企業別記事索引

  ◆ 双日

23/8/25
◇双日など、バングラ首都近郊の空港運営に参画を検討〜PPP案件
  −日本空港ビル〜成田国際空港〜住商〜JALUXと共同−
23/8/23
◇サウジのタイバ・カシムのガス火力IPP、事業権入札締め切り
  −総発電出力7,200MWのガス火力発電所建設・運営事業−
23/7/12
◇三菱重工、ウズベクのガス火力発電計画向けガスタービンを受注
  −双日・九電子会社など参画のシルダリヤ2ガス火力発電向け−
23/6/14
◇サウジのタイバ・カシムのガス火力IPP、事業権入札7月締切へ
  −総発電出力7,200MWのガス火力発電所建設・運営事業−
23/5/26
◇総合商社7社プラント関連部門の通期決算、6社増益・全社黒字
  −IPPなど投資ビジネス軸に堅調〜EPC機能も存続−
   ■伊藤忠商事/北米電力好調で35%増〜欧・中東でごみ発電を展開
   ■住友商事/国内の電力燃料価格高騰で37%減〜海外IPPは堅調
   ■双日/インフラヘルスケア本部13%増益〜印で鉄道EPC受注
   ■豊田通商/ユーラスエナジーを完全買収〜アフリカで海淡EPC
   ■丸紅/電力が黒字化〜インフラプロジェクトはFPSOが貢献
   ■三井物産/海外IPPが減益〜FPSO・ガス配給が増益
   ■三菱商事/フィリピン鉄道向けEPC大型受注
23/5/17
◇ラオス民間航空局、ビエンチャン国際空港を拡張・補修〜無償検討
23/4/5
◇韓・斗山エナビリティー、ウズベクのガス火力向け蒸気タービン
  −双日・九電子会社など参画のシルダリヤ2ガス火力発電向け−
23/3/29
◇JBIC〜邦銀など、ウズベク・ガス火力発電に8億ドル強融資
  −双日・九電子会社など参画のシルダリヤ2ガス火力発電向け−
23/2/17
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は4月締切へ
23/2/10
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電、現地当局から現在も承認待ち中
23/2/8
◇サウジ・タイバおよびカシムの2ガス火力IPP、PQ通過企業発表
  −JERA、丸紅、関電、住商、双日、アクワパワーなど23社通過−
23/1/27
◇サウジのタイバおよびカシムの2ガス火力IPP計画、再入札へ
  −総発電出力7,200MWを4案件に分割、6月に事業権入札締切−
23/1/20
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は2月締切へ
23/1/11
◇サウジのタイバおよびカシムの2ガス火力IPP計画、再入札へ
  −CCSシステム併設型に変更/1月中にも入札公示−
23/1/5
◇インド高速鉄道公社、車両基地工事で入札を公示〜4月26日締切
22/12/21
◇サウジ・ガス火力タイバIPP入札、アクワパワー〜TAQAが応札
22/12/21
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は来年実施へ
22/12/9
◇ウズベク・シルダリヤ2ガス火力発電事業、来年にも着工へ
22/12/7
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電計画、政府による早期承認に期待
22/12/7
◇双日〜L&R、インド高速鉄道の車両基地工事を受注〜630億円
22/11/16
◇双日、インド高速鉄道で日本製機器を調達へ〜印L&Tに協力
22/11/9
◇サウジ・ガス火力IPP、入札へ〜タイバが11月、カシムが12月締切
22/10/28
◇シンガポール・セムコープ、日本政府・企業と戦略的協力
  −低炭素水素イニシアティブで、JBIC・IHIなどと−
22/10/19
◇UAE・アブダビのごみ発電計画、事業権入札は12月7日締切へ
22/10/14
◇ネシア・タングーLNG・CCUS、FEED商談は日本勢が見送りか
  −日本勢にとっては、CO2回収と配管設備が主要設備−
22/9/30
◇インド高速鉄道、2023年度に日本企業に新幹線システム発注へ
  −車両・レール・通信・信号などで入札を順次実施予定−
22/9/15
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電計画、政府のFS承認待ち続く
22/7/20
◇ウズベク・シルダリヤ2ガス火力発電事業、着工へ向け準備推進
22/7/20
◇双日など3社、カンボジア・超高圧変電設備の建設工事を受注
22/6/24
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電、政府のFS承認は今年後半へ
  −2,000MW規模のガス火力発電所建設・運営プロジェクト−
22/6/22
◇ネシア・タングーLNG向けCCUS事業で入札へ
  −ITBを発行、日揮グローバル、千代田などが関心−
22/6/10
◇サウジ・タイバガス火力IPP、事業権入札締切は10月へ延期
22/5/27
◇総合商社7社の2021年度決算、プラント部門は5社が増益
  −IPPなどが堅調に推移〜再生可能へのシフト進む−
   ■伊藤忠商事/北米IPP好調〜ドバイの廃棄物事業が契約発効
   ■住友商事/海外IPP・IWPP堅調で黒字化〜中国の水事業拡張
   ■双日/トルコ病院・海外IPPが安定〜ミャンマー通信で損失
   ■豊田通商/インドネシア国際港運営に着手〜アフリカの海淡狙う
   ■丸紅/台湾発電所EPC等で再び赤字に転落〜新規投資活発
   ■三井物産/タイ火力IPPとメキシコFPSOが操業開始
   ■三菱商事/海外発電資産で売却益〜鉄道EPCで大型2件受注
22/5/11
◇ウズベク・シルダリヤ2ガス火力発電事業、着工へ向け準備開始
22/3/30
◇双日〜九電〜EDF〜ネブラス、ウズベクのガス火力発電事業獲得
  −1,600MWシリダリヤ2IPP/2025年末〜2026年初の運転予定−
   ■蘭ストーンシティエナジーもガス火力発電所を建設へ
22/3/16
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電計画、今春以降の政府承認見通し
  −EDF〜パシフィック〜双日〜九電が計画−
22/3/11
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電計画、事業者選定へ商談中
22/2/16
◇九州電力、ウズベクのシリダリヤガス火力発電事業参画目指す
  −九電子会社がEDF〜双日〜ネブラス連合と合弁会社設立へ−
22/2/10
◇UAE・アブダビのごみ発電事業、近く事業権入札へ
22/1/12
◇サウジ・タイバガス火力IPP、事業権入札のRFQ待ち
22/1/6
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電、2022年に政府承認の可能性
  −EDF〜パシフィック〜双日〜九電が計画中−
21/12/22
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電、来年後半までに事業権入札決着へ
21/12/17
◇アラムコ、サウジ・ジャフラコジェネ事業権入札は来年2月に延期
21/12/10
◇サウジ・タイバガス火力IPP、事業権入札企業の審査中
21/12/8
◇UAE・アブダビのごみ発電、HZIや伊藤忠、丸紅、双日などPQ
21/12/3
◇サウジ・タイバガス火力IPP、事業権入札EOIに26社が提出
  −JERA、丸紅、双日、関電、韓国電力公社など−
21/11/24
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電IPP、各陣営の入札価格発表
  −EDF〜双日〜ネブラスが最低価格提示/パワーチャイナが2番−
21/10/29
◇ネシア・タングーCCUS設備は入札告示待ち
  −日揮グローバルなどが関心−
21/10/29
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電IPP計画、3グループが応札
  −アクワパワー、EDF〜双日〜ネブラス、パワーチャイナ−
21/10/29
◇日〜露〜欧州の北極海横断光海底ケーブル計画、再開の目処立たず
21/10/22
◇フィリピン南北通勤鉄道の特急車両調達、3グループが応札
  −三菱商事〜CAF、丸紅〜シュタッドラー、双日〜川重−
21/10/15
◇双日、バングラの臨海工業団地開発で調査〜海外投融資を活用へ
21/10/1
◇ネシア・タングーLNGプロ向けCCUSは来年半ばからFEED
  −8月にSKK Migasが事業承認−
21/9/24
◇インドネシアPLN、工業団地で国立データセンター建設を計画
21/9/10
◇九州電力と双日、中東の既設IWPPプロジェクトに相次ぎ参画
  −安定収益が期待される中東の既設IWPPに日本企業が関心−
   ■九電がUAEとバーレーンの既設IWPPに出資
   ■双日、UAEのミルファIWPPに20%出資・参画
   ■サウジとクウェートの公営発電・海水淡水化事業民営化へ動き
21/9/10
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電、具体化へ政府承認待ち続く
21/9/8
◇台湾で始まった洋上風力発電プロジェクト「フェーズ2」
  −無視できない、洋上風力発電計画のアジア地域との連動−
   ■欧州デベロッパーが活躍した台湾「フェーズ1」
   ■「フェーズ2」では新規デベロッパーが参入狙う
21/9/3
◇サウジARAMCO、コージェネ設備の入札延期
  −ジャフラー向けプロジェクトで12月2日に−
21/8/20
◇アラムコ、サウジ・ジャフラコジェネ事業権再入札は12月締め切り
  −来年に優先交渉者・契約締結へ−
21/8/6
◇アラムコ、サウジ・ジャフラコジェネプロジェクトは再入札へ
21/7/28
◇SWPC、サウジ・ラービグ4IWPのEOI提出企業を発表
  −JERA、丸紅、双日、メティートなど39社がEOI提出−
21/6/25
◇サウジARAMCO計画のJafrahガス処理設備、再入札へ
  −昨年10月に入札実施も、評価に時間−
21/6/25
◇アラムコ、サウジ・ジャフラコジェネプロジェクトを再開へ
21/6/11
◇双日〜ENEOS、豪州・クイーンズランドに太陽光発電所建設
21/6/4
◇サウジのラス・ムハイサンIWP、入札PQの通過企業発表
  −丸紅、アクワパワー、アクシオナなど10グループが通過−
   ■ラービグ4IWPも6月30日に入札EOI締切
21/5/7
◇双日、UAEのミルファガス火力発電・海水淡水化事業に20%参画
21/3/26
◇タイTTCL、出光からブラックペレット生産プラントを受注
  −試験プラントに続き、現地パートナーとして事業を支援−
21/3/12
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電計画、政府からの承認待ち中
21/3/12
◇双日、北米の貨車リース事業会社の株式100%取得〜3社目
21/3/12
◇双日、豪州の病院施設運営で事業権を獲得〜総事業費1,260億円
21/2/3
◇双日、海外の病院運営事業を拡大へ〜トルコで巨大病院を開業
  −豪州で事業権の優先交渉中〜カタールでも応札−
   ■豪州・中東・北南米を重点地域
21/1/15
◇インドの貨物専用鉄道西回廊、一部区間が開業〜調達は完了
21/1/13
◇サウジのラス・ムハイサンIWP、44社がEOIを提出
  −双日、丸紅、GSイニマ、アクワパワーなど−
20/12/9
◇サウジ・NCP、大型海淡・火力発電の民営化入札でPQ申請受領
20/9/30
◇北極海横断光海底ケーブル、双日など日系6社がアライアンス参画
20/8/21
◇総合商社のプラント事業、IPPなど長期案件中心に収益確保
  −EPCは低調〜成約額が最盛期の1割未満−
   ■通期連結決算は堅調に推移〜三菱商事が黒字化
   ■ミャンマー市場が活況〜大型インフラ事業に商社が共同出資
   ■電力分野/火力から再生可能へのシフト転換に各社が尽力
   ■鉄道EPC案件が大型化とともに増加〜住商は完全子会社と連携
20/7/1
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電所建設計画、政府承認待ち中
20/7/1
◇双日、ミャンマー・全国基幹送変電整備U向け変電設備建設を受注
20/5/8
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −事業権入札は8月27日を予定−
20/4/17
◇双日〜JOIN、カナダ鉄道車両メンテ企業の株式100%取得
20/3/27
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再度延期
  −事業権入札締切は4月30日を予定−
20/3/6
◇ベトナム・ソンミ1ガス火力発電所建設、政府承認待ち続く
20/3/4
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再延期
  −事業権入札締め切りを今年4月2日に変更−
20/2/26
◇サウジの下水処理事業2案件、丸紅・双日等60社超が関心表明
20/1/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札で評価中
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
20/1/31
◇中東のIWP・IWPPの海淡プロジェクト、活況続く
  −事業権入札も相次ぐ/日本企業の商機も期待−
   ■世界の海淡の約4割が中東/RO膜プラントが主流へ
   ■サウジ〜ヤンブー4・ジュバイル3のIWPが相次ぎ事業権入札へ
   ■オマーン・UAE〜オマーンのアルグブラ3・IWPが入札中
   ■カタール・バーレーン・クウェート〜IWPPが具体化へ
   ■日本企業の商機拡大に期待
20/1/29
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −入札締め切りを今年3月12日に変更−
19/11/27
◇双日〜NTTコム〜NEC、ミャンマーで基幹通信網の増強を受注
19/11/20
◇双日、バングラデシュの大型臨海工業団地で本格的なFSに着手
  −初期投資額5億ドル超〜世界銀行等が支援−
19/10/25
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札を実施
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
19/10/25
◇EDF〜双日〜九電など、ベトナム・ガス火力発電は政府承認待ち
19/10/10
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPP入札は来年実施
  −来年2月の締切予定−
19/9/27
◇タイTTCL、トルクメニスタン向けりん酸肥料プロを受注へ
  −年内に正式契約を期待−
19/9/27
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権締切は10月16日へ再延期
19/9/25
◇ミャンマーの全国基幹送変電整備U、本体商談が11月まで決着か
19/9/4
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権入札は10月実施へ
19/8/9
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備U、変電設備の商談は評価中
19/8/2
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPを再検討へ
19/7/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札は10月に延期
  −日本企業などのPQ通過企業が応札へ−
19/7/19
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札でカンファレンス開催
  −9月締切で入札実施/日本勢などPQパス企業が応札へ−
19/7/19
◇サウジ政府、ジュバイル3計画をIWPに変更〜発電事業が焦点
19/7/19
◇総合商社各社、アフリカビジネスの潜在に期待も債務に不安
  −資源開発から消費市場へと転換〜8月にTICAD7開催−
   ■火力・地熱発電で実績/無電化地域の分散電源事業が各地で始動
   ■モザンビークで複合的な資源・インフラ開発事業が進展
   ■第三国企業と各社連携/豊通はフランス商社と大陸全域に展開
   ■課題も指摘/債務・物価高・基礎教育など
   ■官民の参加でアフリカビジネス協議会を設立
19/7/17
◇カタールのファシリティE・IWPP、入札公示は7月以降
19/7/5
◇サウジのジュバイル3海水淡水化、事業権入札のPQを公示
19/7/5
◇総合商社7社、2018年度海外プラント成約は46%減の5,195億円
  −2社が成約ゼロ〜決算は総じて堅調−
   ■丸紅/69%増の1,687億円〜台湾で火力発電・バングラで鉄道
   ■三菱商事/44%減の1,233億円〜電力の実績は非公表
   ■住友商事/総計955億円〜トルクメ・比・ミャンマーで大型案件
   ■豊田通商/計820億円〜アンゴラなどアフリカで案件獲得
   ■双日/約500億円を成約〜オマーンのIWPPが貢献
   ■伊藤忠商事/EPCの成約ゼロ〜投資ビジネスの比重高まる
   ■三井物産/2年連続で成約なし〜各地で海洋案件に大型投資
19/6/12
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備U、本体工事が入札・商談中
  −三菱商事が送電線の受注有力/変電設備は技術評価中−
19/6/7
◇三井住友〜みずほ〜三菱UFJなど、台・雲林洋上風力発電に融資
  −日台欧シンガポールの金融機関団が総額940億台湾ドルを融資−
19/5/31
◇総合商社7社のプラント部門、2019年3月期決算は堅調に推移
  −2020年3月期はほぼ全社が増益へ〜脱石炭の表明相次ぐ−
   ■伊藤忠商事/既存の投資事業を中心に堅調
   ■住友商事/海外大型工事の進捗で増収・増益
   ■双日〜印鉄道工事やトルコ病院が収益に貢献
   ■豊田通商/米国火力発電事業で減益〜2020年3月期は増益へ
   ■丸紅/シンガポールの発電事業で減損
   ■三井物産/海外の新規電力案件が続々と収益を拡大へ
   ■三菱商事/千代田化工の工事損益で363億円の赤字
19/5/29
◇EDF〜双日〜九電など、ベトナム・ガス火力発電の実現へ検討中
19/5/24
◇アブダビEWEC、F3IPPプロ事業権入札を9月15日締切で実施
  −日本勢など13社がPQパス−
19/5/24
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの事業権入札へ
  −7月頃まで公示、11月頃まで入札実施/日本の商社など応札有力−
19/5/24
◇サウジのジュバイル3IWPP、海水淡水化を先行で入札実施へ
19/5/17
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業T、本体工事が商談中
  −丸紅が商談中か/日立などの参加も有力視−
19/5/10
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業U、本体工事入札が商談中
  −双日、丸紅、三菱商事が応札/三菱電機なども参加か−
19/5/8
◇ADB、インドネシアのジャワ1GtPプロジェクトに融資
19/4/25
◇大成建設、パラオ空港拡張工事の受注を発表〜NEXIが支援
19/4/17
◇エジプトの国際空港拡張で入札締め切り〜双日・大成建設が参加
19/4/10
◇大成建設、パラオの空港ターミナル拡張を受注〜総事業費35億円
  −双日・日本空港ビル・JOINが出資〜JICAが融資−
19/4/10
◇双日〜中電〜中電工〜四電〜JX、台湾・雲林洋上風力発電事業参画
19/4/5
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの検討続く
19/3/29
◇双日〜タイTTCL、硫酸肥料プロで商談再開
  −今年半ばには正式契約か−
19/3/22
◇ミャンマーのヤンゴン外環状高速道路、円借款供与を検討
19/3/15
◇エジプトの国際空港拡張計画、入札締切を4月12日に再び延期
19/2/20
◇エジプト向け国際空港拡張計画、入札締切を3月12日まで延期
19/2/15
◇シーメンス、オマーンの発電・造水事業向け発電設備を受注
19/1/18
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業U、工事入札が3月締切
  −双日、豊通、丸紅、三菱商事、日立、三菱電機などが参加へ−
19/1/18
◇エジプトの国際空港拡張、双日・大成建設が入札で一騎打ちへ
19/1/16
◇ミャンマーの全国基幹送変電設備整備事業T、本体工事が入札中
  −双日、豊通、丸紅、三菱商事が応札/日立や三菱電機など参加−
19/1/9
◇EDF〜双日〜九電など、ベトナム・ソンミ1火力発電で検討続く
18/12/26
◇双日〜日本空港ビル〜JOIN、ロシアの空港事業に出資を決定
18/12/12
◇プルタミナ〜丸紅〜商船三井〜双日、ジャワ1向けFSRUで契約締結
  −インドネシア初のGas-to-Powerプロジェクト−
18/11/28
◇タイTTCL〜双日、硫酸肥料プラント建設でMOU
  −トルクメニスタンで−
18/11/22
◇インドネシアのジャワ1ガス・トゥー・パワー、今年末に着工へ
  −GE〜サムスンなどが発電所/サムスンがFSRU−
18/11/7
◇双日、バングラデシュの港湾開発で事業化調査〜経済特区に隣接
18/11/7
◇総合商社7社の中間決算、プラント関連部門は堅調に推移
   ■伊藤忠商事/機械カンパニーが通期10%増益へ〜プラントは堅調
   ■住友商事/インフラ事業は通期の利益49%増〜海外IPP貢献
   ■双日/プラント3本部が収益改善〜海外太陽光発電事業を売却
   ■豊田通商/機エネプラ本部は通期の利益25%減少を予想
   ■丸紅/電力・プラントGは純利益49%増の590億円予想
   ■三井物産/機械・インフラ部門は通期の利益750億円〜16%減
   ■三菱商事/地環インフラ事業Gは千代田の損失で180億円の赤字
18/11/2
◇タイのガルフ、オマーンの発電・造水事業に出資を完了〜計画前進
18/10/26
◇カタールのファシリティE・IWPP、事業権選定へ入札公示待ちか
18/10/26
◇エジプトの国際空港拡張計画、来年2月に建設工事の入札締切
  −大成建設・双日が関心〜事業費264億円にタイド円借款−
18/10/24
◇JBIC〜民間銀行、ネシアのガス・トゥー・パワーに13億ドルを融資
  −丸紅や双日、商船三井参画のジャワ1計画/NEXIが付保−
18/10/24
◇WEC、サウジ政府からジュバイル3IWPP計画承認を受領
  −近く事業権入札か/日本の商社などEOI通過企業中心−
18/10/24
◇三菱商事〜双日など、スリランカのFSRU建設でFS続く
18/10/17
◇タイTTCL、双日から社外取締役
  −10月12日付でボードメンバーを変更−
18/9/19
◇ミャンマーの高速道路、事業権入札のPQ公示〜JFE等が関心
18/9/13
◇双日〜コブラ〜テダグア〜アルガニム、オマーン発電・造水建設受注へ
  −OOC〜GEDが出資するDPCの発電・造水事業向け−
18/9/13
◇双日、露ハバロフスク空港のターミナル新設・運営で大枠合意
18/9/7
◇印KEC、パプアニューギニアのラム系統送電網強化の建設受注へ
  −JPSや日本ガイシが機器供給見込み/住友電工や双日が協力か−
18/9/7
◇丸紅〜PLN、ネシア・ジャワ3ガス火力発電所建設でEPC選定へ
18/8/24
◇JALUX〜豊通、ラオスの国際空港運営で事業契約を10年延長
18/8/22
◇双日、タイTTCLの筆頭株主に
  −アジア地域プロジェクトの案件形成が狙い−
18/8/8
◇双日、タイTTCLの筆頭株主に
  −第三者割当増資を引き受け−
18/7/18
◇ミャンマー政府、ヤンゴンの内環状高速道路をPPP方式で整備
  −日系7社を含む53社が関心表明〜全長47km−
   ■外環状道路は円借款で整備へ〜50kmの東区間を先行でFS
18/7/12
◇住友電工、インド貨物専用鉄道向け電線を受注〜全長約3,400km
18/7/6
◇総合商社7社、2017年度海外プラント成約は23%減の9,588億円
  −決算は好調〜「EPCから事業投資へ」の流れが顕著に−
   ■伊藤忠商事〜電力2案件で690億円
   ■住友商事〜バングラの大型成約等で5,688億円
   ■双日〜目立った成約なし/受注済み鉄道案件の収益化に期待
   ■豊田通商〜成約額10億円にとどまる
   ■丸紅〜横ばいの1,000億円/インドネシアで発電所受注
   ■三井物産〜成約はゼロ/新規IPP2案件が稼働開始へ
   ■三菱商事〜約44%減の2,200億円/鉄道2案件が貢献
18/6/20
◇カーボヴェルデの海水淡水化設備新設、7月に発注へ
  −日本企業中心の5グループが応札〜日量3万m3超−
18/5/30
◇三菱商事・双日、フィリピンの国際空港向け運営・保守に参加検討
18/5/18
◇セムコープ、ベトナムの750MWガス火力開発で省政府と覚書締結
18/5/16
◇カーボヴェルデの海水淡水化設備新設、5月下旬に入札締切予定
  −日本企業中心の6グループがPQ通過〜日量3万m3超−
18/4/6
◇バーレーン政府、新規IWPPで5月末に事業権入札の締切予定
18/4/6
◇カタール発電造水会社、海水淡水化設備の増設を優先か
18/4/6
◇オマーン・アルグブラ3IWP、事業者の選定で資格審査段階
  −丸紅・住商・双日など11グループが参加/今秋にも入札か−
18/3/30
◇仏EDF、越政府とソンミ1火力新設実施を確認〜双日・九電も
18/3/16
◇GE〜サムスンC&T他、インドネシアのジャワ1ガス複合でEPC
18/3/9
◇タタ製鉄、インド・カリンガナガール製鉄所の第2期拡張投資を計画
18/2/23
◇サウジ政府、ジェッダ・エアポート2下水新設のPQ手続きを開始
18/2/16
◇エジプトの国際空港拡張、4月にも工事入札公示〜日本商社が関心
18/1/17
◇双日/三菱商事ほか、スリランカでFSRU運営事業に参画へ
  −双日は関連ガス火力新設の事業権入札にも参加中−
18/1/17
◇双日、印の貨物鉄道で日本メーカーから調達〜受注額3,500億円超
  −架線は住友電工とフジクラ〜信号は京三製作所−
17/12/1
◇日本企業7社ら、サウジの大型海淡・下水新設事業3案件に関心
17/11/24
◇双日、オマーンの発電・造水プラント新設のEPC商談に応札
  −180MWと6migd〜新設の製油所向けに供給−
17/11/2
◇双日、スペインでLNG基地運営事業に参画〜日本商社で欧州初
17/11/2
◇総合商社7社、2016年度海外プラント成約実績は1兆2,413億円
  −前年度比4.4%増/5社が前年度実績比で増加−
   ■受注案件数〜機種・分野は電力/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備軸に対象拡大
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が影響
   ■ビジネストレンド対応の組織体制/グループ会社との連携推進
17/10/27
◇双日の環境・産業インフラ本部、2017年度の純利益50億円見込む
  −2016年度の海外プラント成約実績1,827億円−
   ■医療インフラ推進室を新設〜病院のPPP事業に注力
   ■2016年度は米国とインドネシアの大型火力IPPに進出
17/10/25
◇韓サムスン重工、インドネシアのジャワ1プロ向けにFSRU受注
17/10/20
◇サウジ政府、300MW太陽光IPP事業権入札で開札〜18年1月選定
17/10/13
◇バーレーン政府、アル・ドゥール2IWPP新設でPQ手続き中
17/9/1
◇サウジ政府、新規陸上風力IPPの事業権入札を公示〜400MW規模
  −日本企業6社を含む25社がPQ通過〜2018年初頭に締め切り−
17/9/8
◇WEC、サウジの大型海水淡水化新設事業のPQ手続きを開始へ
17/8/30
◇双日、トルコの病院施設運営事業へ30%出資〜2,682床を新設
  −総事業費2,000億円をJBIC・NEXI等が支援−
17/8/25
◇双日/日本空港ビルデング、パラオで空港の運営事業〜海外で初
17/8/23
◇双日、メキシコで大型太陽光発電事業2案件に参画〜総計348MW
17/8/4
◇明電舎、インドの貨物専用鉄道向け変圧器を受注〜双日等から
  −現地の製造拠点を活用〜2016年末から連続で成約−
17/8/2
◇双日/関電/三菱UFJリース、アイルランドの陸上風力5件に参画
17/7/19
◇双日、スリランカのガス複合火力IPPの事業権入札に応札中
17/6/28
◇双日/四国電力他、チリの98MW大型太陽光発電所新設事業に参画
  −三井住友銀/みずほ銀/伊予銀など融資支援〜NEXI付保−
17/5/12
◇サウジ政府、再生可能エネルギーIPP入札でPQ通過者公表
  −太陽光300MW/陸上風力400MW〜日本企業5社が入札参加へ−
17/4/21
◇東京ガス、米国の488MWガス複合火力IPP新設に参画〜33.33%
  −米国2件目の発電案件〜双日などが共同出資−
17/4/7
◇双日、米国の488MWガス複合火力IPP新設に出資参画〜33.33%
  −北米初の大型発電事業参画案件〜2019年春頃に運転開始−
17/3/24
◇双日、ジャカルタ近郊の工業団地を拡張〜3,200haの総合都市開発
17/3/8
◇双日、次期社長に藤本専務が昇格〜佐藤社長は代表取締役会長に
17/2/22
◇エリア・国別注目プロジェクト総点検J〜ロシア・NIS諸国
  −石油・天然ガス開発が進展〜インフラ整備に円借案件−
   ■露で多数の資源案件〜サハリン2の増設で千代化が受注狙う
   ■石油化学・肥料製造で日本が実績〜鉄鋼の設備更新で需要が潜在
   ■日露両政府が協力模索〜空港・熱電併給・都市廃棄物で有力案件
   ■三菱重工/三菱商事がウズベクを得意市場〜ガス発電・肥料工場
   ■トルクメで天然ガスの案件が続出〜ウクライナの安定化に期待
17/2/8
◇丸紅/双日ほか、インドネシアのガス複合火力IPPでPPA締結
  −総事業費18億ドル/発電容量1,760MW〜FSRUも建設−
17/1/20
◇総合商社7社、2015年度海外プラント成約実績は1兆1,896億円
  −2社が前年度実績比で増加/全体は前年度比9.4%減−
   ■受注案件数〜機種・分野は交通・輸送/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備などに広領域化
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が散見
   ■組織・機能を適時整備/グループ会社との連携推進
17/1/11
◇双日、露ハバロフスク空港の旅客ターミナル新設・運営で覚書
16/12/16
◇2015年度 円借案件の受注状況本体工事〜成約総額9,144億円
  −過去10余年間で最高額〜インドの貨物鉄道が全体の2割−
   ■地域別/南アジアが成約額の5割超〜東南アジアも増加
   ■国別/印と越が3年連続でトップ2〜ミャンマーが躍進
   ■分野別/輸送が10年連続首位〜鉄道が半数超
   ■案件別/大型案件が増加〜バングラの橋梁が926億円
   ■企業別/印ラーセン・アンド・ターブロが首位
   ■企業の本拠地別/日本の比率が拡大〜2位はインド
   ■日本からの調達比率が上昇〜JICAの年次報告書
16/12/7
◇日印両政府、インドで日本工業団地の開発を構想〜候補12カ所
  −印市場で日本の投資倍増をめざす〜先行事業を選定へ−
16/11/22
◇NEXI、タングーLNG拡張でエルエヌジージャパン向け付保
16/11/11
◇双日、2015年度の海外プラント成約は1,822億円〜24%減
  −安定収益生む資産の積み上げを図る〜IPPは米州へ−
   ■「交通・社会インフラ事業部」を新設〜鉄道・港湾・病院等
   ■「環境・産業インフラ本部」の当期純利益は半減〜来期は3倍へ
   ■海外発電資産は持ち分約840MW〜主体的な取り組み目指す
16/11/4
◇双日子会社のTCCC、ミャンマーの高度化成肥料輸入販売に参入
  −現地法人の設立と袋詰め設備・倉庫の建設−
16/10/21
◇丸紅/双日/プルタミナ、インドネシアのガス火力IPP最終交渉へ
  −ジャワ1複合火力/出力1,600MW〜総事業費20億ドル−
16/10/19
◇双日、印の貨物専用鉄道で軌道・電化・信号・通信工事を受注
  −印L&Tと共同で640億円〜メタルワンからレール調達−
16/10/6
◇GE、インドネシアのタングーLNG拡張向けコンプレッサー受注
16/8/17
◇千代田化工とサイペムなど、インドネシアのタングーLNG拡張受注
  −サイペムは沖合設備のEPCIも受注−
16/8/5
◇JOGMEC、インドネシア・タングーLNG拡張への債務保証
  −液化プラント・第3系列増設向け4.16億ドルの債務保証−
16/8/5
◇双日、パプアニューギニアで小型海水淡水化設備を受注
16/7/8
◇JBICなど、インドネシア・タングーLNG拡張に対して融資
  −JBICは12億ドル限度の融資で日本企業連合を支援−
16/7/6
◇日本企業連合/BPなど、インドネシア・タングーLNG拡張決定
  −液化プラント・第3系列を増設/2020年中の生産開始予定−
   ■日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合がFEED
16/5/20
◇双日、インドの貨物専用鉄道で信号・通信工事を受注〜120億円
  −受注総額は累計2,820億円〜日本企業中心に発注先選定−
16/5/13
◇JICA、インドの貨物専用鉄道建設で1,036億円の追加円借
  −川重が機関車で応札中〜双日と三井物産も追加で受注狙う−
16/3/2
◇双日、インドの大型貨物鉄道計画で軌道敷設と電化工事を受注
  −計1,100億円〜累計4件で2,700億円に−
16/2/5
◇双日、スリランカの複合火力発電事業を買収〜同国2件目のIPP
  −NEXIが海外投資保険引き受けを決定−
15/12/22
◇総合商社7社、2014年度海外プラント成約実績は1兆3,138億円
  −4社が前年度実績比で増加/全体は前年度比26.2%減−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■電力・輸送・エネルギー・化学などの大型受注
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■事業別の組織・機能整備/グループ会社との連携戦略推進
15/12/16
◇双日、2014年度の海外プラント成約は2,401億円〜13%増
  −トルクメでガソリン製造設備〜インドで貨物鉄道工事−
   ■環境・産業インフラ本部は売上総利益188億円〜来期200億円へ
   ■印の鉄道で追加受注めざす〜海外発電資産は持分約700MW
15/12/11
◇双日、北米で鉄道車両の総合メンテナンス事業へ41%出資
15/10/23
◇双日、スマトラ島で250MWガス火力発電所を開発へ〜拡張も検討
15/10/16
◇双日、パプアでメタノール製造事業開発に関する合弁会社を設立
15/10/7
◇豊通・日揮・双日等、クウェートの太陽熱・ガス火力発電で応札
  −総計280MW〜現地政府が2016年に事業権入札を実施−
15/9/16
◇三菱重工と双日、ベトナムで高速道路用ETC統合の実証事業実施
15/8/26
◇双日、メキシコの900MWガス火力発電所で事業権に応札〜全7G
15/8/26
◇オマーン電力・水供給公社、新規造水計画で事業権入札を締切る
  −伊藤忠・日揮・双日・丸紅・日本工営など全7Gが応札−
15/8/21
◇フィリピン政府、地方空港5カ所の開発・運営事業で入札を実施
  −30年のO&Mを民間委託〜双日等がPQに参加−
15/8/19
◇総合商社〜コーディネート力を武器にメタノールへ攻勢
  −双日と三井物産のキーマンに聞くメタノール事業戦略−
   ■双日〜青木氏に聞く/安定操業を生かしアジア市場攻略
   ■三井物産〜星野氏に聞く/ガス権益武器に米国で事業拡大
15/8/19
◇双日、ペルーで44MW太陽光発電所の権益49%を取得〜稼働済み
15/8/7
◇総合商社〜コーディネート力を武器にメタノールへ攻勢
  −中国需要は2020年に7,000万トンへ/各社が投資活発化−
   ■原料調達〜製造〜販売までのバリューチェーン構築
   ■東南アジア・中東・北中米で事業参画/新規投資も積極推進
   ■拡大するメタノール需要〜年率約5%で伸長拡大する中国市場
   ■化学品およびエネルギー需要も着実に増加
   ■伊藤忠商事〜大堀氏に聞く/ブルネイで設備増設を視野
15/6/24
◇インドの貨物鉄道DFC、西回廊フェーズ2で2件の入札要請実施
  −PQは双日と三井物産が通過〜締切は2015年秋頃−
15/6/12
◇オマーン政府、計3,200MWの新規ガス火力IPPで事業権入札へ
  −北部の2カ所に新設〜8月1日締切を予定−
15/6/3
◇インドの貨物鉄道DFC、西回廊フェーズ2の電化・信号で入札
  −電化は双日と三井物産〜信号は双日と日立がPQ通過−
15/5/27
◇丸紅・伊藤忠・双日・日揮等、オマーンの造水事業でPQ通過
15/5/8
◇双日、ガーナで海水淡水化設備を稼働〜日量6万トンに44%出資
15/4/22
◇第3回国連防災世界会議〜日本と参加国の首脳・閣僚級会談が実施
  −日本のプラント・インフラ関連の協力・売り込みの場にも−
   ■首脳会談〜タイ・カンボジア・ケニア・トルクメ
   ■閣僚級会談〜シンガポール・マレーシア・ケニア・マラウイ
15/4/1
◇インドの貨物鉄道DFC建設、東回廊のシステム調達で入札要請
  −約400kmの工区に信号等を設置〜日本企業がPQ通過−
   ■西回廊フェーズ2の信号PQは双日と日立の2陣営が通過
15/2/25
◇インドの貨物鉄道DFC、西回廊フェーズ2の電化工事でPQ完了
  −422km区間が対象〜双日と三井物産の2陣営がPQ通過−
15/1/23
◇仏GDFスエズ、アブダビのIWPPを実施へ〜双日は不参加
15/1/16
◇インドの貨物鉄道DFC、西回廊フェーズ2の2工区でPQ完了
14/12/17
◇JBIC/民間銀行、トルクメ・GTG計画向け融資〜NEXIも支援
14/11/26
◇エリア・国別注目プロジェクト総点検E〜アフリカ
  −商機拡大とリスクが内在/官民一体が商機のカギ−
   ■エジプトとチュニジア〜政権安定軸に商談回復に期待
   ■アンゴラ〜戦後復興案件に商機/日本企業の活動も活発化
   ■ケニアとエチオピア〜地熱発電所などのインフラ案件が注目
   ■タンザニア〜豊富な天然ガスベースのエネルギー・産業展開
   ■モザンビーク〜ガス・石炭など豊富な資源に魅力/投資計画も多数
   ■南アフリカ〜1兆円超の老朽鉄道車両更新計画
14/11/26
◇双日、インドの貨物鉄道DFC建設で電化工事を受注〜約500億円
  −西回廊915kmが対象〜変電機器や架線等で日本企業起用−
14/11/12
◇三井物・双日、オマーンのサラーラ2火力IPPで事業権に応札
  −全3グループが競合〜最大400MW新設と既設買収−
14/11/5
◇古河電工、仏の熱核融合実験炉で超電導ケーブルを受注〜25億円
  −原子力機構へ納入〜神戸製鋼と双日の各子会社も受注済−
14/10/24
◇BPなど、インドネシアのタングーLNG拡張でFEED着手へ
  −日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合に発注−
14/10/9
◇総合商社7社、2013年度海外プラント成約実績は1兆8,205億円
  −前年度比51.2%増/4社が前年度実績より大幅増加−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■機器販売・EPCのグループ会社シフト/事業別の組織・機能整備
14/9/11
◇インドの貨物鉄道DFC建設、西回廊の軌道工事入札で締切延期
14/8/20
◇双日、2013年度海外プラント成約は2,125億円〜交通関連で大型受注
  −2014年度はプラントや交通インフラ関連の大型案件に期待−
   ■機種別最多成約額は交通関連/地域別最多成約額はアジア
   ■交通関連〜インドで貨物専用鉄道軌道施設工事の大型受注
   ■肥料・化学・エネルギープラント〜ロシア・NISで大型受注
   ■電力と製鉄の両プラント〜既存顧客・地域で受注の積み上げ
   ■IPP〜優良資産の積み増し戦略/中東で3発電所稼働
   ■環境関連〜ガーナの海水淡水化事業など水分野に期待
   ■2014年度成約見通しは2,000億円規模/有望案件に注力
   ■プラントプロジェクト部と電力・環境インフラ事業部の2組織体制
14/8/8
◇BPなど、インドネシア政府からタングーLNG拡張でAMDAL承認
14/7/9
◇双日、モンゴルの石炭火力IPP新設で利権契約〜事業化めざす
  −電力450MWeと蒸気587MWt〜建設地変更で再調査実施へ−
14/7/9
◇インドの貨物鉄道DFC建設、西回廊P2の土木入札で締切延期
14/7/4
◇新日鉄住金、インドの貨物鉄道DFC建設でレール受注〜出荷開始
  −実施機関に初期段階から提案〜他工区で採用の可能性も−
14/7/2
◇オマーンのサラーラ2火力IPP新設、9月に事業権入札締切予定
  −最大400MW新設と既設買収〜三井物・丸紅・双日等応札か−
14/6/20
◇インドの貨物鉄道DFC建設、西回廊フェーズ2の土木で再PQ
14/6/13
◇インドの貨物鉄道DFC建設、西回廊の入札2件で締切を延期
14/4/18
◇双日/キャピタルメディカ、アジアなど海外で病院事業を展開
  −5年後に200億円〜越・インドネシア・モンゴルで計画−
14/4/11
14/4/4
◇川重/双日、ロシア極東の熱電併給所新設で覚書〜20MW×2カ所
  −ガスタービン供給へ〜モスクワ郊外の集合住宅群向けも−
14/3/14
14/1/24
◇JBIC/NEXI、ロシアのアンモニアプラント建設計画を支援
  −JBICが融資/NEXIが貿易代金貸付保険付与−
14/1/24

前年のページへ
翌年のページへ

※掲載記事の無断転載を禁止します。
著作権は(株)重化学工業通信社に帰属します。
Copyright (C) The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved