現代建設〜ポスコE&C、パナマのモノレールで工事受注へ
  −日立・三菱商が鉄道システムを年度内に契約か−
19/11/22
◇JBIC〜邦銀など、ファシリティD・IWPPの海淡増設向け融資
19/11/20
◇MHPS、ネシアの新GTCC発電設備向け保守契約受注へ提案中
19/11/15
◇エジプトのカイロ地下鉄4号線建設、土木工事は再入札へ
19/11/15
◇ミャンマーの全国基幹送変電整備U、本体工事商談は決着か
19/11/13
◇三菱商事〜住友電工〜シーレックス、スリランカの送電線敷設受注
19/11/8
◇フジタ〜三菱商事、ケニアのモンバサ港周辺で道路建設に着工
19/10/31
◇カタールLNGプロ、技術入札間近
  −千代田グループが今期中の受注を期待−
19/10/31
◇三菱商事〜サミット〜GE、バングラのGtPは具体化へ検討中
19/10/25
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札を実施
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
19/10/16
◇MHPS、ネシアの新GTCC発電設備向け保守契約受注目指す
19/10/16
◇脱原発・環境政策でガス火力発電へシフト進める台湾
  −台湾電力などがガス火力発電設備を相次ぎ建設−
   ■2025年までにガス火力発電比率を5割へ
   ■台湾電力が相次ぎガス火力発電設備建設へ
   ■ガス火力発電の注目市場である台湾〜日本企業にも商機
   ■LNGターミナルの建設も相次ぐ
   ■焦点は2020年の総統選挙後
19/10/10
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPP入札は来年実施
  −来年2月の締切予定−
19/10/10
◇MOEE、ミャンマー・ティラワGtPプロジェクトの検討進む
  −丸紅、三菱商事を含む複数グループが提案中か−
19/10/10
◇日系5社出資のインド企業、既設有料道路の事業権取得〜5件目
  −三菱商・NEXCO東・JEXWAY・JOIN・JII−
19/10/2
◇豪キャンベラ鉄道延伸を現地政府が承認〜三菱商事は既設に出資
19/10/2
◇香港の電力会社2社、相次ぎガス火力発電設備を建設
  −香港政府の環境政策対応/日本などの関連企業に商機−
   ■香港政府の環境政策〜2020年にガス火力発電比率50%へ
   ■香港の電力会社2社がガス火力発電シフトへ
   ■GTCC発電設備建設は関連企業に商機生み出す
   ■LNG基地プロジェクトも〜商船三井がFSRU傭船契約
19/9/27
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権締切は10月16日へ再延期
19/9/25
◇ネシアPLNの島嶼・石炭火力発電所建設、2グループが受注
  −IKPT〜伊藤忠〜住重など/斗山重工〜WIKAなど−
19/9/25
◇ミャンマーの全国基幹送変電整備U、本体商談が11月まで決着か
19/9/25
◇三菱商事、バングラデシュの国際空港拡張工事で受注有力
19/9/25
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、日本企業が応札
19/9/18
◇パナマのモノレール、年内着工目指す〜日立・三菱商が受注内定
19/9/12
◇MHPS、香港・ラマ火力発電所の増設向けGTCC発電設備受注
19/9/4
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権入札は10月実施へ
19/9/4
◇三菱商事、エジプトのカイロ地下鉄4号線で信号・通信を受注へ
19/8/9
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備U、変電設備の商談は評価中
19/8/7
◇サウジのジュバイル3海水淡水化、事業権入札を12月締切予定
  −丸紅・三菱商事など10グループがPQ通過−
19/8/2
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPを再検討へ
19/7/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札は10月に延期
  −日本企業などのPQ通過企業が応札へ−
19/7/24
◇MOEE、ミャンマー・ティラワのGtPプロジェクトの検討続く
19/7/19
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札でカンファレンス開催
  −9月締切で入札実施/日本勢などPQパス企業が応札へ−
19/7/19
◇米ブルームエナジー、韓・燃料電池発電所建設向け受注に意欲
19/7/19
◇サウジ政府、ジュバイル3計画をIWPに変更〜発電事業が焦点
19/7/19
◇MHPS、ウズベキスタンの火力発電所向けO&M協業へ前進
19/7/19
◇バングラデシュの空港拡張、入札を評価〜日系2グループ応札か
19/7/19
◇総合商社各社、アフリカビジネスの潜在に期待も債務に不安
  −資源開発から消費市場へと転換〜8月にTICAD7開催−
   ■火力・地熱発電で実績/無電化地域の分散電源事業が各地で始動
   ■モザンビークで複合的な資源・インフラ開発事業が進展
   ■第三国企業と各社連携/豊通はフランス商社と大陸全域に展開
   ■課題も指摘/債務・物価高・基礎教育など
   ■官民の参加でアフリカビジネス協議会を設立
19/7/17
◇カタールのファシリティE・IWPP、入札公示は7月以降
19/7/11
◇三菱商事等日系4社、モンゴル国際空港で15年間の運営権を取得
19/7/11
◇SK〜EGCO、韓国・ソウルに19.8MW燃料電池発電所を建設
19/7/5
◇サウジのジュバイル3海水淡水化、事業権入札のPQを公示
19/7/5
◇総合商社7社、2018年度海外プラント成約は46%減の5,195億円
  −2社が成約ゼロ〜決算は総じて堅調−
   ■丸紅/69%増の1,687億円〜台湾で火力発電・バングラで鉄道
   ■三菱商事/44%減の1,233億円〜電力の実績は非公表
   ■住友商事/総計955億円〜トルクメ・比・ミャンマーで大型案件
   ■豊田通商/計820億円〜アンゴラなどアフリカで案件獲得
   ■双日/約500億円を成約〜オマーンのIWPPが貢献
   ■伊藤忠商事/EPCの成約ゼロ〜投資ビジネスの比重高まる
   ■三井物産/2年連続で成約なし〜各地で海洋案件に大型投資
19/6/28
◇ABB、MHIヴェスタス経由で英大型洋上風力向け変圧器を受注
19/6/12
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備U、本体工事が入札・商談中
  −三菱商事が送電線の受注有力/変電設備は技術評価中−
19/5/31
◇ネシア島嶼向け石炭火力発電、2グループが分け合う
  −4発電所計画のうち、トリトリ発電所は棚上げ−
19/5/31
◇総合商社7社のプラント部門、2019年3月期決算は堅調に推移
  −2020年3月期はほぼ全社が増益へ〜脱石炭の表明相次ぐ−
   ■伊藤忠商事/既存の投資事業を中心に堅調
   ■住友商事/海外大型工事の進捗で増収・増益
   ■双日〜印鉄道工事やトルコ病院が収益に貢献
   ■豊田通商/米国火力発電事業で減益〜2020年3月期は増益へ
   ■丸紅/シンガポールの発電事業で減損
   ■三井物産/海外の新規電力案件が続々と収益を拡大へ
   ■三菱商事/千代田化工の工事損益で363億円の赤字
19/5/24
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの事業権入札へ
  −7月頃まで公示、11月頃まで入札実施/日本の商社など応札有力−
19/5/24
◇サウジのジュバイル3IWPP、海水淡水化を先行で入札実施へ
19/5/24
◇サウジのジュバイル3IWPP、海水淡水化を先行で入札実施へ
19/5/17
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業T、本体工事が商談中
  −丸紅が商談中か/日立などの参加も有力視−
19/5/17
◇チュニジアの海水淡水化設備新設、5月末に工事入札を締切予定
19/5/10
◇千代田、商事・三菱UFJ銀行から1,800億円の支援
  −再生計画も発表、LNGと地球環境が柱−
   ■新体制では、経営と執行を分離
   ■7月1日付で「戦略・リスク統合本部」を始動
   ■今後はLNGと地球環境に注力
19/5/10
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業U、本体工事入札が商談中
  −双日、丸紅、三菱商事が応札/三菱電機なども参加か−
19/5/10
◇ウズベクのナヴォイ2ガス火力発電所建設、蒸気タービン工事中
  −今年内にGTCC完工へ/MHPSが保守契約受注の交渉へ−
19/5/10
◇ウクライナのボルトニッチ下水処理場改修、8月に入札締切予定
19/4/19
◇三菱商事〜サミット〜GE、バングラのGtP計画で検討続く
19/4/12
◇パナマのモノレール、9月に着工へ〜日立・三菱商が車両を供給
19/4/12
◇サウジの下水処理場、事業権入札で丸紅・三井物産等がPQ通過
19/4/12
◇みずほ銀・三井住友銀等、チリ銅鉱山に協調融資〜総額13億ドル
19/4/12
◇米国・ガス火力発電所の建設プロジェクトラッシュ続く
  −日本企業にも商機拡大−
   ■天然ガスが石炭を抜き発電燃料の最大シェア
   ■高効率ガスコンバインドサイクル発電の拡大続く
   ■日本企業が米ガス火力発電事業にIPP/機器供給で熱視線
   ■ガス火力発電所建設続々〜MHPSや東芝にさらなる商機
19/4/5
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの検討続く
19/4/5
◇関電出資のノイコネクト、英・独間の海底電力線計画で海底調査中
19/4/5
◇JBIC、チリ銅山に融資/JX金属・三菱マテ・丸紅・三菱商が出資
19/4/3
◇JOIN、ミャンマーのティラワ港穀物ターミナルへ24%出資
19/3/22
◇サハリンULNG第3トレーン、実現目途立たず
  −千代田がFEED実施も、天然ガス供給が難航−
19/3/22
◇露ノバテク、アークティックLNG2のFIDが19年3Q予定
19/3/22
◇ポスコE&C〜三菱商事、マレーシアのガス火力発電所建設受注へ
  −韓国電力公社〜タドマックスなどのプラウ・インダ計画−
19/3/15
◇千代田化工建設の再建はどうなるか?
  −三菱商事が支援の中心に−
19/3/13
◇露アークティックLNG2の権益巡り物産・商事の参画検討続く
19/2/27
◇カイロ地下鉄4号線の土木工事、再入札の可能性〜交渉が長期化
19/2/20
◇台湾・大潭発電所の発電設備増設計画、丸紅〜GEが受注有力
  −台湾電力計画のプロジェクト−
19/2/20
◇インドネシアのガス火力発電設備増設、GTCC完工へ試運転入り
  −MHPSは完工後に長期保守契約の受注に向け交渉へ−
19/2/20
◇三菱商事米子会社のDGC、米火力発電所建設で環境許可申請中
19/2/22
◇丸紅〜米GE、台湾電力から大潭火力発電所の8・9号機増設受注
  −受注額は1,300億円/総発電出力は2,000MW−
19/2/1
◇台湾電力、通霄発電所でガス火力発電設備建設〜新計画も浮上か
19/1/25
◇UAEのメティート、サウジの下水処理場で事業権を獲得
19/1/23
◇インドネシア島嶼向け石炭火力商談、TOYOの受注は一部
  −4発電所が対象も2〜3発電所に−
19/1/18
◇スリランカでLRT新設計画が浮上〜タイド円借款を検討
19/1/18
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業U、工事入札が3月締切
  −双日、豊通、丸紅、三菱商事、日立、三菱電機などが参加へ−
19/1/16
◇MHPS、台湾・大潭発電所の8・9号機増設の受注に意欲
  −台湾電力のプロジェクト向けEPC・主要機器商談−
19/1/16
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業T、本体工事が入札中
  −双日、豊通、丸紅、三菱商事が応札/日立や三菱電機など参加−
18/12/14
◇日本郵船、キャメロンLNGとLNGカナダ向け定期用船受注
18/12/12
◇MHIヴェスタスとシーメンス、モーレイ・イースト洋上風力向け受注
  −950MW/総事業費4,000億円−
18/12/7
◇関電出資のノイコネクト、英・独間の海底電力線計画は海底調査実施
18/11/30
◇関電と三菱UFJリース、英モーレイ・イースト洋上風力発電参画
  −三菱商事からDGLの一部株式取得/JBICなどが融資−
18/11/22
◇JX金属〜三菱マテ〜丸紅〜三菱商、チリの銅山を13億ドルで増強
18/11/22
◇日本貿易保険、バングラデシュ向けLNG受入基地事業に保険を引受
  −三菱商事計画のFSRU向け−
18/11/14
◇MHPS、台湾電力のガス火力発電所向け設備改修工事を受注
  −主契約者の三菱商事経由の受注−
18/11/9
◇フィリピンの南北通勤鉄道、電車調達で入札締切を来年1月に延長
18/11/9
◇センプラ・エナジー、キャメロンLNG第1トレーンの試運転開始
18/11/7
◇MHPS、ウズベクエネルゴの発電所向けO&Mで支援
18/11/7
◇総合商社7社の中間決算、プラント関連部門は堅調に推移
   ■伊藤忠商事/機械カンパニーが通期10%増益へ〜プラントは堅調
   ■住友商事/インフラ事業は通期の利益49%増〜海外IPP貢献
   ■双日/プラント3本部が収益改善〜海外太陽光発電事業を売却
   ■豊田通商/機エネプラ本部は通期の利益25%減少を予想
   ■丸紅/電力・プラントGは純利益49%増の590億円予想
   ■三井物産/機械・インフラ部門は通期の利益750億円〜16%減
   ■三菱商事/地環インフラ事業Gは千代田の損失で180億円の赤字
18/10/31
◇UAEのメティート、サウジの下水道事業で最低価格を提示
18/10/26
◇三菱電機、ミャンマーの変電所改修・増強向けGISと変圧器を受注
  −三菱商事が変電所改修・増強工事を受注−
18/10/26
◇カタールのファシリティE・IWPP、事業権選定へ入札公示待ちか
18/10/24
◇WEC、サウジ政府からジュバイル3IWPP計画承認を受領
  −近く事業権入札か/日本の商社などEOI通過企業中心−
18/10/24
◇三菱商事〜双日など、スリランカのFSRU建設でFS続く
18/10/17
◇三菱商事〜近畿車輛、ドーハメトロで追加車両受注〜約200億円
  −全自動無人運転鉄道システムを建設中〜累計330両納入−
18/10/12
◇ネシア島嶼向け石炭火力は4グループの争い
  −TOYO、東芝プラント、韓・斗山重工など−
18/10/10
◇CLP〜三菱商事、ベトナムのビンタン3石炭火力発電所建設検討
18/10/3
◇三菱重工〜三菱商事、韓国にコンプレッサ事業の合弁会社を設立
18/10/3
◇日揮〜米フルア、LNGカナダからLNGプラントを受注
  −受注金額6,300億円、今期受注目標1兆円に接近−
18/9/26
◇三菱商事米子会社のDGC、米国に大型ガス火力発電所を建設
  −主要機器メーカーとEPCコントラクターは未決定−
18/9/7
◇カンボジアの首都圏送配電網拡張整備2期、今年内に建設工事公示へ
  −三菱商や三菱電、日立、タカオカ、住電、フジクラなど参加か−
18/9/7
◇丸紅〜PLN、ネシア・ジャワ3ガス火力発電所建設でEPC選定へ
18/9/5
◇サウジのシュケイク3・IWP、丸紅・三菱商事等の6Gが応札
18/8/31
◇日立製作所〜三菱商事、パナマのモノレール新設を受注
  −受注額8億ドル超〜車両168両等を供給−
18/8/29
◇住友商事、ベルギーのノースウェスター2洋上風力事業に参画
18/8/24
◇三菱電機、新工場で真空バルブ搭載の遮断器が生産開始
18/8/22
◇三菱商事、バングラデシュのFSRU計画に参画〜年350万トン
18/8/22
◇ルーマニアの首都地下鉄建設計画、9月に工事入札のPQを公示
  −土木工事に竹中土木、車両システムに日立グループが関心−
18/8/8
◇ノートル〜三菱商事、ナイジェリアの肥料施設建設でFEED準備
18/8/8
◇フィリピンの南北通勤鉄道、104両の電車調達で10月に入札締切
18/7/25
◇豪IGパートナーズ、豪州・SA州でGtP計画〜三菱商事も関与か
18/7/18
◇三菱商事〜サミット〜GE、バングラでGtP計画の覚書を締結
18/7/12
◇MHIヴェスタス、オランダの洋上風力発電所計画向け発電設備受注
18/7/6
◇総合商社7社、2017年度海外プラント成約は23%減の9,588億円
  −決算は好調〜「EPCから事業投資へ」の流れが顕著に−
   ■伊藤忠商事〜電力2案件で690億円
   ■住友商事〜バングラの大型成約等で5,688億円
   ■双日〜目立った成約なし/受注済み鉄道案件の収益化に期待
   ■豊田通商〜成約額10億円にとどまる
   ■丸紅〜横ばいの1,000億円/インドネシアで発電所受注
   ■三井物産〜成約はゼロ/新規IPP2案件が稼働開始へ
   ■三菱商事〜約44%減の2,200億円/鉄道2案件が貢献
18/7/4
◇GE、ベトナムのブンアン第2石炭火力発電所建設向け受注目指す
  −三菱商事と香港CLPが出資/今年内にもEPCを選定か−
18/7/4
◇フィリピンの新ボホール空港が計画拡大/千代田〜三菱商が建設
18/6/22
◇トランスカナダ、ガスPL敷設計画で条件付き発注〜LNGカナダ関連
18/6/8
◇本格化するLNGプロジェクト
  −2020年代前半の需給バランス以降を目指した計画が目白押し−
   ■2020年代の需給バランス以後をにらんで、案件が相次ぎ浮上
   ■北米・アフリカ・ロシアの3極で相次いでLNGプロ計画が浮上
18/6/8
◇三菱商事、イラクの港湾改修工事を110億円で受注〜復興支援
18/6/1
◇ペトロナス、LNGカナダプロジェクトに出資参画〜権益25%取得
18/5/30
◇三菱商事・双日、フィリピンの国際空港向け運営・保守に参加検討
18/5/25
◇ベトナムのロンタイン新空港建設、日本勢が基本設計を落札
18/5/18
◇セネガルとチュニジアの海水淡水化設備新設、今年内に入札実施へ
18/4/27
◇カタール・高温排海水の海水淡水化実証事業、委託契約締結で調整中
18/4/25
◇日揮〜フルア、LNGカナダ向けLNGプラントを内定
  −FIDは2018年中の可能性−
18/4/20
◇MHPS、スマトラ島の紙・パルプ工場に蒸気タービン発電設備
18/4/18
◇丸紅〜韓国電力、ベトナムのギソン2石炭火力IPPで融資契約
  −後続のヴァンホン1・ブンアン2案件も実現の可能性−
18/4/18
◇台湾電力、大潭発電所8・9号機増設でPQを締切〜今夏入札か
18/4/6
◇バーレーン政府、新規IWPPで5月末に事業権入札の締切予定
18/4/6
◇カタール発電造水会社、海水淡水化設備の増設を優先か
18/4/6
◇東芝プラ〜三菱商、インドネシアで100MW石炭火力発電所を受注
18/4/4
◇三菱商事〜三菱電機、ミャンマーの変電所4カ所改修を受注へ
18/4/4
◇世銀グループIFC、ミャンマーの港湾事業に融資〜上組が出資
18/3/28
◇三菱商事、英国の950MW洋上風力プロジェクトに参画〜欧州4件目
  −MHIヴェスタス機器を活用予定〜2022年に運転開始−
18/3/23
◇ケニアの既設地熱発電所改修計画、5月に本体工事の入札公示へ
  −既設プラントを三菱商事・MHPSが納入〜円借款100億円−
18/3/23
◇メティート〜オラスコム、エジプトで海水淡水化プラントを建設中
18/3/14
◇三菱商事〜サミット、バングラのLNG火力事業開発で覚書締結
  −容量2,400MW/陸上LNG受入基地との一体運営を想定−
18/3/14
◇三菱商〜富士電〜日立プラ、モザンビークで変電所改修を受注
18/3/9
◇スリランカの全国送配電網計画、変電所の入札を評価中
  −三菱商事等4グループが参加−
18/2/28
◇サウジ・シュケイク3IWPで15社がPQ通過〜日本企業は4社
18/2/23
◇サウジ政府、ジェッダ・エアポート2下水新設のPQ手続きを開始
18/2/21
◇日本勢3グループ、ケニアの85MW地熱発電所新設でEPC応札
18/2/16
◇ミャンマー国鉄、ヤンゴン環状線近代化で車両・信号の入札実施
  −複数の日本商社・メーカーが参加−
18/2/16
◇メティート、サウジの海水淡水化プラントの建設計画を受注
18/2/8
◇台湾・洋上風力プロジェクト、10案件が環境影響評価の最終審査へ
18/2/7
◇LNGカナダ、2グループをショートリスト
  −日揮〜米Fluor、TechnipFMC〜米KBRを選定−
18/1/19
◇三菱商事〜成田空港、モンゴルの国際空港で運営権取得の交渉中
  −三菱商事〜千代田は完工済み〜2018年11月開港目標−
18/1/19
◇三菱商事〜飛島建設、パキスタンで気象レーダーを受注〜16億円
18/1/17
◇双日/三菱商事ほか、スリランカでFSRU運営事業に参画へ
  −双日は関連ガス火力新設の事業権入札にも参加中−
18/1/12
◇MHIヴェスタス、オランダ向け洋上風力新設で機器仕様が具体化
  −ボルッセレV・Wプロジェクト向け〜9.5MW設備を77基−
18/1/12
◇台湾・環保署、洋上風力開発8件のEIA承認済み〜開発本格化へ
18/1/12
◇カタール・高温排海水の海水淡水化実証事業、委託契約締結遅れ
18/1/10
◇中外炉工業、タイの溶融亜鉛めっきライン増設向け設備を受注
17/12/22
◇三井物産/BW、パキスタンのFSRU傭船事業で来年1月操業開始へ
17/12/22
◇三菱商事、タイの金属めっきライン増設計画向け設備を受注
  −新日鉄住金・豪企業合弁のNSBS傘下のタイ工場向け−
17/12/6
◇LNGカナダ、11月末にEPC入札を実施
  −日揮・千代田など4グループが応札−
17/12/6
◇三菱商事、マニラLRT1号線延伸で車両120台受注へ〜300億円
17/12/1
◇日本企業7社ら、サウジの大型海淡・下水新設事業3案件に関心
17/11/17
◇三菱商事、ベトナムのブンアン2石炭火力発電所をIPPで実施
  −事業費22億ドル〜新設1,200MWを2022年に運開−
17/11/17
◇三菱商事、マラウイの水力発電所18MW増設を約55億円で受注
17/11/15
◇「LNG2022年問題」に向けてLNGプラントの入札相次ぐ
  −千代田、日揮が受注に本腰−
17/11/15
◇三菱商事、台湾で洋上風力発電所の新設事業に参画へ〜数百MW規模
  −パートナー企業と開発覚書/日本企業で初めて関与が具体化−
17/11/15
◇三菱重工と三菱商事、NEDOからカタールの海淡実証事業を受託へ
  −RO膜の耐熱性能を確認−
17/11/2
◇総合商社7社、2016年度海外プラント成約実績は1兆2,413億円
  −前年度比4.4%増/5社が前年度実績比で増加−
   ■受注案件数〜機種・分野は電力/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備軸に対象拡大
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が影響
   ■ビジネストレンド対応の組織体制/グループ会社との連携推進
17/10/27
◇MHPS、サウジアラビアでガスタービンの組み立て工場を計画
17/10/25
◇JICA、インドで船舶解撤の環境改善を支援〜円借款85億円
17/10/20
◇三菱商事、2016年度の海外プラント業績〜成約額は約3,900億円
  −減額も大台堅持/アジアやウズベクで火力発電案件多数受注−
   ■海外プラント投資事業〜米国でガス火力・欧州で洋上風力
   ■2016年度「地球環境・インフラ事業G」業績〜19.9%減益
   ■海外電力投資事業で部門統合〜現地機能強化を図る
17/10/18
◇日立製作所、パナマのモノレール新設計画でメーカー選定に有力
  −2,800億円超の円借款を予定〜三菱商事も関心−
17/10/13
◇三菱商/日本郵船/JERAなど、豪州のLNG事業の操業を開始
  −JOGMEC・九州電力も参画〜年間890万トン生産へ−
17/10/13
◇バーレーン政府、アル・ドゥール2IWPP新設でPQ手続き中
17/9/13
◇フィリピン政府、マニラのLRT1号線延伸で車両120台の入札
 −日本の商社などを評価中〜日本タイドの円借款案件−
17/9/8
◇WEC、サウジの大型海水淡水化新設事業のPQ手続きを開始へ
17/9/1
◇JICA、ミャンマーのティラワ第2期開発で海外投融資の貸付
17/8/9
◇千代化/三菱商/三井物/日本郵船、水素サプライチェーン実証着手
  −ブルネイと川崎にプラント新設〜発電燃料で商用化へ−
17/8/9
◇川重/三菱商事、バングラの都市鉄道で車両と車両基地設備を受注
  −受注総額400億円〜車両144両など−
17/8/4
◇三菱商事他、英国で海底送電事業権を落札〜同国5件目の参画へ
  −2017年末頃に事業運営開始/資産規模262億円−
17/8/4
◇NEXI、ウズベクの肥料プラント建設関連向け追加保険引き受け
17/8/2
◇安藤ハザマ、スリランカ首都の国際空港で駐機場等の工事を受注
  −三菱商事・大成建設等はターミナルビル建設に応札−
17/7/26
◇三菱商/川重、バングラの都市鉄道で車両等の受注目指す〜応札中
17/7/19
◇三菱商事、スリランカの電力系統整備で応札準備〜3部門でPQ
  −住友電工と協力〜フジクラ・きんでん等と競合か−
17/7/19
◇LG化学、エジプトの海水淡水化プラント向けにRO膜受注
17/6/28
◇東芝、パキスタンで変電所の運転訓練シミュレータ受注/無償案件
17/6/2
◇マレーシア政府系企業、高速鉄道計画で土木設計を分割で発注
17/4/28
◇三菱商事、ロシアのVSWから鋼管製造設備を受注〜約100億円
  −中田製作所製の電縫管製造設備納入/2019年末まで順次稼働−
17/4/28
◇中部電力/三菱UFJリース、ドイツの海底送電事業に出資参画
  −洋上風力発電所向け〜三菱商事・現地送電会社が共同出資−
17/4/26
◇三菱商事、ミャンマーで病院運営の合弁設立〜300床を新設
17/4/19
◇三菱商事/蘭エネコ、ドイツで系統安定化サービス〜2017年末稼働
  −蓄電システム容量50MW〜NECが構築を担当−
17/4/14
◇JBICなど、ベトナムの石炭火力拡張にバイクレ〜NEXI付保
17/3/31
◇マレーシア・シンガポール政府、両国間の高速鉄道で年内入札へ
  −JR東/住商/三菱重/日立製/三菱商が新幹線の供給に意欲−
   ■入札支援の委託先を決定〜橋梁・トンネルなど土木設計も選定へ
17/3/16
◇JBIC他3行、インドネシアの500MWGTCC増設にバイクレ
  −154億円+3,700万ドル/NEXI付保〜MHPS機器購入−
17/3/16
◇千代田化工、長坂勝雄氏が会長/山東理二氏が社長に就任
  −6月下旬に就任/三菱商事執行役員の山東氏が社長に−
17/3/3
◇三菱商事/MHPSほか、ケニアで140MW地熱発電所の建設を受注
17/3/1
◇QP/三菱商事/トタルなど5社、パキスタンのLNG基地計画協力
17/2/17
◇MHPS、香港で火力発電所増設向けに350MWGTCCを受注
17/2/10
◇TTCL、タイMMAからタイのBMA・MAA増強のEPC受注
17/1/27
◇三菱商事ほか、インドで配電系統向け蓄電システムを実証運用
17/1/20
◇総合商社7社、2015年度海外プラント成約実績は1兆1,896億円
  −2社が前年度実績比で増加/全体は前年度比9.4%減−
   ■受注案件数〜機種・分野は交通・輸送/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備などに広領域化
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が散見
   ■組織・機能を適時整備/グループ会社との連携推進
17/1/18
◇電源開発、米国のガス複合火力新設で権益25%〜三菱商事も出資
17/1/5
◇日本の商社・石油開発会社など、ロシア石油・ガス会社と覚書締結
  −LNGを含めた石油・ガス分野などの協業推進を検討−
   ■三菱商事・三井物産がガスプロムとLNGなど協業加速検討
   ■丸紅がノバテクとLNGを含めた石油・ガスで協業検討
   ■丸紅・INPEX・JOGMECがロスネフチと探鉱へ
17/1/5
◇JERA、タイで工業団地内コジェネ設備の商業運転を開始
16/12/16
◇2015年度 円借案件の受注状況本体工事〜成約総額9,144億円
  −過去10余年間で最高額〜インドの貨物鉄道が全体の2割−
   ■地域別/南アジアが成約額の5割超〜東南アジアも増加
   ■国別/印と越が3年連続でトップ2〜ミャンマーが躍進
   ■分野別/輸送が10年連続首位〜鉄道が半数超
   ■案件別/大型案件が増加〜バングラの橋梁が926億円
   ■企業別/印ラーセン・アンド・ターブロが首位
   ■企業の本拠地別/日本の比率が拡大〜2位はインド
   ■日本からの調達比率が上昇〜JICAの年次報告書
16/12/16
◇三菱商事、オランダとベルギーで大型洋上風力発電所を新設へ
  −1GW超/蘭エネコらと協力〜MHIヴェスタス製機器採用−
   ■オランダ/ボルッセレ3・4洋上風力の事業権落札〜680MW
   ■ベルギー/ノーザー洋上風力事業に出資参画〜370MW
16/11/22
◇三菱商事/MHPS、ウズベクで900MWガス複合火力発電新設を受注
16/11/22
◇NEXI、タングーLNG拡張でエルエヌジージャパン向け付保
16/11/11
◇三菱商事/JPS他、スリランカで220kV架空送電線敷設工事を受注
16/11/9
◇三菱商事、加コルドバ・シェールガス権益などをペンウェストに譲渡
16/11/4
◇三菱商/西鉄/阪神/京急、ジャカルタ郊外で住宅・商業施設を開発
  −国交省主導ファンドのJOINも出資〜19haに1,000戸−
   ■JOIN、ミャンマーの都市開発も支援〜三菱商事/三菱地所
16/10/28
◇三菱商/丸紅/住商/JICA、ミャンマーのティラワ工業団地を拡張
  −周辺の橋梁新設に円借310億円〜日本工営が詳細設計受注−
16/10/26
◇JBIC他3行、インドネシアの800MWガス複合火力新設にバイクレ
  −融資総額317億円+4,500万ドル〜民間3行分にNEXI付保−
16/10/21
◇三菱商事/MHPS、ウズベクでガス複合火力熱電併給建設を受注
  −出力450MW/熱供給毎時200Gcal〜円借348.77億円供与−
16/10/21
◇三菱商事など3社、ガーナで送配電施設新設を40億円で受注
  −JICAが無償資金協力案件の入札結果公表−
   ■若築建設・北野建設・飛島建設等が20億円超の案件を各々獲得
16/10/21
◇三菱ガス化学、インドネシアで推進中のアンモニア製造事業に参画
16/10/19
◇三菱商事、アイルランドの電力取引・支援サービス会社に資本出資
16/10/6
◇GE、インドネシアのタングーLNG拡張向けコンプレッサー受注
16/9/23
◇三菱商事/日本郵船/SBM、米メキシコ湾沖向けFPSOで生産開始
16/9/20
◇PLN、インドネシアのムアラタワル発電所複合化で技術札を評価
  −日系4社含む10グループが応札〜ST・HTSG追設/650MW−
16/9/14
◇三菱商事・三井物産・丸紅・JFEエンジ等、ロシア企業と覚書
  −メタノール・地熱発電・LNG・ホウ酸・植物工場などを展開−
   ■日本政府は経済協力プランを提示〜ウラジオでフォーラム開催
16/9/9
◇ケニア電力公社、地熱発電所建設事業2件で元請け業者選定を推進
  −日本勢3グループが受注狙う〜出力140MW/80MW−
16/9/9
◇三菱商事/MHPS他、インドネシアの火力発電所増設向け設備受注
  −ムアラカラン増設/LTSAも締結〜GTCC発電設備500MW−
16/9/2
◇アフリカ開発会議、日本企業・団体の22者が覚書73件を締結
  −住商がモザンビークで火力発電2件/三菱商がケニアで太陽光−
16/8/19
◇三菱商事子会社、米国の分散型太陽光発電市場に参入〜積極展開へ
16/8/19
◇MHPS、中国の高炉増強計画向けにガスタービン発電設備を受注
16/8/17
◇千代田化工とサイペムなど、インドネシアのタングーLNG拡張受注
  −サイペムは沖合設備のEPCIも受注−
16/8/17
◇MHPS、台湾の化学工場増強向け蒸気タービン発電機受注
16/8/5
◇JOGMEC、インドネシア・タングーLNG拡張への債務保証
  −液化プラント・第3系列増設向け4.16億ドルの債務保証−
16/7/29
◇三菱商事、2015年度の海外プラント成約は6,600億円〜好調続く
  −カタールで都市鉄道の大型案件〜2016年度も同水準見込む−
   ■「地球環境・インフラ事業グループ」が約600人で取り組む
   ■海外IPPは持ち分で約4,500MW〜蘭の洋上風力など積み増し
   ■連結純利益は59%増の325億円〜来期は23%減の250億円見込む
16/7/29
◇マレーシア・シンガポール政府、両国間の高速鉄道建設で覚書
  −2017年に入札へ〜JR東日本など日系5社連合が狙う−
16/7/29
◇日本企業出資・参画の米LNG2プロジェクト、相次ぎ拡張計画
  −キャメロンは2系列増設/フリーポートは1系列増設−
   ■キャメロンLNG〜拡張分のFTA非締結国向け輸出許可
   ■フリーポートLNG〜第4系列の増設計画を検討
16/7/20
◇シンガポールで大型下水処理プロジェクトが計画中〜年内入札実施
  −統合廃棄物管理施設の建設も並行〜総事業費95億Sドル−
   ■地下トンネル下水処理システム第2期〜事業費65億Sドル
   ■統合廃棄物管理施設の建設〜事業費30億Sドル
16/7/20
◇LNGカナダ、LNGプロジェクトの最終投資決定を延期
16/7/8
◇JBICなど、インドネシア・タングーLNG拡張に対して融資
  −JBICは12億ドル限度の融資で日本企業連合を支援−
16/7/6
◇日本企業連合/BPなど、インドネシア・タングーLNG拡張決定
  −液化プラント・第3系列を増設/2020年中の生産開始予定−
   ■日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合がFEED
16/6/29
◇日本勢3グループ、ケニアの140MW地熱発電所EPCに応札へ
  −ケニアで複数の地熱発電所建設プロジェクトが進行中−
16/6/29
◇WP、CRPから加ガス処理設備計画の組み立て・建設を受注
16/6/22
◇MHPS/三菱商事、ウズベクの900MWガス火力発電所新設に応札
  −別の450MW発電所新設も入札評価続く〜円借款案件−
16/6/22
◇NEXI、カタールのドーハメトロ建設・保守で貿易一般保険
16/6/15
◇三菱商事/MHPS他、台湾の石炭火力発電所の改造工事受注
16/6/1
◇スリランカのセイロン電力庁、電力系統整備計画を各地で進める
  −韓・暁星が変電所を60億円で受注〜円借款で支援−
16/6/1
◇東芝、ベトナムのビンタン第4石炭火力発電所拡張向けに機器受注
16/5/20
◇三菱商事、豪州の都市交通システム建設・運営で事業権契約
  −キャンベラに12kmの路面電車〜総事業費560億円−
16/5/13
◇日本政府、パナマのモノレールに2,810億円の円借款を決定
  −中米で初〜三菱商事・日立製作所が関心−
16/4/22
◇三菱商事、米国の920MW級GTCC発電プロジェクトに出資参画
  −MHPSがガスタービンおよび発電機を各2基受注−
16/4/20
◇三菱商事/MHPS、ジャワ島でガス複合火力発電の受注を狙う
  −ムアラカラン発電所で500MW増設〜PLNが入札評価−
16/4/20
◇住友電工/三菱商事、カンボジアで交通管制システムを受注
16/4/6
◇JICA、スリランカの空港整備に円借454億円〜日本タイド
  −総事業費900億円〜2016年前半にも工事入札公示へ−
16/4/1
◇三菱商事/JPS他、スリランカの地中送配線敷設工事を受注
16/4/1
◇三菱商、蓄電システムをアジア・大洋州に展開〜AESと提携
16/4/1
◇ブラウズJV、豪ブラウズFLNG計画の推進を延期へ
16/3/30
◇OCグローバル等、ヤンゴン環状鉄道改修で基本設計を受注
  −円借248億円〜1周46kmの車両・信号を近代化−
   ■日立製/三菱商が先行で鉄道信号を受注済み〜無償案件
16/3/23
◇JBIC、三菱商事参画の蘭洋上風力発電事業に2.44億ユーロ融資
  −民間金融機関との協調融資総額は約4.43億ユーロ−
16/3/23
◇米カリフォルニア高速鉄道、新草案を提示〜先行区間等を変更
  −サンフランシスコ〜ロスアンゼルス間約800kmを連結−
16/3/17
◇三菱商事、ベトナムのビンタン第4石炭火力発電所の増設を受注
  −斗山重工などと/600MW増強〜発電所を総出力1.8GWへ−
16/3/9
◇三菱重工/三菱商事、シンガポールの空港で新交通システムを増強
16/2/26
◇フルア、カットバンクリッジから加ガス処理設備のEPCMを受注
16/2/24
◇ウッドグループ、豪ガス田開発のGWF−2向け詳細設計を受注
16/2/9
◇三菱商事、英国の水事業会社へ25%出資〜給水人口160万人
  −民営化先進国でノウハウ獲得〜技術導入で収益強化−
16/2/5
◇三菱商事、豪州の都市交通システム建設・運営事業で優先交渉権
  −キャンベラに12km・13駅〜総事業600億円−
16/1/27
◇MHPS、香港火力発電所増設向け350MWGTCC発電設備を受注
16/1/22
◇JBIC等、カタールの発電・海淡事業で融資契約〜計25億ドル
  −東電/三菱商事が出資・運営〜2,400MWと59万m3/d−
16/1/22
◇LNGカナダ、OGCからLNGプロジェクトの建設・操業許可を取得
16/1/20
◇PLN、ムアラカラン火力発電所増設でEPC入札の評価進める
  −ガス複合500MW〜三菱商事・MHPS・住商・丸紅等が参加−
16/1/20
◇EGAT、サウスバンコク火力発電所増設でEPC入札を評価
  −ガス複合1,200MW〜三菱商・MHPS・住商・丸紅等−
16/1/15
◇台湾電力、既設石炭火力発電所で環境対策工事〜550MW×4系列
  −三菱商事/MHPS、丸紅などが応札し評価中−
16/1/13
◇MHPS/三菱商事、ウズベクのガス複合火力発電所新設に応札
  −ナボイ発電所に431MWを増設〜円借348億円−
16/1/13
◇MHPS/三菱商事、インドネシアの880MWガス火力発電所を受注
  −ジャワ島で火力発電所増設2案件が後続〜2016年内に発注か−
16/1/6
◇NEXI、ヨルダンの52.5MW太陽光発電計画向け海外投資保険引き受け
16/1/6
◇サハリン・エナジー、露サハリン2のLNGプラント増設で設計に着手
16/1/6
◇日立造船、カタール向けの海水淡水化プラントの建設工事を完工
15/12/22
◇総合商社7社、2014年度海外プラント成約実績は1兆3,138億円
  −4社が前年度実績比で増加/全体は前年度比26.2%減−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■電力・輸送・エネルギー・化学などの大型受注
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■事業別の組織・機能整備/グループ会社との連携戦略推進
15/12/22
◇三菱商事と三井物産参画のNWS、豪ガス田開発・GWF−2のFID
  −総投資額20億ドル/2019年後半の生産開始を予定−
15/12/22
◇MCO/三菱商事、ブラジルにコンプレッサの拡販営業拠点を設立
  −FPSO向けを中心に展開/現地製造拠点の構築も視野に−
15/12/11
◇JBIC/NEXI、ウズベクの肥料関連プラント建設を支援
15/11/25
◇2014年度 円借案件の受注状況本体工事〜44%減の4,941億円
  −印などで大型案件に乏しく〜対象国は23カ国へ拡大−
   ■地域別/東南アジアと南アジアが減少〜中東が大幅増
   ■国別/ベトナムが3年ぶり首位〜案件数は印がトップ
   ■分野別/運輸が9年連続トップも63%減少〜水関連が増える
   ■案件別/越の地下鉄が349億円で首位〜1,000億円超の案件なし
   ■企業別/日本企業は清水建設がトップ〜前田建・東亜建が続く
   ■企業の本拠地別/日本企業の成約額は22%に減少〜印が2位
   ■現地通貨の調達比率が上昇〜JICAの年次報告書
15/11/19
◇三菱商事/千代化、ポルトガルの25MW洋上風力発電に各20%出資
  −浮体式を採用〜総事業費160億円を組成中−
15/11/11
◇東電、カタールの発電・海水淡水化事業で出資比率を10%へ拡大
  −EPC総額24億6,500万ドル〜発電設備は独シーメンス−
15/10/28
◇WP、三菱商事・エンカナ連合から加ガス処理設備計画向け業務受注
15/10/28
◇SBM、豪ブラウズFLNG計画向け係留設備のFEEDを受注
15/10/21
◇三菱商事、フィリピンのルソン島で81MW風力発電所に20%出資
15/10/21
◇三菱商事、フィリピンで工業団地の開発に着手〜総事業費110億円
15/10/14
◇三菱商事/MHPS、ジャワ島のガス火力発電2件でEPCに応札
  −ガス複合の800MWと500MWを新設〜既設で受注実績−
15/10/2
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、土木・システム整備で調達に着手
  −先行開業区間が対象〜川崎重工らが関心表明−
15/10/2
◇クウェート政府、IWPP2件の事業権入札でPQ結果を発表
  −丸紅・三菱商・三井物・住商等が通過〜2016年1月締切−
   ■住商など出資の大型IWPPが建設中〜JBICが融資
15/10/2
◇JBIC/民間銀行他、伯沖油田開発のFPSO傭船事業向け融資
15/9/11
◇三菱商/三菱重、シンガポールで下水処理の実証プラントを受注
15/9/11
◇三井石油開発、ミャンマーで探鉱権益を取得〜2鉱区で各10%
15/9/9
◇タイ発電公社、1,200MWガス火力発電所のEPC入札を締め切る
  −三菱商事/MHPS・丸紅/シーメンス・住商/GEが応札−
15/9/4
◇三菱ガス/三菱商事/三菱重工、トリニダードのメタノール計画前進
  −現地企業との共同推進/JBICと三菱東京UFJ銀が融資−
15/8/21
◇タイ発電公社、800MW石炭火力発電所で入札締切〜丸紅など2G
  −ガス火力発電所新設を9月締切予定〜1,200MW×2カ所−
15/8/7
◇総合商社〜コーディネート力を武器にメタノールへ攻勢
  −中国需要は2020年に7,000万トンへ/各社が投資活発化−
   ■原料調達〜製造〜販売までのバリューチェーン構築
   ■東南アジア・中東・北中米で事業参画/新規投資も積極推進
   ■拡大するメタノール需要〜年率約5%で伸長拡大する中国市場
   ■化学品およびエネルギー需要も着実に増加
   ■伊藤忠商事〜大堀氏に聞く/ブルネイで設備増設を視野
15/8/7
◇三菱商事、インドで年産300万トンの熱間圧延設備受注〜500億円
  −プライメタルズがプラント供給〜日立が電機品担当−
15/7/31
◇三菱商事、2014年度の海外プラント成約は25%増の6,600億円
  −トルクメで13億ドルの肥料製造施設〜交通も大型2件−
   ■EPCと事業投資を両輪に推進〜三菱商事マシナリと連携
   ■LNG・港湾ターミナル・FPSOに投資先を拡大
   ■海外IPPは持分で約4,200MW〜ドバイの水事業会社を買収
   ■連結純利益は26%増の204億円〜来期も18%増益見込む
15/7/29
◇三菱重工/三菱商事、ウズベキスタンで肥料関連プラントの受注決定
  −ナヴォイアゾット向けにEPCC契約を約9億ドルで受注−
15/7/29
◇NEXI、三菱商事と日本郵船が参画の伯沖向けFPSO傭船で付保
15/7/22
◇三菱商事/日本郵船、米メキシコ湾沖・油田向けFPSO傭船参画
  −SBMの案件に参画/シェルのストーンズ油田開発向け事業−
   ■三菱商事と日本郵船〜FPSO傭船事業を拡大
15/7/22
◇三菱商事/ブル・エナジー、豪ウンガニ油田で原油の商業生産〜増産も
15/7/16
◇ワンサブシー、豪ブラウズFLNG向け海底生産システムのFEED
15/7/8
◇三菱商事、ミャンマーで石炭火力IPPの新設を検討〜300MW×2
  −ヤンゴン西方で輸入炭活用〜高効率の日本製機器を採用−
15/7/8
◇テクニップ/サムスン重工、豪ブラウズFLNG計画を受注
15/6/26
◇ガスプロム/シェル、露サハリン2でLNGプラントの増設で合意
15/6/24
◇英国政府、差額決済契約制度で再生可能エネ発電事業の融資支援
  −初の入札で洋上風力2案件を選定〜売電収入を安定化−
   ■外資100%で参加可能〜英国内の調達率を入札前に審査
   ■2015年内に第2回目の入札〜2020年までに3兆円以上の投資
   ■丸紅や三菱商事が事業投資で実績〜三菱重工は風車の工場を新設
   ■グリーン投資銀行が洋上風力発電ファンド〜稼働中の事業に投資
15/6/24
◇ロッテ/Axiall、米エタンクラッカー計画で合意〜レイクチャールズに
15/6/12
◇オマーン政府、計3,200MWの新規ガス火力IPPで事業権入札へ
  −北部の2カ所に新設〜8月1日締切を予定−
15/6/10
◇タイ電力公社、1,200MWガス火力発電所の入札を7月1日締切
  −800MW石炭火力発電所の入札は7月22日締切を予定−
15/6/5
◇三菱商事、トルコ企業と連携しトルコや中央亜でエネ事業を拡大
15/6/3
◇三菱商事〜TTCL、カタールの海水淡水化を受注〜4億ドル超
15/5/27
◇三菱商事/東電、カタールの発電・海水淡水化事業で売水・売電契約
  −総事業費3,000億円強〜EPCは日立造船と韓サムスン物産−
15/5/20
◇日立製作所と三菱商事、ミャンマーで鉄道信号システムを受注
15/5/15
◇NEXI、ミャンマーの空港運営で三菱商事とJALUXに保険
15/4/28
◇スリランカの電力系統整備計画、計4部門で入札を予定〜円借
  −日本の商社やメーカー各社が応札を準備−
15/4/28
◇JICA、モンゴルの新ウランバートル国際空港に第2期円借款
15/4/22
◇第3回国連防災世界会議〜日本と参加国の首脳・閣僚級会談が実施
  −日本のプラント・インフラ関連の協力・売り込みの場にも−
   ■首脳会談〜タイ・カンボジア・ケニア・トルクメ
   ■閣僚級会談〜シンガポール・マレーシア・ケニア・マラウイ
15/4/15
◇三菱ガス化/三菱商事/三菱重工、トリニダードのメタノール計画推進
  −投資額は約10億ドル/三菱重工がプラントのEPCを受注−
15/4/15
◇エリオット、米キャメロンLNG計画向けコンプレッサーを受注
15/4/1
◇Jパワー/三菱商事/MHPS、スリランカで石炭火力発電を検討
  −高効率の亜臨界圧で300MW×2系列〜NEDOが支援−
15/3/25
◇千代田化工と三菱商事、フィリピンで新ボホール空港の建設を受注
  −受注額110億円〜太陽光発電等導入の環境配慮型空港−
   ■フィリピン政府は空港のO&Mを民間委託の方針
15/3/20
◇豪州・キャンベラのLRT建設、事業権入札でEOIの評価完了
  −PPP案件〜日本企業参加の2陣営に入札参加資格−
15/3/18
◇トーヨータイ〜三菱商事、タイで110MW熱電併給所新設を受注内定
15/3/11
◇ミャンマー南部で5,000MW級の火力発電基地を構想〜タイに輸出
  −三菱商事と東電が出資の泰エグコが事業化調査を進める−
15/3/6
◇三菱商事、豪とNZで水事業を拡大〜豪子会社が35施設の権益取得
15/3/4
◇CLNG、米国キャメロンLNGプロジェクトの拡張を計画
  −2系列のLNGプラントを増設/関係当局に許可申請へ−
15/2/25
◇カタールのドーハメトロ建設、三菱重工らが鉄道システムを受注
  −日立らとの5社連合で内示獲得〜受注総額4,000億円規模−
15/2/18
◇エアー・プロダクツ、米キャメロンLNG計画向けLNG技術・設備受注
15/2/13
◇豪ACT政府、キャンベラの都市鉄道建設プロジェクトで延伸計画
  −日本企業が関心寄せるPPP案件〜3.2kmの延伸を検討−
15/2/13
◇日本政府、モンゴルの新ウランバートル国際空港建設に追加円借款
15/2/6
◇日本政府、エジプトの配電と空港に円借款を表明〜計430億円
  −安倍首相が中東歴訪−
   ■中東全体で新たに25億ドルの支援を表明
   ■エジプトで59億円の灌漑整備に円借供与へ〜太陽光発電も検討
   ■ヨルダンで太陽光発電2件を署名〜三菱商事と三井物産が出資
15/2/4
◇三菱商/タカオカエンジ/岩田地崎建、タンザニアで送配電網40億円受注
15/1/7
◇JBIC/民間銀行、インドネシアと米国のLNG計画向けに融資
  −NEXIが民間金融機関の融資に対して保険を付保−
   ■ドンギ・スノロLNG〜総額15.27億ドルの協調融資契約
   ■フリーポートLNG〜総額38.5億ドルの協調融資契約
15/1/7
◇MHPS、韓国の熱電併給所新設向けにJ型ガスタービンを受注
14/12/24
◇豪州・キャンベラのLRT建設、事業権入札に4陣営が関心表明
  −日本から商社等3社が参加〜入札要請に向け選考中−
14/12/17
◇日本錬水、インドネシアで塩水2次精製装置を受注〜アサヒマス向け
14/12/3
◇横河電機、LNGカナダの制御担当会社に選定〜FEED受注
  −生産制御や安全計装のシステムも受注へ−
14/11/26
◇エリア・国別注目プロジェクト総点検E〜アフリカ
  −商機拡大とリスクが内在/官民一体が商機のカギ−
   ■エジプトとチュニジア〜政権安定軸に商談回復に期待
   ■アンゴラ〜戦後復興案件に商機/日本企業の活動も活発化
   ■ケニアとエチオピア〜地熱発電所などのインフラ案件が注目
   ■タンザニア〜豊富な天然ガスベースのエネルギー・産業展開
   ■モザンビーク〜ガス・石炭など豊富な資源に魅力/投資計画も多数
   ■南アフリカ〜1兆円超の老朽鉄道車両更新計画
14/11/20
◇日本政府、ミャンマーに円借3件供与を事前通報〜計258億円
  −ヤンゴン周辺をインフラ開発−
   ■ティラワ工業団地は250haの第2期を実施へ〜第1期の販売好調
   ■ダウェー開発計画を日・ミャンマー・タイの3国で協議再開
14/11/20
◇三菱商事とJALUX、ミャンマーのマンダレー国際空港を運営
  −30年間の事業権を取得〜運営開始は2015年3月の予定−
14/11/20
◇月島機械、インドネシアで塩化ビニル設備増強向け環境対策設備を受注
  −アサヒマス・ケミカルの計画で子会社のTSKEが現代から受注−
14/11/20
◇JBIC/民間銀行、トルクメの肥料設備で融資〜NEXIも付保
14/11/20
◇CLNG、米キャメロンLNG計画の建設着手〜100億ドル規模
14/10/24
◇BPなど、インドネシアのタングーLNG拡張でFEED着手へ
  −日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合に発注−
14/10/22
◇三菱商事、豪州の原料炭事業で新規炭鉱を開山〜年産550万トン
14/10/9
◇総合商社7社、2013年度海外プラント成約実績は1兆8,205億円
  −前年度比51.2%増/4社が前年度実績より大幅増加−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■機器販売・EPCのグループ会社シフト/事業別の組織・機能整備
14/10/9
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、車両調達で関心表明書を募集
14/9/26
◇三菱商事、2013年度の海外プラント成約実績は大幅増の5,300億円
  −電力とアジアの大型案件を中心に受注重ねる−
   ■電力〜アジアの火力発電所やSPP案件などで受注
   ■火力と再生エネで発電資産保有/欧州送電事業も注力
   ■交通関連・水〜鉄道・空港・港湾・水で広く事業展開
   ■プラント・エンジ関連〜FPSO・化学・製鉄などに注目
   ■地球環境・インフラ事業Gに3事業本部体制
14/9/26
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、土木2工区目でコンサル決定
14/9/17
◇DOE、米キャメロンLNG計画でFTA非締結国向け輸出最終許可
14/9/3
◇JICA、タンザニアの送配電網に無償44億円〜変圧器等を調達
14/8/22
◇三菱商事/三井物産/日本郵船、米キャメロンLNG計画でFID実行
  −米仏企業とともに決定/総投資額100億ドル/2018年に商業生産−
   ■日米仏の有力企業がプロジェクトに参画
   ■各社の関連事業強化〜日本の電力・ガス会社が購入
   ■JBICと日本の民間金融機関などが74億ドルのファイナンス
   ■千代田化工とCB&Iが共同でEPCを受注・遂行
14/8/20
◇三菱商事/三菱重工/GAP、トルクメで肥料関連プラントの受注決定
  −トルクメンヒミヤからEPCC契約を受注/約13億ドル−
14/8/8
◇BPなど、インドネシア政府からタングーLNG拡張でAMDAL承認
14/8/1
◇三菱商事、コロンビアで港湾運営に参画〜年間貨物量650万トン
14/8/1
◇MHPS、インドネシアの火力発電所O&Mを拡充〜合弁も検討
14/7/25
◇三菱商事、南豪州に軽油輸入基地を建設〜豪の軽油事業の参入に対応
  −ボナイゾン港に建設/2016年に稼働/現地企業に操業委託−
14/7/23
◇三菱商事/三菱重工、ドバイの総合水事業会社へ38.4%出資
  −共同で海外展開を加速〜JBICが資金調達を支援−
14/7/23
◇東芝、越の石炭火力発電所で蒸気タービン発電機受注〜1,200MW
   ■JBIC/三菱東京UFJ銀がバイクレ〜三菱商事等の購入支援
14/7/17
◇FERC、米国でキャメロンLNG計画の建設・操業を許可
14/7/11
◇三菱商事、ヨルダンで52MWの太陽光IPPを新設〜35%出資
14/7/4
◇JBIC、ペルーのケジャベコ銅鉱山開発で三菱商事に協調融資
14/6/25
◇三菱商事、トルコのイスタンブールで地下鉄車両を受注〜160億円
14/6/20
◇カタールの造水・発電プラント新設、事業権に4グループ応札
  −2,400MW・130migd〜三菱商・住商・丸紅・東電・中電等−
14/6/20
◇サウジのアクワパワー、三菱商から現地IWPPの権益6%買収
  −住商とはアブダビのIWPP権益20%買収で交渉−
   ■住商は海外発電アセットで持分1万MWめざす〜既存から倍増
   ■アクワは5年後に総量3万8,000MWを目標〜現状の2倍以上
14/6/6
◇住商/富士電機、スマトラ島の地熱発電所新設を落札〜110MW
  −インドネシア各地で地熱発電所商談が進展−
14/5/16
14/5/9
◇三菱商事/シェル/KOGAS/CNPC、LNGカナダ計画で合弁契約
  −4社で合弁契約締結/年1,200万トンのLNGプラントを建設−
14/5/7
14/5/7
14/4/18
14/4/16
14/3/28
14/3/20
◇千代田/CB&I、米キャメロンLNG向けEPC受注〜6,000億円相当
  −千代田インターナショナルとCB&IのJVが受注−
14/3/20
◇スリランカの送電網整備、日本勢2グループ応札〜円借95億円
  −三菱商/JPSと伊藤忠/きんでん〜低損失技術を活用−
14/3/14
14/3/7
◇日揮など、マレーシアでLNGプラント能力再生プロジェクトを受注
  −日揮・JGCマレーシア・シナリッツ連合がMLNGデュアから−
14/2/28
◇三菱商事、ジャワ島の地熱発電IPPを60MW増設へ〜20%出資
  −蒸気の調査完了〜年内にプラントの発注先選定を予定−
14/2/14
◇スマトラ島の地熱発電所新設、3月4日に入札締切を予定〜55MW
  −住商〜富士電、丸紅〜東芝、三菱商〜三菱重が応札か−
14/2/14
◇DOE、米キャメロンLNG計画でFTA非締結国向け輸出を許可
  −2017年後半の生産・輸出開始に向けてプロジェクトを推進−
14/1/30
◇スマトラ島のウルブル地熱発電所新設、3月頃に発注先決定か
  −日本勢3グループを評価中〜2基×55MW−
14/1/24
◇タイの揚水発電所増強、5グループが応札し評価中〜500MW新設
  −住友商事/東芝、三菱商事/日立三菱水力など−
14/1/17
14/1/8
◇三菱商事、ベトナムの石炭火力発電所新設を受注〜1,200MW
  −斗山重工等と1,400億円〜タービン発電機は日本製−
14/1/8
◇インドネシアのジャカルタMRT建設、車両・システムでPQ完了
  −STEP円借款供与案件〜総延長15.2kmの都市鉄道建設−

前年のページへ
翌年のページへ

※掲載記事の無断転載を禁止します。
著作権は(株)重化学工業通信社に帰属します。
Copyright (C) The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved