企業別記事索引

  ◆ 住友商事

23/2/8
◇サウジ・タイバおよびカシムの2ガス火力IPP、PQ通過企業発表
  −JERA、丸紅、関電、住商、双日、アクワパワーなど23社通過−
23/1/27
◇JICA、ウクライナの越冬支援で日本製発電機262台を供給
23/1/18
◇INPEX、インドネシア・ラジャバサ地熱発電事業に参画
22/12/23
◇ネシア・ムアララボ地熱発電所増設計画、着工に向けて検討中
22/12/7
◇インドネシア大統領府、9,000MW水力発電に期待表明〜住商が検討
22/12/2
◇住友商事〜AMEA、エジプトに500MW陸上風力発電所を建設
  −JBIC〜民間銀行〜IFCが融資/NEXIが付保−
22/11/18
◇住商、ネシア・PLNとエネルギー転換で協力〜再エネ投資も視野
22/10/26
◇川重〜豪オリジン、豪・水素製造事業は事業化への検討継続中
22/10/14
◇ネシア・タングーLNG・CCUS、FEED商談は日本勢が見送りか
  −日本勢にとっては、CO2回収と配管設備が主要設備−
22/10/14
◇住友商事、ネシア・KHEの大型水力発電事業への案件参画など検討
22/9/22
◇住商とINPEX、ネシア・ムアララボ地熱発電の追加持分交渉中
  −増設計画は来年頃にも前進か−
22/9/9
◇バーレーン・ごみ発電事業、入札へのPQ締め切り
  −住商や中国港湾工程など15社がPQ提出−
22/9/7
◇住友商事、フランスとベトナムで洋上風力発電所の建設を検討
22/7/27
◇川崎重工、豪オリジンとの水素プロジェクトは事業化へ検討続く
22/7/22
◇住友商事、核融合発電関連会社の米TAEに出資・参画
22/7/13
◇カーボベルデの海水淡水化新設、10月以降に再入札を公示へ
22/6/22
◇ネシア・タングーLNG向けCCUS事業で入札へ
  −ITBを発行、日揮グローバル、千代田などが関心−
22/6/8
◇住友商事、ビーアとマスダールのUAE2社と協業へMOU締結
  −ごみ焼却や再エネなどの分野で協力模索−
22/5/27
◇総合商社7社の2021年度決算、プラント部門は5社が増益
  −IPPなどが堅調に推移〜再生可能へのシフト進む−
   ■伊藤忠商事/北米IPP好調〜ドバイの廃棄物事業が契約発効
   ■住友商事/海外IPP・IWPP堅調で黒字化〜中国の水事業拡張
   ■双日/トルコ病院・海外IPPが安定〜ミャンマー通信で損失
   ■豊田通商/インドネシア国際港運営に着手〜アフリカの海淡狙う
   ■丸紅/台湾発電所EPC等で再び赤字に転落〜新規投資活発
   ■三井物産/タイ火力IPPとメキシコFPSOが操業開始
   ■三菱商事/海外発電資産で売却益〜鉄道EPCで大型2件受注
22/5/11
◇住商とINPEX、インドネシア・ムアララボ地熱発電事業持分拡大
  −エンジーから今年内取得予定/増設は来年頃着工へEPC選定−
22/4/22
◇川崎重工、豪オリジンとの水素プロジェクトは事業化へ検討中
22/3/30
◇住商〜総合車両製、フィリピン南北通勤鉄道延伸の車両を正式契約
22/3/11
◇バングラ・マタバリ石炭火力発電所増設、具体化へ検討続く
22/3/4
◇住商、バングラ・マタバリ石炭火力発電所増設に対応・参画せず
22/2/25
◇三菱重工グループ、米マイアミ空港APMでO&M更新〜追加車両も
22/2/18
◇住商〜総合車両製、フィリピン南北通勤鉄道延伸の普通車両落札
  −700億円超〜8両×38編成−
22/1/21
◇バングラ・マタバリ石炭火力発電所増設、具体化は慎重に検討か
21/12/22
◇日揮グローバル、豪から水素製造プラント
  −住友商事から、FEEDからEPCにロールオーバー−
21/12/22
◇バングラ・マタバリ石炭火力発電所増設、年明け以降に検討本格化
21/12/22
◇カーボベルデの海水淡水化施設工事、再入札決定〜2022年中頃
21/12/22
◇住商、山東省の水インフラ事業を拡大〜下水処理量130万トン/日
21/12/3
◇東ガス、アジア・中東・北米・豪州で再エネ由来のメタン事業検討
  −マレーシアは住商・ペトロナスと/中東・北米・豪州は三菱商と−
21/12/3
◇カタール・ファシリティE・IWPP、丸紅〜九電子会社が応札
21/11/5
◇カーボベルデの海水淡水化プラント新設、再入札に向け調整中
21/10/29
◇ネシア・タングーCCUS設備は入札告示待ち
  −日揮グローバルなどが関心−
21/10/29
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電IPP計画、3グループが応札
  −アクワパワー、EDF〜双日〜ネブラス、パワーチャイナ−
21/10/13
◇バングラ・マタバリ石炭火力発電所増設、検討本格化は来年以降へ
21/10/13
◇マニラ地下鉄、土木工事の2パッケージで入札締切を12月に延期
21/10/1
◇ネシア・タングーLNGプロ向けCCUSは来年半ばからFEED
  −8月にSKK Migasが事業承認−
21/9/29
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札延期へ
  −今年11月締め切りへ−
21/9/21
◇カタールのファシリティE・IWPP事業権入札、再び延期か
21/8/27
◇住商〜英リオティント、豪精錬工場の水素製造プラント建設で協業
21/8/6
◇タイ都市鉄道レッドラインで開通式〜日本が鉄道システム供給
21/7/28
◇マニラ地下鉄計画、土木工事の2パッケージで入札公示〜10月締切
21/6/30
◇フィリピンのマニラ地下鉄と南北通勤鉄道、O&Mの入札実施へ
21/6/16
◇岩谷産業〜豪スタンウェル、豪グリーン水素事業の検討でFS中
21/6/16
◇フィリピン南北通勤鉄道フェーズ2、7月に特急車両の入札締切
21/6/11
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札延期へ
  −今年9月締め切りか−
21/5/14
◇住商〜総合車両製、比南北通勤鉄道の車両で技術評価を終了へ
21/4/23
◇ウズベキスタン・ガス火力IPPプロジェクト、相次ぎ始動
  −ガス火力発電事業が続々入札・着工へ−
   ■IPPプロジェクトをテコにガス火力発電を拡大へ
   ■シルダリヤで2つのガス火力計画が始動/アクワパワーが着工
   ■アクサ・エナジーとストーンシティもガス火力発電所建設へ
21/4/21
◇豪オリジン、川重との豪・水素製造事業でタウンズビル港とMOU
21/4/7
◇中東・IWPPプロジェクト、カタールやクウェートなどで計画中
  −計画数は限定的も大型プロジェクトに注目−
   ■カタールの大型IWPP入札は日本企業中心に競う
   ■民営化法成立のサウジで発電・海淡民営化への動き加速化か
21/4/7
◇住友商事〜総合車両製作所、南北通勤鉄道の車両を連続受注へ
21/4/7
◇印ベンガルールメトロ、都市鉄道で約80km整備〜4,181億円
21/3/26
◇清水建設、ベトナム宇宙センターの建屋設置を受注〜約30億円
21/3/26
◇住商〜スプリーム〜エンジー、ムアララボ地熱発電所増設着工準備中
  −EPC業者を選定中−
21/3/24
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP再入札延期
  −6月締め切り−
21/3/19
◇アクワパワー、ウズベクのガス火力発電でファイナンスクローズ
  −国際開発金融機関・民間銀行・投資基金が7.47億ドルを融資−
21/3/3
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP再入札締切延期
  −発電能力の拡大変更に伴う再入札−
21/3/3
◇住友商事、ニュージーランド・タウハラ地熱発電所の建設工事受注
  −コンタクトエナジーから/富士電機が地熱発電設備を受注−
21/2/24
◇ミャンマー・イワマ発電設備建設、国内情勢混乱から見通し不透明
21/2/17
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP再入札締切延期へ
  −締切は4月予定−
21/2/12
◇住商〜総合車両製、フィリピン南北通勤鉄道の車両調達に応札
21/1/29
◇アクワパワー、ウズベクのガス火力発電着工〜中CGGCがEPC
21/1/27
◇横河電機、ネシア・ラヘンドン地熱発電所向け制御システムを受注
21/1/27
◇フィリピン南北通勤鉄道第2期の車両調達、入札締切は2月8日
21/1/13
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPPの再入札へ
  −2月28日締切/発電能力引き上げに伴い−
21/1/6
◇フィリピン南北通勤鉄道第2期の車両調達、入札締切を延期
20/12/23
◇ウズベク政府、ガス火力発電・太陽光発電IPPで来年春入札締切
  −シルダリヤガス火力が5月、スケーリング2太陽光が3月に締切−
20/12/23
◇住商〜総合車両製、マニラ地下鉄の車両240両受注〜575億円
20/12/16
◇ミャンマー・イワマGTCC発電設備建設、入札のEOI提出締切
  −EPCとエンジの入札では日中韓印などの企業が関心表明−
20/12/16
◇カタールのファシリティE・IWPP、事業権入札の評価続く
20/12/16
◇日揮グローバル〜JGCベトナム、ベトナムの太陽光発電計画受注
20/12/9
◇ウズベク・シルダリヤガス火力発電IPP、8グループがPQ通過
  −JERA、住友商事、丸紅、韓国電力〜韓国中部発電など−
20/12/9
◇三菱商事、ミャンマー国鉄から車両納入2案件を受注〜計690億円
20/11/27
◇ケニア・オルカリアY地熱発電IPP、PQショートリスト発表
  −伊藤忠、住商、米オーマット、伊エネルの4グループ−
20/11/27
◇丸紅〜住友商事〜三井物産〜エデン、ミャンマーのGtPはFS開始
20/11/25
◇ミャンマー・ティラワ発電所増強、入札時期は未決も、進展に期待
20/11/25
◇GSイニマ、オマーンのIWPプロジェクト2件を相次ぎ獲得
20/11/18
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札中
20/11/18
◇ハノイ市北部スマートシティ開発、日本コンソーシアムを発足
  −住商/NTTコム/東電PG/NEC/博報堂/三菱重エンジ−
20/10/21
◇米ジェイコブス、ネシア・ムアララボ地熱発電増設向けエンジ実施
20/10/21
◇マニラ地下鉄の車両入札、住商〜総合車両製が技術評価を通過
20/10/14
◇東電設計、JICAからマタバリ石炭火力発電増設向け準備調査受注
20/10/2
◇住商〜RWE〜シーメンスなど、英沖で洋上風力発電所建設へ
20/9/23
◇ケニア電力公社、オルカリアY地熱発電IPPで事業者を選定へ
20/9/11
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、入札スケジュールは未定続く
20/9/9
◇住商、米マーセラス・シェールガス開発プロで資産売却
  −商社ではシェールガスの先駆的存在−
20/9/4
◇マニラ地下鉄の電気・軌道工事、入札締切を9月30日に再延期
20/9/2
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札締切
  −三井物産〜エンジー、住友商事、丸紅などが応札へ−
20/9/2
◇マレーシア・シンガポール高速鉄道、土地・環境調査で入札公示
20/8/26
◇NEXI、ベトナム向け人工衛星輸出で保険を引受〜宇宙分野初
20/8/21
◇総合商社のプラント事業、IPPなど長期案件中心に収益確保
  −EPCは低調〜成約額が最盛期の1割未満−
   ■通期連結決算は堅調に推移〜三菱商事が黒字化
   ■ミャンマー市場が活況〜大型インフラ事業に商社が共同出資
   ■電力分野/火力から再生可能へのシフト転換に各社が尽力
   ■鉄道EPC案件が大型化とともに増加〜住商は完全子会社と連携
20/8/19
◇メトロマニラ地下鉄の電気・軌道工事、入札締切を9月1日に延期
20/8/5
◇住金鉱・住商出資のチリ銅鉱山開発プロジェクト、建設工事再開
20/7/31
◇丸紅〜住友商事〜三井物産〜エデン、ミャンマーの大型GtP計画へ
  −MOEEから独占開発権の通知書受領/総事業費20億ドル−
   ■EPGEもイワマGTCC発電プラントのコンサル選定へ
20/7/31
◇住友商事〜総合車両製作所、マニラ地下鉄の車両調達に単独応札
20/7/31
◇カーボベルデ向け海水淡水化プラント新設、再入札を実施へ
20/7/22
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、コンサル入札公示準備続く
20/7/10
◇ミャンマー幹線鉄道第2期、土木・軌道・信号・通信の入札を実施
20/7/8
◇三菱商事、ミャンマー・ヤンゴン環状線の鉄道車両で契約交渉中
20/6/26
◇住友商事、ニュージーランド・タウハラ地熱発電所の建設工事受注
  −コンタクトエナジーから/富士電機が蒸気タービンを供給−
20/6/26
◇住友商事〜スプリーム〜エンジー、ムアララボ地熱発電所増設準備中
  −来年に着工予定−
20/6/26
◇JICA、マタバリ石炭火力発電所増設向け準備調査の契約者選定へ
20/6/17
◇JAXA、ベトナムの人工衛星打ち上げをNECから受注
  −IHIグループに商業ベースで打上業務を移管へ−
20/6/12
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、コンサル選定の入札準備
  −2021年1月の本体工事調達入札公示/来年夏頃に着工へ−
20/6/10
◇バングラ石炭火力発電会社、マタバリ石炭火力発電所を増設
  −JICA支援で協力準備調査着手へ−
20/6/10
◇丸紅〜ADパワー、UAEのフジャイラF3ガス火力発電は着工へ準備
  −サムスンC&TがEPC受注/MHPSが発電設備受注有力−
20/6/5
◇マレーシア・シンガポール高速鉄道、計画凍結を年末まで延期
20/6/3
◇住商、マニラ都市鉄道1号線の運営事業会社へ19.2%出資
20/5/22
◇NEC、ベトナム向け地球観測衛星を住商から正式受注〜海外初
20/5/8
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −事業権入札は8月27日を予定−
20/4/24
◇住商、アフリカでミニグリッド展開のパワージェンに出資・参画
20/4/24
◇ミャンマー幹線鉄道第2期、土木・軌道・信号・通信の入札を延期
20/4/1
◇JICA、ミャンマー・ティラワ火力発電所増強向け円借款供与
20/3/27
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再度延期
  −事業権入札締切は4月30日を予定−
20/3/27
◇横河電機、トルクメの火力発電所向け制御システムなど受注
20/3/19
◇ミャンマー幹線鉄道整備第2期、4〜5月に土木等の入札を締切
20/3/19
◇ミャンマー・ヤンゴン環状線の鉄道車両、海外メーカー採用か
20/3/19
◇タイ政府、バンコク都市鉄道で事業権入札を実施へ〜日程は再調整
20/3/13
◇米国の発電プロジェクトが活況〜ガス火力発電・再エネがけん引
  −ガス火力発電拡大続く/風力発電も拡大へ−
   ■天然ガスが発電燃料の最大シェア/風力発電も拡大
   ■旺盛なガス火力発電所新増設/多くの日本企業も関与
   ■洋上風力発電が将来ブレークの兆し
   ■大統領選後のエネルギー政策動向も注目
20/3/11
◇住友商事パワー&モビリティ、住商の成清正浩氏が新社長に就任へ
  −4月1日付で就任−
20/3/4
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP入札を再延期
  −事業権入札締め切りを今年4月2日に変更−
20/3/4
◇東京メトロ、ベトナム・ホーチミン市都市鉄道1号線で協力覚書
20/2/28
◇ミャンマーのヤンゴン高架高速道路、事業権入札を3月末に締切
20/2/26
◇MHPS、UAEのフジャイラF3ガス火力発電向け受注有力
  −丸紅〜ADパワーのガス火力発電事業向けガスタービン−
20/2/26
◇ミャンマー幹線鉄道整備フェーズ2、工事4区間で入札を公示
20/2/20
◇丸紅〜ADパワー、UAEのF3・IPPガス火力発電事業権獲得
  −サムスンC&TがEPC/MHPSが発電設備の受注狙う−
20/2/14
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、今春にもコンサル選定へ
  −本体工事も今年内にも選定へ/来年にも着工予定−
20/2/5
◇東亜建設工業、バングラ特別経済特区の造成工事を受注〜85億円
20/1/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札で評価中
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
20/1/31
◇フィリピン南北通勤鉄道の中央区間、鉄道システムの入札を準備
20/1/31
◇中東のIWP・IWPPの海淡プロジェクト、活況続く
  −事業権入札も相次ぐ/日本企業の商機も期待−
   ■世界の海淡の約4割が中東/RO膜プラントが主流へ
   ■サウジ〜ヤンブー4・ジュバイル3のIWPが相次ぎ事業権入札へ
   ■オマーン・UAE〜オマーンのアルグブラ3・IWPが入札中
   ■カタール・バーレーン・クウェート〜IWPPが具体化へ
   ■日本企業の商機拡大に期待
20/1/29
◇カタール電力・水公社、ファシリティE・IWPP事業権入札延期
  −入札締め切りを今年3月12日に変更−
20/1/17
◇ミャンマー幹線鉄道整備フェーズ1、橋梁23カ所新設を追加へ
19/12/25
◇住商〜スプリーム〜仏エンジー、ネシア・ムアララボ地熱発電所増設へ
19/12/20
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、来年にコントラクター選定へ
  −コンサルと本体工事で/来年後半にも着工目指す−
19/12/4
◇カーボベルデの海水淡水化新設、工事入札の契約交渉が大詰め
19/11/27
◇ミャンマー・ティラワ火力発電所増強、来春以降にコンサル選定へ
  −本体工事も来春以降に選定か−
19/11/22
◇オマーン・アルグブラ3IWP、事業権入札は11月27日締切へ
  −日本勢など8グループがPQ通過/来年4月に事業者選定−
19/10/25
◇EWEC、UAEのF3・IPPプロジェクト事業権入札を実施
  −丸紅、JERA、三井物産、四電、住商、エンジー、EDFなど応札−
19/10/23
◇住商〜NEC、ベトナム向けに人工衛星を受注〜200億円
19/10/10
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPP入札は来年実施
  −来年2月の締切予定−
19/10/10
◇住商、ベトナム・ハノイでスマートシティを構築〜42億ドル
19/10/10
◇住商の二人三脚で「次世代インフラ」を志向するSCPM
  −端境期の今は、O&Mによる電力供給の効率化も視野−
   ■次世代インフラを志向
   ■電力・交通・自動車の3事業分野
19/10/2
◇EPGE、ティラワガス火力発電増強はコンサルを年内にも選定へ
19/9/27
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権締切は10月16日へ再延期
19/9/25
◇日本郵船、ベトナムのヴァンホン1石炭火力発電所向け石炭輸送へ
19/9/12
◇住商、米の鉄道用部品製造企業へ追加出資〜日本製鉄から取得
19/9/4
◇EWEC、UAEのF3・IPP事業権入札は10月実施へ
19/8/30
◇東芝〜IHI〜CTCI〜斗山重工、ヴァンホン1石炭火力発電受注
  −東芝エネルギーがタービンと発電機、IHIがボイラなど担当−
19/8/2
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPを再検討へ
19/7/31
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札は10月に延期
  −日本企業などのPQ通過企業が応札へ−
19/7/19
◇EWEC、UAEのF3・IPPの事業権入札でカンファレンス開催
  −9月締切で入札実施/日本勢などPQパス企業が応札へ−
19/7/19
◇サウジ政府、ジュバイル3計画をIWPに変更〜発電事業が焦点
19/7/19
◇住商〜総合車両、フィリピン南北通勤鉄道で車両104両受注
19/7/19
◇総合商社各社、アフリカビジネスの潜在に期待も債務に不安
  −資源開発から消費市場へと転換〜8月にTICAD7開催−
   ■火力・地熱発電で実績/無電化地域の分散電源事業が各地で始動
   ■モザンビークで複合的な資源・インフラ開発事業が進展
   ■第三国企業と各社連携/豊通はフランス商社と大陸全域に展開
   ■課題も指摘/債務・物価高・基礎教育など
   ■官民の参加でアフリカビジネス協議会を設立
19/7/17
◇カタールのファシリティE・IWPP、入札公示は7月以降
19/7/17
◇住商〜JOIN〜鈴与、ベトナムの大手港湾・物流事業会社へ出資
19/7/5
◇ミャンマーのティラワガス火力発電所増強、来年にも本体工事選定へ
  −コンサル選定は年内にも実施か−
19/7/5
◇オマーンのアルグブラ3海水淡水化、事業権入札を11月締切へ
19/7/5
◇サウジのジュバイル3海水淡水化、事業権入札のPQを公示
19/7/5
◇総合商社7社、2018年度海外プラント成約は46%減の5,195億円
  −2社が成約ゼロ〜決算は総じて堅調−
   ■丸紅/69%増の1,687億円〜台湾で火力発電・バングラで鉄道
   ■三菱商事/44%減の1,233億円〜電力の実績は非公表
   ■住友商事/総計955億円〜トルクメ・比・ミャンマーで大型案件
   ■豊田通商/計820億円〜アンゴラなどアフリカで案件獲得
   ■双日/約500億円を成約〜オマーンのIWPPが貢献
   ■伊藤忠商事/EPCの成約ゼロ〜投資ビジネスの比重高まる
   ■三井物産/2年連続で成約なし〜各地で海洋案件に大型投資
19/6/14
◇住商、ダッカ近郊で経済特区を開発〜バングラ政府と合弁契約
  −造成工事を入札評価中〜50MWガス火力発電所等を整備−
19/5/31
◇総合商社7社のプラント部門、2019年3月期決算は堅調に推移
  −2020年3月期はほぼ全社が増益へ〜脱石炭の表明相次ぐ−
   ■伊藤忠商事/既存の投資事業を中心に堅調
   ■住友商事/海外大型工事の進捗で増収・増益
   ■双日〜印鉄道工事やトルコ病院が収益に貢献
   ■豊田通商/米国火力発電事業で減益〜2020年3月期は増益へ
   ■丸紅/シンガポールの発電事業で減損
   ■三井物産/海外の新規電力案件が続々と収益を拡大へ
   ■三菱商事/千代田化工の工事損益で363億円の赤字
19/5/29
◇シーメンス・ガメサ、仏大型洋上風力発電計画向け設備供給へ
  −住商など出資の大型洋上風力発電事業2案件向け−
19/5/24
◇アブダビEWEC、F3IPPプロ事業権入札を9月15日締切で実施
  −日本勢など13社がPQパス−
19/5/24
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの事業権入札へ
  −7月頃まで公示、11月頃まで入札実施/日本の商社など応札有力−
19/5/24
◇ミャンマー・ティラワガス火力発電所増強、年内にもコンサル入札へ
19/5/24
◇サウジのジュバイル3IWPP、海水淡水化を先行で入札実施へ
19/5/22
◇住商〜四電〜GE〜シャルジャ・アセット、UAEガス火力発電着工
19/5/10
◇カーボヴェルデの海水淡水化新設、住商〜斗山重が価格面で優位
19/4/25
◇JBICなど、ベトナムのヴァンホン1石炭火力に19.98億ドル融資
  −三井住友銀〜三菱UFJ銀〜みずほ銀〜三井住友信託なども参加−
19/4/12
◇米国・ガス火力発電所の建設プロジェクトラッシュ続く
  −日本企業にも商機拡大−
   ■天然ガスが石炭を抜き発電燃料の最大シェア
   ■高効率ガスコンバインドサイクル発電の拡大続く
   ■日本企業が米ガス火力発電事業にIPP/機器供給で熱視線
   ■ガス火力発電所建設続々〜MHPSや東芝にさらなる商機
19/4/5
◇カタール発電・造水会社、ファシリティE・IWPPの検討続く
19/3/29
◇ジャカルタ都市鉄道南北線フェーズ1が開業〜日本が官民で支援
  −南北線フェーズ2は起工式〜東西線にも円借款を期待−
19/3/29
◇住商〜フジタ〜日本信号、ミャンマーで幹線鉄道の改修を受注
19/3/29
◇住商〜日本信号〜きんでん、ヤンゴンの鉄道で信号システム等受注
19/3/22
◇住商〜政策投資銀、ローズタウンガス火力発電事業に出資・参画
  −容量市場への展開を視野−
19/3/22
◇ミャンマーのヤンゴン外環状高速道路、円借款供与を検討
19/2/22
◇タイのレムチャバン港整備、3月29日に再度の事業権入札を締切
19/2/20
◇住商〜三井住友銀〜政策投資銀、海外洋上風力発電ファンド設立
19/2/7
◇タイのレムチャバン港整備、BOT方式の事業権入札を再度実施へ
19/2/1
◇三菱重工エンジ、米タンパ空港の全自動無人運転車両を追加受注
19/2/1
◇住商〜豊通〜JOIN、ミャンマーの港湾ターミナル運営へ出資
19/1/30
◇住商〜四電〜GE〜シャルジャ・アセット、UAEでガス火力発電事業
  −1,800MWの大型ガス火力発電事業/総事業費は千数百億円規模−
19/1/25
◇JBIC〜BNPパリバ、バーレーンのアルミ製錬所拡張向け融資
19/1/23
◇タンザニアの火力発電所・送電線建設、工事コンサル選定は今年末以降
19/1/18
◇住商〜GE、UAEのシャルジャガス火力IPPプロジェクト検討
19/1/16
◇斗山重工、ベトナムのヴァンホン第1石炭火力発電所計画の受注有力
19/1/9
◇日揮、タイでクラレから化学プラントのEPCC受注
19/1/9
◇住商〜三菱重工、マニラMRT3号線修繕を受注〜355億円
18/12/20
◇住友商事、フランスの992MW洋上風力発電事業2案件に出資・参画
18/12/7
◇住金鉱山と住商、チリのQB銅鉱山開発・生産参画〜拡張開発計画
18/11/28
◇IHI、モザンビークのマプトガス火力発電所向け長期保守契約受注
18/11/28
◇印ワバッグ、サウジの下水処理場拡張でEPC受注〜160億円
18/11/14
◇MHIヴェスタス、ベルギーの洋上風力発電計画向け発電設備受注
18/11/14
◇三菱重工、マニラMRT3号線修繕を受注へ〜両国が円借款契約
18/11/14
◇伊テノバ、住商など出資のベトナムSSSC向けめっきライン受注
18/11/7
◇総合商社7社の中間決算、プラント関連部門は堅調に推移
   ■伊藤忠商事/機械カンパニーが通期10%増益へ〜プラントは堅調
   ■住友商事/インフラ事業は通期の利益49%増〜海外IPP貢献
   ■双日/プラント3本部が収益改善〜海外太陽光発電事業を売却
   ■豊田通商/機エネプラ本部は通期の利益25%減少を予想
   ■丸紅/電力・プラントGは純利益49%増の590億円予想
   ■三井物産/機械・インフラ部門は通期の利益750億円〜16%減
   ■三菱商事/地環インフラ事業Gは千代田の損失で180億円の赤字
18/11/2
◇ジャカルタ都市鉄道南北線フェーズ2、工事入札を2月に公示へ
  −タイド円借款が決定〜フェーズ1受注の日本企業が注視−
18/10/26
◇カタールのファシリティE・IWPP、事業権選定へ入札公示待ちか
18/10/24
◇EPGE、ミャンマーのティラワガス火力発電所を増強
  −2〜3年後めどにプロジェクトを遂行か−
18/10/24
◇WEC、サウジ政府からジュバイル3IWPP計画承認を受領
  −近く事業権入札か/日本の商社などEOI通過企業中心−
18/10/17
◇ベルギー・ノースウィンド洋上風力、年内にもコントラクター決定へ
18/10/12
◇住友商事、ベトナムのヴァンホン第1石炭火力発電所建設で契約締結
  −ベトナム商工省とBOT契約締結/着工に向けて契約交渉を継続−
18/10/12
◇三井物産〜アクワパワー、バーレーン・IWPPの優先交渉権獲得
  −アル・ドゥール2IWPP計画の事業権−
18/9/28
◇JOGMEC、ベトナムでの石油探鉱事業の終結を承認
18/9/19
◇タンザニアの火力発電所・送電線建設、建設工事入札は約2年後か
18/9/19
◇ミャンマーの高速道路、事業権入札のPQ公示〜JFE等が関心
18/9/13
◇住友商事、東京の本社ビルを千代田区大手町に移転〜東京駅北口
18/9/7
◇ジャカルタ都市鉄道南北線第2期、2019年初頭にも入札を公示
  −日本タイドの円借款締結へ〜三井物産が関心−
18/9/5
◇カーボヴェルデの海水淡水化施設新設プロ、4グループが応札
  −東亜建設〜水道機工、住商、日立製、兼松等−
18/8/29
◇住友商事、ベルギーのノースウェスター2洋上風力事業に参画
18/8/29
◇オマーンのアルグブラ3海水淡水化、事業権入札のPQ結果公表
  −丸紅・住商など全8グループ〜数カ月内に入札要請へ−
18/8/10
◇住商〜日本信号、ヤンゴン環状線近代化の信号システムで受注有力
18/8/1
◇住友商事、BPオマーンと油井管サービス締結〜新日鉄住金も協力
18/7/20
◇バーレーンのアル・ドゥール2IWPP、6月下旬に事業権入札締切
  −住商〜GICとアクワパワー〜三井物産が応札−
18/7/18
◇ミャンマー政府、ヤンゴンの内環状高速道路をPPP方式で整備
  −日系7社を含む53社が関心表明〜全長47km−
   ■外環状道路は円借款で整備へ〜50kmの東区間を先行でFS
18/7/12
◇NEXI、ガーナのFPSO傭船事業で日系4社の投資保険引受
18/7/6
◇大阪ガスと住友商事、米国テキサス州でそれぞれシェール権益取得
18/7/6
◇総合商社7社、2017年度海外プラント成約は23%減の9,588億円
  −決算は好調〜「EPCから事業投資へ」の流れが顕著に−
   ■伊藤忠商事〜電力2案件で690億円
   ■住友商事〜バングラの大型成約等で5,688億円
   ■双日〜目立った成約なし/受注済み鉄道案件の収益化に期待
   ■豊田通商〜成約額10億円にとどまる
   ■丸紅〜横ばいの1,000億円/インドネシアで発電所受注
   ■三井物産〜成約はゼロ/新規IPP2案件が稼働開始へ
   ■三菱商事〜約44%減の2,200億円/鉄道2案件が貢献
18/6/22
◇日揮、タイからブタジエン誘導品プラントを受注へ
  −クラレ・PTT GC合弁から、7月中に正式契約−
18/6/20
◇カーボヴェルデの海水淡水化設備新設、7月に発注へ
  −日本企業中心の5グループが応札〜日量3万m3超−
18/5/30
◇KL・シンガポール間高速鉄道計画が中止へ〜日本は動向を静観
18/5/16
◇カーボヴェルデの海水淡水化設備新設、5月下旬に入札締切予定
  −日本企業中心の6グループがPQ通過〜日量3万m3超−
18/4/25
◇KL・シンガポール間高速鉄道、入札締切を12月28日まで半年延長
18/4/18
◇丸紅〜韓国電力、ベトナムのギソン2石炭火力IPPで融資契約
  −後続のヴァンホン1・ブンアン2案件も実現の可能性−
18/4/13
◇サウジ政府、ジェッダ・エアポート2下水新設事業権の入札公示
18/4/6
◇日揮、タイ向けブタジエン誘導品プラントを受注へ
  −クラレ〜PTT GC〜住商合弁から、L/I取得へ−
18/4/6
◇バーレーン政府、新規IWPPで5月末に事業権入札の締切予定
18/4/6
◇カタール発電造水会社、海水淡水化設備の増設を優先か
18/4/6
◇オマーン・アルグブラ3IWP、事業者の選定で資格審査段階
  −丸紅・住商・双日など11グループが参加/今秋にも入札か−
18/2/28
◇サウジ・シュケイク3IWPで15社がPQ通過〜日本企業は4社
18/2/23
◇サウジ政府、ジェッダ・エアポート2下水新設のPQ手続きを開始
18/2/16
◇ミャンマー国鉄、ヤンゴン環状線近代化で車両・信号の入札実施
  −複数の日本商社・メーカーが参加−
18/2/8
◇中・韓・欧の各企業、KL〜シンガポール間高速鉄道で応札準備
18/2/8
◇三菱重工エンジ、マニラ都市鉄道3号線で調査〜補修で円借款へ
18/2/2
◇KL〜シンガポール間高速鉄道計画、資産会社の入札説明会開催
  −MyHSRとSG HSRが開催/日中韓欧米などから参加−
18/2/2
◇日本信号、タイ・バンコクレッドライン向け信号システムを受注
18/1/19
◇アブダビ政府、世界最大規模の海水淡水化事業を計画〜日量91万m3
18/1/4
◇日本企業4社連合、KL〜シンガポール間高速鉄道で応札準備
18/1/4
◇WEC、サウジアラビアの海淡・下水処理新設でRFQ〜1月締め
17/12/22
◇マレーシア・シンガポール政府、両国間の高速鉄道で入札を公示
  −日本は10社連合で新幹線を提案へ〜2018年6月締切予定−
17/12/22
◇ミャンマー国鉄、来年1月末にヤンゴン環状線で車両と信号の入札
17/12/20
◇日本企業3社、サウジの大型下水場新設でEOI提出〜日量50万m3
17/12/1
◇住商、ベトナムのヴァンホン第1火力IPPで投資許可を取得
  −ボイラーはIHI、輸入炭で1,320MW〜事業費24億ドル−
17/12/1
◇日本企業7社ら、サウジの大型海淡・下水新設事業3案件に関心
17/11/24
◇日揮、FPSO保有・傭船事業会社に出資
  −ガーナ沖油ガス田向け−
17/11/8
◇NEXI、バングラのマタバリ火力発電所・港湾建設事業に保険
  −JICAが港湾拡張で円借款を準備−
17/11/2
◇総合商社7社、2016年度海外プラント成約実績は1兆2,413億円
  −前年度比4.4%増/5社が前年度実績比で増加−
   ■受注案件数〜機種・分野は電力/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備軸に対象拡大
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が影響
   ■ビジネストレンド対応の組織体制/グループ会社との連携推進
17/10/18
◇住商の環境・インフラ事業部門、2016年度の純利益は291億円
  −海外プラント成約実績3,979億円〜2015年度比約2.2倍−
   ■海外電力資産は持ち分7,326MW〜1年間で約15%増
   ■インドネシアで大型石炭火力・地熱新設のプラントを成約
   ■住商機電貿易に一部の業務を移管
   ■海外風力事業を拡大へ〜英国を基盤に総合水事業を展開
   ■輸送機・建機事業部門にPFI推進部を新設〜空港等
17/10/13
◇バーレーン政府、アル・ドゥール2IWPP新設でPQ手続き中
17/10/5
◇クラレ〜PTT GC〜住商、タイ・ブタジエン誘導品プラント計画
  −10月末に入札、日揮、現地TTCL〜TOYOなどが応札−
17/10/5
◇経産省、印アーンドラ・プラデーシュ州と新州都建設計画で協力
  −都市インフラ5案件で円借款を検討〜住商がFS完了−
   ■交通信号・浄水・下水・防災等で日本の優位な技術を提案
   ■JICAが交通マスタープランをOCグローバル等に委託
17/9/29
◇クウェート政府、アズール・ノース1・IWPP持ち分をIPOへ
17/9/29
◇住商、ベトナムで3カ所目の工業団地に着工〜事業費100億円超
17/9/27
◇住商、米国西海岸に硫酸ターミナルを建設〜農地の土壌改良向け
17/9/27
◇ミャンマー国鉄、ヤンゴン〜マンダレー間鉄道整備で入札実施中
  −土木に日系ゼネコン3社〜車両に日系商社・メーカー2G−
17/9/13
◇極東開発工業、ウガンダ向けダンプ等約500台を30億円で受注
17/9/8
◇WEC、サウジの大型海水淡水化新設事業のPQ手続きを開始へ
17/9/6
◇クウェート政府、IWPP方式の造水・発電施設新設計画を中止
17/9/1
◇サウジ政府、新規陸上風力IPPの事業権入札を公示〜400MW規模
  −日本企業6社を含む25社がPQ通過〜2018年初頭に締め切り−
17/9/1
◇JICA、ミャンマーのティラワ第2期開発で海外投融資の貸付
17/8/25
◇住商/東芝/IHI、バングラで1.2GW超々臨界圧石炭火力建設を受注
  −港湾施設も一体整備〜JICA円借案件/総事業費5,000億円−
17/8/9
◇住友商事、モンゴル向けにコマツ製の鉱山機械を輸出〜12億円
17/7/26
◇JICA、バングラの電力セクターに円借款2件〜計312.22億円
  −地下変電所に204.77億円/石炭火力3期に107.45億円−
17/7/26
◇住友商事、カナダの木質ペレット製造事業に参画〜日本などへ販売
17/7/19
◇日本信号、バンコクの都市鉄道向けに自動料金徴収システム受注
  −住商から成約〜信号システムの獲得も視野−
   ■ジャカルタの鉄道にも信号とAFCを供給〜三井物産等から成約
17/7/7
◇住商/川崎汽船/日揮/政策投資銀、ガーナのFPSO保有・傭船参画
  −OCTP鉱区向けインソンのFPSO事業に26%を出資−
17/6/30
◇住商機電貿易、インドネシアの55MW地熱発電所完工〜実績重ねる
17/6/28
◇米加州の高速鉄道、運行会社の選定で入札要請〜JR東は見送り
  −川重・住商等の日本連合が車両・施設整備に関心−
17/6/23
◇住商/MHPS、チュニジアのガス火力発電所新設を受注〜450MW
  −受注総額380億円〜欧州法人が6年間の保守契約−
17/6/16
◇住友商事、越のハノイ北部におけるスマートシティー構築で覚書
17/6/14
◇住商、ベトナムのヴァンホン第1火力IPPで越政府と投資合意
  −石炭焚き1,320MW〜2018年初頭の着工目指す−
17/6/7
◇NEDO、ジャワ島の工業団地でスマートコミュニティ実証開始
  −住商・住商機電貿易・三菱電機・富士電機・NTTコムが受託−
17/6/2
◇マレーシア政府系企業、高速鉄道計画で土木設計を分割で発注
17/5/26
◇NEXI、タンジュン・ジャティB石炭火力再拡張事業で投資保険
17/4/28
◇住友商事、ブラジルで上下水道・産業用水処理事業に出資参画
  −投資額2.5億ドル〜加ブルックフィールドら共同出資−
17/4/14
◇住商/関電ほか、インドネシアの2,000MW石炭火力拡張事業で着工
  −三井造船が建設工事担当/MHPS・東芝製の機器使用−
17/4/7
◇住商/日本製鋼所、ブラジルの風力発電向け鍛造品合弁で開所式
17/3/31
◇マレーシア・シンガポール政府、両国間の高速鉄道で年内入札へ
  −JR東/住商/三菱重/日立製/三菱商が新幹線の供給に意欲−
   ■入札支援の委託先を決定〜橋梁・トンネルなど土木設計も選定へ
17/3/29
◇住友商事/仏エンジー他、インドネシアの80MW地熱IPPを着工
17/3/22
◇住友商事/IHI、モザンビークで100MWGTCC発電所建設受注
17/3/16
◇住商機電貿易、インドネシアでラヘンドン地熱5・6号機を完工
  −PGE向け地熱EPC案件〜プロジェクト管理を担当−
   ■堅実なプロジェクト遂行力〜6号機を前倒し完工
17/3/3
◇住商、ウガンダの道路整備向けに建機・車両を輸出〜178億円
  −コマツ・酒井重工業・タダノ・極東開発工業から調達−
17/3/1
◇JBIC、インドネシアの2,000MW石炭火力拡張に16.78億ドル融資
  −総額33.55億ドル/NEXIも付保〜住商・関電らが出資−
17/2/1
◇JBIC/ADBほか、インドネシアの地熱IPPに融資決定
  −総額4.39億ドル/NEXI付保〜住商・仏エンジーら出資−
17/1/20
◇総合商社7社、2015年度海外プラント成約実績は1兆1,896億円
  −2社が前年度実績比で増加/全体は前年度比9.4%減−
   ■受注案件数〜機種・分野は交通・輸送/地域はアジアが多数
   ■事業投資〜電力・交通・洋上設備などに広領域化
   ■収益実績〜各社で資産・受注における好不調が散見
   ■組織・機能を適時整備/グループ会社との連携推進
16/12/16
◇2015年度 円借案件の受注状況本体工事〜成約総額9,144億円
  −過去10余年間で最高額〜インドの貨物鉄道が全体の2割−
   ■地域別/南アジアが成約額の5割超〜東南アジアも増加
   ■国別/印と越が3年連続でトップ2〜ミャンマーが躍進
   ■分野別/輸送が10年連続首位〜鉄道が半数超
   ■案件別/大型案件が増加〜バングラの橋梁が926億円
   ■企業別/印ラーセン・アンド・ターブロが首位
   ■企業の本拠地別/日本の比率が拡大〜2位はインド
   ■日本からの調達比率が上昇〜JICAの年次報告書
16/12/16
◇住商/エンジー他、クウェートの発電・造水プラントの運転を開始
16/12/7
◇住友商事、2015年度海外プラント成約実績は10.2%増の1,813億円
  −アジア・アフリカの電力案件/アジア・米国の鉄道案件など−
   ■インフラ・輸送分野ともに地域・機種別のビジネス展開推進
   ■電力EPC〜アフリカの複合火力発電所案件2件を受注
   ■発電事業〜IPP/IWPPの世界展開
   ■鉄道関連〜タイの鉄道計画受注/車両受注も
   ■バングラの空港保安設備やチュニジアの放送機材を受注
   ■2部門でプラント・インフラ展開〜事業会社とも連携強化
16/12/7
◇日印両政府、インドで日本工業団地の開発を構想〜候補12カ所
  −印市場で日本の投資倍増をめざす〜先行事業を選定へ−
16/12/2
◇住商/V&B/イタルタイ、タイで大型変電所建設受注〜SMT協力
16/11/22
◇NEXI、タングーLNG拡張でエルエヌジージャパン向け付保
16/11/9
◇関西電力、米国の768MWガス複合火力発電所の運営事業に出資参画
16/11/4
◇住商、インドのAP州で新州都開発のFS実施〜経産省が委託
  −上下水道・交通・防災・クラウド等で日本の技術活用へ−
16/10/28
◇三菱商/丸紅/住商/JICA、ミャンマーのティラワ工業団地を拡張
  −周辺の橋梁新設に円借310億円〜日本工営が詳細設計受注−
16/10/19
◇住商機電貿易、インドネシアのウルブル地熱発電所3号機を完工
  −住商連携のもと受注活動から関与/4号機は2017年5月予定−
   ■住友商事電力EPC案件の実務全般を担当/地熱で実績多数
16/10/12
◇NEXI、タイのレッドライン鉄道で貿易一般保険〜1,118億円
  −JICAが3回目の円借款契約〜累計2,680億円−
16/10/6
◇GE、インドネシアのタングーLNG拡張向けコンプレッサー受注
16/9/20
◇丸紅/住商、米国の751MWガス火力発電所の運営事業に出資参画
16/9/20
◇クラレ/住友商事/PTT、タイにブタジエン誘導品新工場建設
  −クラレ単独でイソブチレン誘導品生産も/2017年にFIDへ−
16/9/14
◇PLN、インドネシアの複合火力増設で入札公示〜10月末頃締切
  −GTCC新設/最大850MW〜住商・丸紅などが関心−
16/9/2
◇アフリカ開発会議、日本企業・団体の22者が覚書73件を締結
  −住商がモザンビークで火力発電2件/三菱商がケニアで太陽光−
16/8/19
◇日本政府、タイの都市鉄道レッドラインで円借1,668億円を決定
16/8/17
◇千代田化工とサイペムなど、インドネシアのタングーLNG拡張受注
  −サイペムは沖合設備のEPCIも受注−
16/8/5
◇住商、英国の336MW洋上風力発電事業に出資参画〜事業費2,000億円
  −世界最大の英国市場へ参入/欧州でさらなる事業展開を狙う−
16/8/5
◇JOGMEC、インドネシア・タングーLNG拡張への債務保証
  −液化プラント・第3系列増設向け4.16億ドルの債務保証−
16/7/29
◇マレーシア・シンガポール政府、両国間の高速鉄道建設で覚書
  −2017年に入札へ〜JR東日本など日系5社連合が狙う−
16/7/8
◇JBICなど、インドネシア・タングーLNG拡張に対して融資
  −JBICは12億ドル限度の融資で日本企業連合を支援−
16/7/6
◇日本企業連合/BPなど、インドネシア・タングーLNG拡張決定
  −液化プラント・第3系列を増設/2020年中の生産開始予定−
   ■日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合がFEED
16/6/10
◇JICA、越ホーチミン市の都市鉄道設備で追加の円借款契約
  −累計1,553億円〜日立・住商・清水建設等が受注済み−
16/6/1
◇丸紅・住商等、バングラの石炭火力発電所に応札へ〜7月締切
  −超々臨界圧600MW×2〜MHPS・IHI・東芝も−
16/5/13
◇インドネシア国有石油、スマトラ島の地熱発電で再入札実施へ
  −住商・富士電機、丸紅・東芝が応札予定/55MW−
16/5/11
◇丸紅と住商、タイの火力発電所新設で受注が有力〜各1,200MW
  −ガス複合火力発電のEPC入札2件が並行で進む−
16/4/15
◇住商、米国で鉄道用車軸加工の合弁設立〜年3,500万ドル目標
16/4/13
◇東芝とIHI、インドネシアの超々臨界圧発電所拡張向け機器受注
  −EPC担当の住友商事から受注〜315MWの増強へ−
16/4/6
◇MHPS、トルクメの火力発電所新設でガスタービン3基受注
16/4/1
◇三菱重工/日立製作所/住友商事、バンコクの鉄道建設を受注
  −レッドライン41km/総計1,120億円−
16/3/23
◇JBIC/三井住友銀行、インドネシア火力発電所拡張に協調融資
  −住友商事らがEPC業務を担当−
16/3/23
◇TANESCO、タンザニアのガス焚き複合火力発電所建設を本格化
  −住友商事がEPCに着手〜MHPSと東芝プラントが機器供給−
16/3/23
◇米カリフォルニア高速鉄道、新草案を提示〜先行区間等を変更
  −サンフランシスコ〜ロスアンゼルス間約800kmを連結−
16/3/4
◇住商、伯バイオマス燃料製造会社へ20%出資〜年商4億ドル目標
  −サトウキビの絞りかすを固形化〜日本や英国に輸出−
   ■既存の石炭火力発電所で混燃〜木質バイオマスと競合
16/3/4
◇日・エジプト合同経済会議を開催〜大統領が出席し協力協定15件
  −豊田通商・丸紅・住商・MHPS等が火力発電所で署名−
16/2/24
◇住友商事/IHI、モザンビークのコンバインドサイクルプラント受注
  −マプト・ガスCCPP建設計画のEPCを約170億円で受注−
16/2/17
◇住友金属鉱山、米モレンシー銅鉱山の権益を追加取得〜10億ドル投資
16/2/5
◇住商/日本製鋼所、ブラジルで風力発電向け鍛造合弁を設立
  −総投資額7,000万ドル〜中南米の拡大市場に対応−
16/1/22
◇住商/NEC等、バングラデシュの空港向け航空保安設備を受注
16/1/20
◇PLN、ムアラカラン火力発電所増設でEPC入札の評価進める
  −ガス複合500MW〜三菱商事・MHPS・住商・丸紅等が参加−
16/1/20
◇EGAT、サウスバンコク火力発電所増設でEPC入札を評価
  −ガス複合1,200MW〜三菱商・MHPS・住商・丸紅等−
16/1/6
◇住商/関電、インドネシアの石炭火力IPP拡張でPPA締結
  −超々臨界圧1,000MW×2系列〜5,000億円を融資組成へ−
15/12/22
◇総合商社7社、2014年度海外プラント成約実績は1兆3,138億円
  −4社が前年度実績比で増加/全体は前年度比26.2%減−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■電力・輸送・エネルギー・化学などの大型受注
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■事業別の組織・機能整備/グループ会社との連携戦略推進
15/10/28
◇住商、ベルギーの洋上風力発電で融資組成完了〜165MWに39%出資
  −メガバンク2行等が620億円〜風車はMHPSヴェスタス−
15/10/28
◇住商、トルクメの400MWガス火力発電所新設を3億ドルで受注
  −主機はMHPS〜隣国のアフガンに電力を輸出−
15/10/21
◇住友商事、2014年度海外プラント成約実績は1,646億円
  −アジア中心に電力や鉄道案件で受注重ねる−
   ■地域・分野別に適合したビジネス戦略を展開
   ■電力EPC〜アジアの石炭火力・地熱案件で受注
   ■発電事業〜IPP/IWPP・風力・太陽光の資産保有
   ■鉄道関連〜台湾・インドネシア・米国で車両受注
   ■工業団地や通信インフラの関連事業も活発化
   ■環境・インフラと輸送機・建機の2部門が担当
15/10/2
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、土木・システム整備で調達に着手
  −先行開業区間が対象〜川崎重工らが関心表明−
15/10/2
◇クウェート政府、IWPP2件の事業権入札でPQ結果を発表
  −丸紅・三菱商・三井物・住商等が通過〜2016年1月締切−
   ■住商など出資の大型IWPPが建設中〜JBICが融資
15/9/30
◇住友商事、マダガスカルのニッケル開発が完工〜早期にフル生産
15/9/25
◇住商、ジャワ島で315MW超臨界圧発電のEPCを受注〜4.5億ドル
  −ボイラをIHI、蒸気タービン発電機を東芝から調達−
15/9/16
◇住商、インドで超々臨界圧石炭火力発電所のFS〜NEDO委託
  −アーンドラ・プラデーシュ州首相と覚書〜1,000MW×4系列−
15/9/16
◇住商、印チェンナイ近郊で工業団地を開発〜110haを先行開発
  −日印両政府は日本企業専用の工業団地を11カ所特定−
15/9/11
◇住商、チュニジアの国営テレビ放送向け機材を受注〜ソニー製
15/9/9
◇タイ発電公社、1,200MWガス火力発電所のEPC入札を締め切る
  −三菱商事/MHPS・丸紅/シーメンス・住商/GEが応札−
15/8/21
◇タイ発電公社、800MW石炭火力発電所で入札締切〜丸紅など2G
  −ガス火力発電所新設を9月締切予定〜1,200MW×2カ所−
15/8/19
◇豪スタンモア・コール、豪州の石炭権益を住友商事等から取得
15/7/3
◇住友金属鉱山ら、チリのシエラゴルダ銅鉱山で商業生産を開始
15/6/17
◇バングラ政府、マタバリ火力発電所の工事入札を2015年内に実施
  −600MW×2/住商・IHI・東芝・丸紅・MHPSが関心−
15/6/10
◇タイ電力公社、1,200MWガス火力発電所の入札を7月1日締切
  −800MW石炭火力発電所の入札は7月22日締切を予定−
15/6/5
◇住商、インドネシアの315MW石炭火力発電所でEPC受注が有力
  −ジャワ島の他2カ所でもガス火力発電増設の入札が予定−
15/6/5
◇住友商事、トルコで電磁鋼板加工事業に参画〜周辺地域にも供給
15/5/22
◇住商、米国で電力需給調整事業に出資・運営〜東芝製の蓄電池利用
15/5/15
◇マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道、開業は遅れる見通し
15/5/15
◇JBIC、タンザニアの火力発電所で輸出金融〜住商/MHPS
15/4/17
◇JICA、ミャンマーの電力系統と通信網に円借〜計351億円
15/4/3
◇東芝/三井造船、住商から越の石炭火力発電所案件を各々受注
  −JBICと民間10行が総計6.83億ドルの融資契約−
15/3/27
◇住友商事ら、マダガスカルのニッケル鉱山開発で生産量が向上
15/3/11
◇住商、ミャンマーで50MWガスタービン発電所を受注〜MHPS製
15/3/6
◇住友商事と日本車両、インドネシアのジャカルタMRTで車両受注
15/2/27
◇米ファーストソーラー、米加州で550MW太陽光発電所を完工
  −住商が25%出資〜世界最大級−
15/2/18
◇住友商事、マレーシアのアルミ地金製錬合弁事業で生産能力増強
15/1/14
◇住友商事と日本車両、台湾で特急電車受注〜16両を33億円で成約
14/12/24
◇住商/富士電機、インドネシアで40MW地熱発電所を受注〜90億円
14/12/5
◇三菱重工ら、米国・ダレス国際空港の交通システム運行で契約更新
14/11/28
◇住商、ベトナムで超臨界圧石炭火力発電所新設を8億ドルで受注
  −東芝が蒸気タービン発電機〜三井造船が土木工事−
14/11/26
◇エリア・国別注目プロジェクト総点検E〜アフリカ
  −商機拡大とリスクが内在/官民一体が商機のカギ−
   ■エジプトとチュニジア〜政権安定軸に商談回復に期待
   ■アンゴラ〜戦後復興案件に商機/日本企業の活動も活発化
   ■ケニアとエチオピア〜地熱発電所などのインフラ案件が注目
   ■タンザニア〜豊富な天然ガスベースのエネルギー・産業展開
   ■モザンビーク〜ガス・石炭など豊富な資源に魅力/投資計画も多数
   ■南アフリカ〜1兆円超の老朽鉄道車両更新計画
14/11/20
◇日本政府、ミャンマーに円借3件供与を事前通報〜計258億円
  −ヤンゴン周辺をインフラ開発−
   ■ティラワ工業団地は250haの第2期を実施へ〜第1期の販売好調
   ■ダウェー開発計画を日・ミャンマー・タイの3国で協議再開
14/11/12
◇三菱重工、米国のタンパ国際空港向けに新交通システムを受注
  −フロリダ州の主要3空港が三菱重工製APMを採用−
14/10/29
◇FERC、米コーブポイントLNG計画の建設を許可〜2017年稼働
14/10/24
◇BPなど、インドネシアのタングーLNG拡張でFEED着手へ
  −日揮・KBR他連合と千代田・サイペム他連合に発注−
14/10/22
◇住友金属鉱山ら、チリのシエラゴルダ銅鉱山開発事業で開山式
14/10/17
◇住商、マレーシアの下水道整備を受注〜東京都下水道局が支援
  −設計・建設・維持管理を6年間〜総額500億円−
14/10/9
◇総合商社7社、2013年度海外プラント成約実績は1兆8,205億円
  −前年度比51.2%増/4社が前年度実績より大幅増加−
   ■主要受注案件数〜機種・分野別は電力/地域別はアジアが最多
   ■事業投資〜電力・空港・港湾・洋上設備など事業領域が拡大
   ■機器販売・EPCのグループ会社シフト/事業別の組織・機能整備
14/10/9
◇住商・伊藤忠等、オマーンの海水淡水化新設で事業権商談に応札
  −日量20万m3〜全6グループを評価中−
14/10/9
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、車両調達で関心表明書を募集
14/10/3
◇住商〜富士電機、インドネシアの40MW地熱発電所新設に単独応札
 −スラウェシ島ラヘンドン発電所拡張〜既設も供給済み−
14/10/3
◇住友商事と伯ヴァーレ、豪州の炭鉱で休山決定〜2015年1月で操業停止
14/9/26
◇住友商事、ガーナの新規340MWガス複合火力発電所に28%出資
  −西アフリカで日系初のIPP参加〜総事業費900億円−
14/9/26
◇米国のカリフォルニア高速鉄道、土木2工区目でコンサル決定
14/9/11
◇CGTL、カザフにGTL設備を建設〜住友精密がリアクター供給
14/9/3
◇日本政府、ミャンマーの通信網整備に円借の事前通報〜105億円
14/8/27
◇マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道、2015年末に詳細決定
 −日本の官民が支援の意向〜入札は早くて2016年−
14/8/22
◇住商/シーメンス、エジプトの電力系統向け監視制御システム受注
  −2セット一括導入し43億円〜円借款で給電指令所を改修−
14/8/20
◇KDDI/住商、ミャンマーで通信事業に参入〜国営企業と共同
  −今後10年間で2,000億円規模の設備投資−
14/8/20
◇住商/富士電機、スマトラ島の地熱発電所新設を受注〜180億円
14/8/8
◇BPなど、インドネシア政府からタングーLNG拡張でAMDAL承認
14/7/30
◇住友商事、サウジの建設機械会社に出資〜コマツ製機械の代理店
14/7/25
◇三菱重工、米国フロリダ州で空港向けAPM受注〜住友商事が協力
14/7/23
◇JICA、ボリビアの地熱発電所建設に円借款〜50MW×2段階
14/7/4
◇オマーンの海水淡水化新設、8月5日に事業権入札の締切を予定
  −日量20万m3〜住商・伊藤忠などPQ通過−
14/6/20
◇カタールの造水・発電プラント新設、事業権に4グループ応札
  −2,400MW・130migd〜三菱商・住商・丸紅・東電・中電等−
14/6/20
◇サウジのアクワパワー、三菱商から現地IWPPの権益6%買収
  −住商とはアブダビのIWPP権益20%買収で交渉−
   ■住商は海外発電アセットで持分1万MWめざす〜既存から倍増
   ■アクワは5年後に総量3万8,000MWを目標〜現状の2倍以上
14/6/6
◇住商/富士電機、スマトラ島の地熱発電所新設を落札〜110MW
  −インドネシア各地で地熱発電所商談が進展−
14/5/9
◇住友商事、米テキサス州で200MW風力発電事業の権益100%取得
  −3.45億ドルの融資契約と20年間のPPA締結−
14/5/7
14/4/16
14/4/4
14/3/26
14/3/14
◇タイの山元石炭火力発電所増設、2グループが応札し評価続く
  −褐炭焚き600MW×1系列〜住商/日立と丸紅/アルストム−
14/3/5
◇ケニアの新規火力IPP2案件、4月に事業権入札の締切を予定
  −FSRUと一括で700MWガス火力/960MW石炭火力も−
14/2/26
14/2/14
◇スマトラ島の地熱発電所新設、3月4日に入札締切を予定〜55MW
  −住商〜富士電、丸紅〜東芝、三菱商〜三菱重が応札か−
14/2/14
14/2/12
14/2/5
14/1/30
◇スマトラ島のウルブル地熱発電所新設、3月頃に発注先決定か
  −日本勢3グループを評価中〜2基×55MW−
14/1/29
◇ジャワ・スマトラ送電線、2月12日に海底送電線の入札締切を予定
  −500kV直流ケーブル40km新設〜丸紅・住商など応札へ−
14/1/24
14/1/24
◇タイの揚水発電所増強、5グループが応札し評価中〜500MW新設
  −住友商事/東芝、三菱商事/日立三菱水力など−
14/1/8
14/1/8
◇インドネシアのジャカルタMRT建設、車両・システムでPQ完了
  −STEP円借款供与案件〜総延長15.2kmの都市鉄道建設−

前年のページへ
翌年のページへ

※掲載記事の無断転載を禁止します。
著作権は(株)重化学工業通信社に帰属します。
Copyright (C) The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved